これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

03/23
2020

プレゼンテーション1
NEW

今こそ「不易」の価値観“先義後利”の実践

今までビジ達では、「不易流行」の“流行”の話を主に
してきた。
すなわち、破壊的テクノロジーを導入して新しい時代のビジネスに
対応していかねばならないと・・・。

一方、私は“先義後利”という価値観も大切だと発信して来ている。
改めて、変化の時代だからこそ、この“普遍的価値観”を紹介する。

先日も、ある女性経営者から経営において“義”を重んじる
ことを調べていたら、拙著「儲けないがいい」に
辿り着いたと連絡があった。その本にも書いたのだが、
“先義後利”とは、中国の儒学の祖の一人、紀元前300年頃に書かれた
荀子の「栄辱編」の中にある
「義を先にして利を後にする者は栄える」から引用したものだ。
あの百貨店の“大丸”も“先義後利”を会社の理念にしていると聞いている。
「お客様、社会への義を優先することによって信頼を得、
ブランドとなり、結果として会社が栄える」という。

実はこの“先義後利”は江戸時代中期に石田梅岩(石門心学)
によって広まった。
「石門心学」はこの時代にあっても、私達も月に一度、学んでいるのだが、
この「石門心学」に影響を受けたのが、“大丸”であり、
京都のお麩屋“半兵衛麩”さんだ。

この“半兵衛麩”、10代目、玉置半兵衛さんの日記に
「うちは、昨日、今日できたお麩屋やないや。
先祖代々がお麩で生きてきたんや。
このありがたいお麩を
ヤミからヤミに葬り、金儲けするなんてマネはできないんや。
そんなことしたら、ご先祖さんに叱られるで。
こんな世の中、そう長くは続かない。
必ずきちんとした商売ができるときがくるから、
それまで辛抱しいや。」
と記されていたと11代目から聞いた。

荀子の時代から2千数百年、石田梅岩の時代からも既に300年近く
経っているが“先義後利”の教えは色あせない。
どんなにIT、AI、ロボットが発達したとしても、
人間が関わっている以上この価値観は普遍と言っていいだろう。

不易流行の“流行”も大切だが、“不易”の価値観も大切だということ。
一方で効率を追求しながらも、ここだという時には「義」を重んる。
これが人としての「徳」への道であり、結果として
会社や家系の継続につながるのだ。
中島流“先義後利”のトライアングルでは、この
“利”と“義”のバランスを大事にしている。

“報徳思想”という言葉を発信した二宮尊徳翁も
「道徳を忘れた経済は罪悪であり、
しかし、経済を無視した道徳は寝言でしかない」と。
当時、経済・道徳という言葉はまだ生まれていないはずだが(?)、
二宮尊徳翁もこのバランスが大事だと言っている。

先端技術優先の効率ばかりを追い求めるのではなく、
商売を長く続けるには、“先義後利”の普遍の価値観を
経営に活かしていくことが大事なのだ。

中島流ビジネスは常に“不易流行”を意識している。
ふっふっふっ・・・。

プレゼンテーション1

“先義後利”という価値観も大切

key2

拙著も読んでみてほしい

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

02/17
2020

key0217

デジタルシフトBeyond

“デジタスシフトのその先へ”という意味。
先週のビジタツでも発信したが、デジタルシフト
しないとあなたの会社が危機に陥るという怖い話。

人材不足となることが明白なこれからの時代は
働き方の見直し、組織改革、採用方法含め、
いろいろ手をつけて効率化を図っていかなければならない。
さらに企業戦略、商品開発、顧客管理、販売網管理も
デジタルを活かし、分析・解析し、より効率的に
進めることを求められる。

これらを個別にやっていては、いつまで経っても
全社的なデジタルシフトは実現しない。
すなわち、トータルにシフトしていくから
相乗効果も見込め、次なるステージに上がって行けるのだ。

さて、中島流デジタルシフトを実践する組織とは・・・。

組織の中心にはCDO (チーフデジタルオフィサー)がいる。

そしてCDOの周囲に各部門が配置されていて
それぞれの部門をデジタルシフトしていく。

① Finance デジタルシフト
 計理、財務のデジタル化。例えばクラウド会計のfreee
 を導入することで、社員の経費精算の簡素化。
② Inner デジタルシフト
 社内管理部門のデジタル化。人事管理から、
 会議システム、ネットワーク管理など。
③ Marketing デジタルシフト
   マーケティング、顧客管理・営業戦略・商品開発・
   サービス開発のデジタル化。
   時代に求められる商品、自分達の生存領域も含めての
   データでの把握。
④ Corporate Siteのデジタルシフト
   採用、PR(IR)
   現代はコーポレートサイトが採用のキー。
   学生達は、企業情報をホームページから取得。
   SNSやYouTubeでの発信も必要。
⑤ Product Workのデジタルシフト
   作業の効率化、生産性RPA 生産管理 業務管理.
   生産性を上げていくためのデジタルシフト。

この①~⑤をCDOを中心に機動させていくデジタルシフトが
“デジタル Beyond”なのだ。
すなわち、“その先のある”デジタルシフトの実践ということ。

さて、もう一つ必ずしなければならないデジタルシフト!
それは、経営者自身のデジタルシフトだ。
経営者がデジタル化をしない限り、会社は停滞する。
どうしても携帯電話はガラ系でないとダメなどと
言ってはいられない。。
厳しいことを言うが、そういう人は、そのトップの立場も
シフトしないと会社の未来はない!と考えるべき!!
そんな時代なのだ。 

この6個のデジタルシフトを具体的に実践すると、
その先に何があるのか・・・。
生産性はあがり、社員は喜び、採用にもいい効果をもたらす。
AIやロボットに任せた方がいいもの、
本当に人がしなければならない仕事が見えてくるわけ。
これが“デジタルシフトBeyond”。

これからの人材不足に備え、会社のデジタルシフトを!
そして、社長さん、あなた自身もデジタルシフトを!
とにかく、もう必須!

key0217

あなた自身もデジタルシフトを!

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

01/27
2020

key

FACTFULNESSとは?

今先日もビジ達モバイルで紹介したFACTFULNESS。
これは2019年ベストセラー第一位の注目の書籍だ。
ハンス・ロスリング、その子どものオーラ・ロスリング、
その伴侶のアンナ・ロスリング・ロンランド、3人の共著だ。
残念ながらハンスさんはベストセラーになる途中で他界してしまっている。

この本のイントロダクションにあったクイズ13問のうち
4問を紹介するので答えてみてほしい。

質問 1 世界で最も多くの人が住んでいるのは?
a.低所得国
b.中所得国
c. 高所得国

質問 2 世界の人口のうち、極度の貧困にあたる人の割合は
過去20年でどう変わったか?
a.約2倍になった
b.あまり変わっていない
c.半分になった

質問 3 自然災害で亡くなる人の数は過去100年でどう変化したでしょう?
a.約2倍以上になった
b.あまり変わっていない
c. 半分になった

質問 4 世界中の一歳児の中でなんらかの病気に対して
予防接種を受けている子どもはどのくらいでしょうか?
a. 20%
b. 50%
c. 80%


ちなみに質問2に対しての答えだがアメリカで
正解率が5%で日本は10%, 世界平均では7%とのことだ。
これはオンラインで14カ国のエリートに対して質問をした結果だ。

さて答えだが・・・、
質問1から順に b c c c だ。

平均の正解数は、なんと12問中(事情があり1問はなかったことにして)
2問だ。

なぜ正解率が低いのかというと、人間のもっている「思い込み」本能に
起因しているという。すなわち、

分断本能 ・・・ 世界は分断されているという“思い込み”
ネガティブ本能 ・・・ 世界はどんどん悪くなっているという“思い込み”
直線本能 ・・・ 世界の人口はひたすら増え続けるという“思い込み”
恐怖本能 ・・・ 危険でないことを恐ろしいと考えてしまう“思い込み”
(書籍にはもっといろいろな本能が書かれていたが・・・)

これらの“思い込み”が人間の思考に大きく影響をしているという。
結論として著者が言いたいことは、
この思い込みを払拭しない限り、正しい判断ができないということだ。

少し前に“超マクロ思考マトリクス”をビジ達で発信した。
このマトリクスの活用も、これらのように“思い込み”があっては
将来通用する再構築プランはできない。

正しいデータで判断しないと間違った答えを導いてしまうということ。
それにしても、私もかなりの“思い込み”があったのだ。
やっぱり、メディアのニュースに囚われていては正しい判断はできない。
もっともっとデータに裏付けされた判断をしなければ!


key

次世代の注目ワードFACTFULNESS

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

01/14
2020

keymain

五木寛之氏の“成長的下山思想”

2020年1月1日版の日刊ゲンダイを手に入れたところ、
五木寛之氏が「成長的下山」というタイトルで
特別寄稿されていた。

約8年前に、五木寛之氏は「下山の思想」を著し、
私はその時にもビジ達で紹介した記憶が・・・。

その書籍では、
「日本にとって再生の目標はどこにあるのか。
再び世界の経済大国を目指す道はない。
敗戦から見事に登頂を果たした今こそ、
実り多き下山を思い描くべきではないか。
下山とは諦めの行動ではなく、新たな山頂に登る前のプロセス」
と書かれていた。

成長神話の呪縛を捨て、人間と国の新たな姿を示す思想として
世間からも注目を浴びたのだ。
(私も“まさに”と思った次第)

そして、今年正月の「成長的下山」には、
「人類の歴史が始まって以来の超高齢化社会となった。
夏目漱石がロンドンに留学した明治の頃は日本人もイギリス人も
アメリカ人も平均寿命は40歳台であった。
宇宙への進出も、AIの普及も驚異的だが、
“人生50年”が“人生100年”に変わることに比べれば、それらは
物の数ではない」と。

かくいう五木氏も1932年生まれなので今年で88歳、米寿だ。

五木氏曰く、人生は前半の成長期と後半の後退期が必ずある。
永遠の成長などない。登山して下山する。これは国も事業も
人間も同じだと。
(おっしゃる通り!)

昭和は登山の時代、平成は頂上でのしばしの憩いの時、
そして令和は、“成長的下山”の時代だという。
登る時は成長期であり、下山する時は成熟期だと。
下山の時代こそ文化は成熟する、
人間も成熟した精神は下山の時に宿り、
その時も“成長”だと言っているのである。

すなわち、“どのような下山をするか”がテーマであり、
成熟に向かう“成長的下山“を目指すべきだとのことだ。
(私ももしかしたら、成熟の時を迎えているのだろうか!?)

そしてこんなことも書いてあった。
“成長的下山“とは、
安い車を無数に作るより、超高価な車を少なく生産。
巨大な施設を建設するより小さくて価値ある製品の開発等々…。
商品よりも技術そのものが価値を持つ時代。
そして芸術やセンスのあるアートが大切な時代であるとのことだ。
(まさに“美意識“の時代と言っているわけだ)

さすが五木寛之氏。
氏ならではの示唆に富む思想だ。
私もこれからの時代、このような思想であり価値観を意識し、
常に動き続けるビジネスをしっかり捉え、
ビジネスの達人を発信して行こうではないか!

ちなみに、私が数年前に開発した
“BIZパラダイムシフト75”であるが、まさに五木氏の
「成長的下山」を表現している概念図なのだ。

もしかしたら五木氏も“ビジ達”を読んでいるのかもしれない!?
(そんなわけないか!?)


keymain

五木寛之氏の成長的下山

key2

成長的下山の概念図はこうだ!

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

01/06
2020

key

サイエンス経営から“美意識経営”へ

私が創業したクォーターバックのコーポレートサイトには
“Challenge is Beautiful”と掲げられている。
まさに美意識を発信していく会社だ。

このビジ達で、今の時代は“美意識”が大切に
なってきたと度々紹介している。

中島流のパラダイムシフト75では・・・、

享保の改革 1716年から1730年頃にかけて、
8代将軍徳川吉宗主導によって行われた幕政改革。
これは江戸幕府が開かれて百年以上が経過し、
財政の立て直しが必要になって起こったこと。
社会にも腐敗が起こり、改革が求められたのだ。

その75年後、吉宗の孫にあたる松平定信が
主導して寛政の改革を行った。
田沼意次が乱れた政治を行い、一揆や打ち壊しが頻繁に起き
役人の賄賂も横行したことで、改革が必要となったのだ。

これらは、その時代のリーダーたちの倫理や道徳を含む
“美意識”がなくなり、
制度改革をしない限り、幕藩体制維持が危機に陥るとの
ことから行われた改革。

その後75年後の明治維新は、これらの改革とは
意味が違う改革だったが、
その75年後が終戦。
復興をテーマにそこから、様々なビジネスが生まれてきた。
経済成長はめまぐるしく、人々は豊かになったが、
一方、経済格差も拡がってくることに。
そして今、美しくないビジネスも増えてきた。

ひとつのパラダイムが長く続いてくると、必ず淀みが出てくる。
目先の利益を優先する経営者たちが、グレーゾーンにて
事業を展開するようになる。

すなわち、このところの、分析的、論理的経営を
重視する“サイエンス経営”(この言葉は私が名付けた)
をすると“美意識”をなおざりにしてしまうのだ。

現状、経営の価値観を中島的に数字で表すとすると、
サイエンス経営が「8」で美意識経営は「2」しかない。
すなわち、数字ばかりを追いかける経営をした結果、
様々な問題が発生し、格差も拡大してきたということ。

これからは“サイエンス経営”から“美意識”を意識した経営、
すなわ比率で言うと、5対5 くらいにに
しなければいけないのだ。

いまや、美意識経営は、ブランド、商品・サービス、
マーケティング、ビジネスモデル
人材育成にも影響を与える。
当然CSRと言われている社会貢献活動も含まれる。

サイエンス経営で数字ばかり追うと、社会から選ばれる
会社にはならないのだ。
これからは“美意識経営”が選ばれる時代がやってくる!

key

美意識、持ってますか!?

ページTOPへ
ページTOPへ