これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

12/04
2017

IMG_9987

「田中家の家族史」による温故知新

「日本を美しくする会」を24年間務め、
退任後顧問となられた田中義人会長(経営者としてはまだ現役)。
実は2年ほど前、岐阜県恵那市に住むこの田中家の
「家族史」の制作をお手伝いしたことがある。

約50ページにわたるこの家族史は
「田中家の無形の財産を次の世代に繋ぎたい」という
田中会長の熱い想いにより作られた。
内容は、田中会長のご両親の生き方を中心に、
ノンフィクションの物語風に構成されていく。
当時の写真はあまり多くないため、
物語の切り替えには、特徴的なシーンをイラストに起こし展開した。

その中で、田中会長はこの事を
孫子の代に伝え残したかったのだろう、と感じる印象的な場面があった。

田中会長の父親(田中春雄氏)が、
新たな商売を模索していた時期の話。

「何か新しい商売はないか。
とはいえ、恵那の人たちに迷惑をかけたり、
人の仕事を奪うような真似はしたくない。
これまでにない初めての仕事じゃなければいけない。」

春雄氏の、地域に貢献できる商売をするんだという
意志が伝わってくる言葉だ。
その後、様々な苦難がありながらも、
今では地域にしっかりと根ざした中堅企業となっている。
ビジネスにおいて、
このような軸となるこだわりを持つことは、
重要ではないだろうか。

今回、改めて「田中家の家族史」を手に取り、
気づいたことがある。
それは、家族の歴史を振り返ることは
まさに“温故知新”なのだ、ということ。

家族史の冒頭には、
田中会長がご両親と地域に対する想いを語った
こんな言葉がある。

「恵那の地をこよなく愛し、
地域の人たちに喜ばれることを励みとし、
仕事や社会活動に心血を注いだ春雄と政榮。
私は、その足跡をたどったこの家族史を通じて、
ふたりが示してくれた
『徳を継承し、不徳を戒めていく』という
素晴らしい生き方の財産を次の世代へと伝えたい。」

時代背景だけでなく、
先代の生き方や価値観、仕事に対する信念を知る。
そして、なぜ今自分たちがここに至るのかを考える。
そうすることで自ずと、
これからの自分たちが大切にするべきことも見えてくるのだ。

これぞまさに“温故知新”、古きを訪ねて新しきを知るってこと。
今一度、自分自身のルーツを振り返り、
先代、先々代が何にこだわって生きたのかを知ってみるのも良いだろう。


私の場合は家族史じゃなくて、
自分1人の中島史でもいいかなぁ~…。
ここまででは、それほどの物語性はないような…。
そう、ここからのMemuroワインヴァレー構想を
成功に導いてこそ、物語はクライマックスへ…ふっふっふ。

(あれっ、ところで誰が読むんだろう)

IMG_4403

これが田中家家族史

IMG_4404

田中家3代の集合写真だ

IMG_4405

誠実な人柄がよく表れている文章である!

IMG_4407

世間がどうであれ、不正はしない

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

11/27
2017

_DSC4234

2600年に及ぶ“タテの発想”とは!?

先日、宮崎県の高千穂町へ行ってきた。
なんとこの町は、あの『古事記』上巻の
日本神話において、“天孫降臨”の地と
されている場所なんだとか。
すなわち、神が住む天上界から人が住む地上に、
天孫が降りてきたところということなのである
(歴史を感じますねぇ~)。

高千穂神社の宮司・後藤さんの話にも出てきたが、
例の天照大神(アマテラスオオミカミ)が
一度姿を隠した「天岩戸」もこの地にあるそうだ。

そして、これらの日本の神話を物語として楽しめるのが、
町をあげて展開する“高千穂神楽”なのだ。
私たちは、その貴重な神楽を
夕食の場で体験させてもらった。

実は、天照大神の時から4代ほど進むと
天皇家の初代“神武天皇”に
たどり着くという話も耳にした。
神武天皇即位から現在までは、
なんと2600年もの時が経っているということ。

ここで私は気が付いた。
『古事記』など、今も言い伝えられているいくつかの神話。
これらが私たちに伝えてくれているものは、
見えないものに対する“畏敬の念”ということでは…。
この“畏敬の念”こそが、今を生きる私たちが
忘れてはいけないものではないだろうか。

私たちは、つい目に見えるものであり、
数値に頼ってしまい、
俗っぽいものに足をとられてしまうのだ。
しかし、そうしている間にも
大切なものを見失おうとしているかもしれない。

いま多くの人たちが追い求めているものは、
あくまでこの200年くらいで出てきたもの。
その昔から求められてきたものではないのだ。
では、長きに渡って求められてきたものは…。

今私たちが勉強会を開いて
その価値を学ぼうとしている“石門心学”さえ、
たった300年前の話なのだ。
そこからこれからの時代を捉えようとしていたはずが、
今回高千穂町に行ったことで、
その奥行きは2600年になってしまったのである!

そこで、「Think long range , Act Tomorrow」。
過去も未来もロングレンジで考え、明日からを行動する。
今まで捉えようとしていた300年前ではなく、
明日からの行動は2600年前からを
振り返って考え、その先を
見据えるべきなのではないだろうか…!?

これぞまさに、“タテの発想”!

_DSC4184

天岩戸の踊り

_DSC4283

静謐な高千穂神社の境内

_DSC4205

高千穂神社の後藤宮司

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

11/06
2017

key1106

一流を目指すなら“5流”を掴め

このところも、視察研修で
いくつかの企業にお邪魔しているわけだが…。
先日ある企業で「常に一流を目指せ」という掛け軸を見かけた(その通り!)。
また別の企業でも「一番ではなく一流を目指せ」
なんていう言葉が掲げられていた記憶が…。

そこで“一流”に注目。
一流とは、いろいろカテゴリーがあったにせよ、
最も優れた部類に属することであり、
その人(会社)自身も高い評価をされること。

さて、その一流となるにはどうすればよいのか。
やっぱり一流も“流れ”なのだ。
ビジネスに限らず「流れを掴む」というのは物事を進める上で重要だ。
例えば、野球の試合。たった一つのエラーで、
相手優位の試合展開へと流れが変わってしまうことがよくある。
逆も然りで、流れを掴めるかが、結果に大きく関わってくるのだ。

そこで中島流として、
「一流を目指すなら“5流”を掴め」という提案なのである!
“5流”とは何か?それは、次のようなものである。

1.情報の流れを掴む「情流」
2.物流をどう活かすかの「物流」
3. お金の流れを掴む「金流」
4.人の流れを掴む「人流」
5.時代の流れを掴む「時流」


今、私が関わるMEMUROワインヴァレー構想を例に考えてみると…。

ワイナリーやレストランを運営するには、当然働き手が必要となる。
採用活動や雇用確保のため、「人流」と、
このヴィレッジに多くの人を呼び込むための
人の流れをつくらなくてはならないのだ。

その呼び込むための情報発信が「情流」となる。
どのメディアを使い、何を発信していくかが重要となってくるわけだ。
また、育てられたぶどう(ワイン)であり、
地域の農家で採れたものを、
レストランだけでなく全国へどう届けようかという「物流」。
そして、都市部からのお金を
どう地方に回していくかという「金流」は重要だ。
大都会や世界へ挑戦してこそ、大きなお金の流れはつくれるものだ。
お客様が支払いやすい決済方法や
仕掛けを考えることも「金流」の一つである。

最後に、最も重要な「時流」だ。新生活者論でも伝えているように、
次なる生活者の価値観を掴むことは、
ビジネスの潮流を掴むために不可欠である。

この5つの流れをきちんと掴み、
常に良い形で循環させていくための努力をしていく。
一流を目指していくための必要不可欠な要素と言っていいだろう。
“5流”のうち一つでも手を抜いては、ビジネスはうまく回らない。

やっぱり“ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず”なのだ。
中島流“5流”を回して、一流への道を歩んでいこう!

_DSC0869

このぶどうがおいしいワインとなる。楽しみだ!!

IMG_4053

どんなことも、流れを逆算して進めていくものである

key1106

一流になるために5つの流れを掴もう!

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

10/02
2017

DSC05324

食も組織も“オーガニック”の時代へ

最近読んだ書籍に、
企業の組織は「機械的組織」と「有機的組織」に
分けて考えられるとあった。

機械的組織とは、
公式化された制度が多く、上下関係も固定されている組織のこと。
例えば、このところ大きく揺らいでいる東芝やSHARPなど、
日本のひと時代をつくってきた企業たちである。

一方で、有機的組織には
ルールや制約が少なく、人事の階層も多くない。
GoogleやFacebookのように、
プロジェクトごとに最適な人員を集め、
事業の意思決定が早い組織がその代表といえよう。
最近のAI分野への投資スピードや額をみても、
非常に柔軟な組織であることがよくわかる。

他にも、
まだ日本に6店舗しかないブルーボトルコーヒーを買収したネスレや、
“全米で最も健康的な食品スーパー”と言われる
ホールフーズの買収をしたAmazonも
有機的組織と言えるだろう。
(ネスレに関しては機械的組織と有機的組織の
両方をうまく使い分けているのかもしれないが…)

このように
時代の流れに合わせて対応していける企業というのは、
察知も早いが決断もプロジェクトづくりも早いのだ。
それは、有機的組織運営だからこそ、
なし得ることだろう。
いまは、
中島流の“パラダイムシフト75”の転換期であり、
さまざまなビジネスがその変化を余儀なくされているから、
なおさらその差は現れる。

では、機械的組織と、有機的組織の1番の違いは何か。
それは「リーダーシップ」にある。

従来の機械的組織は、
決められた枠組みの中で上に立つものが固定化されていた。
しかし、有機的組織では、
年齢でも社歴でもなく、目的に合わせて最適な人材が前に立ち、
リーダーシップをとるのだ。

機械的組織が「上下」のリーダーシップなら、
有機的組織は「前後」のリーダーシップと言えるだろう。
だからこそ、時代に必要とされるものに、すぐさま対応していけるのだ。

この「有機的な前後のリーダーシップ」は、
一人ひとりの力が事業にダイレクトに影響する中小企業こそ、
大切にするべき考えだと思う。

これまでの大企業のような機械的組織を考え描いてしまっては、
せっかくのコンパクトさが活かせないということに。
めまぐるしい時代の変化に、
柔軟に対応できる“オーガニック”な組織(有機的組織)であることが、
これからの時代に選ばれる理由になってきているのだ。

そう言えば、
先に話したブルーボトルコーヒーもホールフーズも、
「オーガニック(有機栽培)食品」を扱っている。

食も組織も、
これからは“オーガニック”の時代ということだろう!

DSC05324

Googleのエントランス、出社するスタッフの服装からも自由度の高い様子がうかがえる。

DSC05357

Appleにも足を運んだ。敷地面積はなんと32エーカーもあるそうだ。

DSC05385

海外研修で訪れたfacebook社。「いいね!」のマークをみんなで。

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

09/04
2017

key (1)

“鹿を追う者は山を見ず”にならないために!

見よ! この満開の朝顔を!

実はこの朝顔は4代目。
2014年に買った初代(F1)の朝顔から
種を採って植え、翌年にはF2が。
その種から去年F3を植えたのだが、
なかなか咲かず…。なんと秋に花がつき、
年を越えて1月まで咲いていたのだ。

そして今年の夏の朝顔は、
青とピンクが混ざった
美しい花をたくさんつけてくれた。
(これらの中にはF2もあればF3もあるのだが…)

少し難しい話になるが、
そもそも売られている植物の大半が
ハイブリッド種(F1)だ。
これは雑種強勢を利用して、かけ合わせることで、
先代より優れた(?)品種を作り出しているってこと。
でもその優れた遺伝特性が現れるのはF1のみで、
次の代には引き継がれない。
いわばこの見た目が綺麗なF1種は、
未来を犠牲にして
「今」を優先している種ということなのだ。

さて、ここでタイトルの
「鹿を追う者は山を見ず」の話。
鹿を捕えようとしている者は、
鹿ばかりに気をとられて
山やまわりの様子が目に入らないということなのだが…、
つまりは「目先の利益を追っている者は
それ以外のことが見えなくなり道理を忘れてしまう」
という意味だ。
これって、まさにハイブリットである
F1種のことではないかと思ってしまう。

ビジネスの場でもこのF1種のような人たちが
たくさん生み出された。
決まったオペレーションは得意だが、
通常と違う問題が起きると対応できなくなってしまう、
いわゆるマニュアル対応型人間。
ただ、これらのマニュアル対応型の人間をつくり出したのは、
アメリカナイズされたシステムを導入した大手チェーンだ。
そこで働く人の成長を考えず、
自社の都合だけを優先させたことによる
弊害と言っていいだろう。

私たち経営者側は、
ついつい今すぐ活躍してくれる人材を求めてしまい
「長い目でみて人を育てる」という考えを
置き忘れてしまうのだ。

しかし、結局のところ
ビジネスの場で30年、40年と長く活躍できる人材は、
どんな状況でもチャレンジし、変化に対応できる人材だ。

だから、目先の利益である
鹿を追ってF1種を選ぶのではなく、
ノウハウや人間力ある人材を
イチから育てる気持ちが必要ってこと。
そういった人材こそが会社を支えていく宝になるのだ。

もしかしたら人材だけの話ではないかもしれない。
長く続く技術やノウハウを育むにも
同様のことが言えるのでは…。
とにかく「鹿を追う者は山を見ず」になっては、
会社のその先はなくなってしまうのだ。

key (1)

朝顔が次から次へと咲き乱れる

key (2)

今年で4回目の開花となった

key (3)

目先の利益ではなく人間力ある人材をイチから育てる気持ちが必要なのだ

ページTOPへ
ページTOPへ