これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

08/19
2019

key0819
NEW

“JAPANESEアップサイクル”

リユースでもリサイクルでもなく、“アップサイクル”??
これは既存のモノに新たな価値を付与し、
社会で働けるものにする というような意味なのだが、
お話したいのは、「日本の」「資本主義における」アップサイクル。

先日、『成長性M&A』についてのコラムを書いたけれど、
これも一つのアップサイクルの形だ。
つまり、今後日本の人口は先細りになっていく。
その中でも労働人口の割合減少は著しく、
一方で人のお世話にならなければならない
人たちの割合は増えていくだろう。

すなわち、介護に従事する人達は、
(あえての言い方なのでご勘弁いただきたいが)
生産性のない仕事に就いている、ということになる。
社会全体の負担がいよいよ重くなることは間違いない。

さらに今の日本は「高いものは売れないから、物の値段が下がる」
→「商品を生産している会社の売上が落ちる」
→「そこで働く人の給与が上がらないor下がる」」・・・
という良くない流れの中にいる。

これを抜本的に改善するためには、
AIやIot化を推進し、生産性を上げ、
同時に高付加価値のサービス・商品を開発していくことが必要になる。
高所得化もすすめることでのモチベーションアップも重要だろう。
そして、規模拡大のためであり、労働力確保のための
M&Aの推進ということになる。

すると生産性はもっと良くなるという中島流の
“JAPANESEアップサイクル”となるわけ。

つまりはM&Aによって企業規模も上げ、
これまでの企業規模ではできなかった
採用・設備投資・研究開発その他を推進しようということ。

日本の人材は世界でも4位の高評価を得ているのに、
生産性では28位。関係の逆転が起こっているのは、
日本で働く人の多くが構造的に生産性を
上げづらい規模の小さい企業で働いているからなのだ。

「鶏が先か、卵が先か」という話にもなるが、
投資の結果、生産性が上がれば高付加価値の商品も開発できるだろう。
商品の値段も上げられるし、
その収益は会社・従業員に還元されていく。

するとより生産性を上げるための投資ができ、
従業員の所得があがり、社会全体もが豊かになる…という展開。
まさにアップサイクル。
…と、こんな良い循環を生み出す“JAPANESEアップサイクル”。
私を含めた中小企業経営者の皆さん 、実現しましょう!!!

keymain

まさにJAPANESE アップサイクル

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

08/05
2019

keymain

成長性M&Aのススメ

“日本は非常に生産性が低い”。

こんな風に言われて、ええっ!と思った方もいるのでは。

しかし、私の手元のデータでは日本の生産性は世界で28番目。
OECDの調べでも世界で21番目だったというから、
決して高いとは言えないだろう。
ところが同じ調査の「人材評価」部門では、
日本人は4位と高評価。う~ん、ギャップがありますねえ。

経済が停滞しがちな先進国、イタリアの例を見てみると、
人材評価は34位・生産性でも34位と、少なくとも数字は釣り合っている。
そして気になる経済超大国アメリカは、人材評価はアレレの24位。
それなのに生産性では9位となっていて、
これが日本のギャップとは完全に逆。
一体どうしてこうなるのだろうか?

その理由は、日本の経済の構造にある。
例えばアメリカの場合、働く人の半数は
従業員250人以上の企業に勤めている。
対して日本は、250人以上の企業で働く人の割合は全体の12.9%。
残りの人達は250人未満の中小企業に勤めているのだが、
これこそが生産性の低さに繋がっているというわけ。

中小企業では、研究開発に割けるリソースにも限度がある。
当然、採用にも苦労するため、
なかなかいい人材を確保することもできない。
少子高齢化でただでさえ労働人口の減少で働く人が少ないところ、
優秀な人材は取り合いになってしまう。

直近の大卒者求人倍率は1.88倍!
まさにひっぱりだこという状況で、
中小企業が大手に負けてしまうのもやむをえない。
そして、生産性をあげるための設備機器の導入もままならない。

その他まだあるだろうが、このような理由から、
労働人口の9割以上が働く日本の中小企業の生産性は
なかなか上がらず、ひいては
日本の生産性も低いままとなっているのだ。
(これは経済識者による客観的意見としてご勘弁を!)

では、どうすればよいのか?
現在の生産年齢人口は77,682万人。
これが2030年には6,900万人に減少し、
2040年には6,100万人と、ぐんぐん減少していくことが分かっている。

今以上に人材は取り合いになるだろう。
10人~30人程度の小さな会社では、
希望の半分程度取れれば良い方だろうと言われているそうで・・・。

そこで注目したいのがM&A。
企業統合により、企業規模を拡大して、
採用効率と生産性を向上させていくのだ。

日本全体の生産性や、会社で働く人たちの労働環境を考えれば、
ある程度の投資ができる環境を整えるべきなのだ。
今こそ、企業統合のとき。成長性あるM&Aを、強く推したい!!

keymain

日本は生産性が低い!?

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

07/22
2019

keymain

交流人口拡大は“ストーリー&エクスペリエンス”

美しい緑の斜面で、草を食む牛たち。
その先に広がる十勝平野。
何度見ても、絶景、そして絶勝。
いや~、とにかく気持ちいい景色だねえ。

あれ、そういえば…と思い出したのが、
この牛たちは、これから初産を迎える2歳牛だということ。
もちろん初産のあと、
牛たちから牛乳が採れるようになるわけだ。
その前にのびのびと放牧され、
自然の中で草を食み、坂道を登り降りすることで
出産に向けた丈夫な身体をつくるのだとか。
そんな背景を知ると、あの光景は
必然性のある十勝ならではの絶景である。

ああ、もっとたくさんの人に観てもらい、
十勝の素晴らしさを感じてもらいたい…。
人口減少は、もちろん地方でも大きな課題だ。
もはや地元住人の経済だけでは成り立たない。
「訪問客」を含めた交流人口をいかに増やすかが課題なのだ。

2015年からこの地で取り組んだのが
“ワインヴァレー構想”なのだが…
そこで、より多くの人たちにこの地をしっかり
体験してもらいたいとたどり着いたのが
“ストーリー&エクスペリエンス”。

端的に言えば、「物語性と体験を通して、
金・物・人・情の4流を活性化させる!」ということだ。

たとえば以前訪れたスペインの“サン・セバスチャン”。
人口18万人の街でありながら、
世界一の美食の街として賞賛を受けていた。
その秘密は、スペインならではの豊富な食材に加え、
料理人同士の切磋琢磨もあり、
すべてのレストランが超ハイレベルであること。

「食べる」という最高の体験に加えて、
いかにして美食の街になったか?という
ストーリーの部分も面白く、世界一の称号となったのだ。

さて、我が十勝は?
まず、ここで採れる食材は小豆、小麦、じゃがいも、牛乳…。
どれをとっても注目の食材ばかり。
(もっと美味しくなると思うが…)
そして、これらを活かしたお菓子・ケーキ六花亭を代表に有名。

さて、“体験”であるがガイド含めてまだまだ不足。
先程の絶勝体験も含め、
ここをもっともっと充実させることが重要だ。

里山ハイキング・釣り・自転車ツーリング・農業体験・
トレッキング・トレイルランニング…
いろんな十勝体験がプロデュースできるはず。
ガイドの人も含め、記憶に残る体験をどう演出するか。

ということで、“ストーリー&エクスペリエンス”がカギなのだ。

な~んて言っていたら、他の地域の方に
このブログをヒントに先を越されてしまうかも?
それも結構!
日本中の金・物・人・情をもっともっと!活性化したいのだ。

keymain

十勝ならではの絶景

key2

美しい緑の斜面で、草を食む牛たち

key3

“ストーリー&エクスペリエンス”を大切にしたい

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

06/24
2019

あ

「すでに起こっている未来」

“すでに起こっている未来”。
未来は、すでに起こるものではないが…
意味合い的には
“その未来はすでに予想されていた”
ということ。(いい言葉だねぇ~!)
これは、ドラッカーの思想である。

というのも、先日ある雑誌を見ていたら
“ドラッカーの教え”というコーナーの
プロローグに、こんなことが書いてあった。

「西洋の歴史では、数百年に一度
 際立った転換が起こる。
 世界は歴史の境界を超える。
 社会は数十年をかけて
次の新しい時代に備える」

ドラッカーが主張していることは、
“パラダイムシフト75”に共通している。
よく考えてみると、このタイミングで
世の中に様々な変化が起こっているのだ。

スマホの台数がパソコンを超え、
街中には監視カメラがあふれ、
もうすぐ5Gが実現されようとしている。
そして、若い人たちはテレビではなく、
YouTubeやAmebaTVを夢中で観ている…!
これは、一昔前には考えられなかった光景だろう。

ところで、ドラッカーのいう
“すでに起こった未来”とは、
(私のは“すでに起こっている未来”だが…)
一体なにを指しているのか。
例えば、人口減少に突入していた2005年。
この時点で、働く人口が減り労働力不足に
陥ることは予見できていたということ。
まさに藻谷耕介氏が言うところの“デフレの正体”である。
つまり、この2005年の段階で未来は始まっていたのだ。

ITのプラットフォーマー企業が活躍し始めた際も、
ここまでの発展は見えていなかったことだろう。
今では、様々なシェアビジネスが展開され、
流通が大きく変わろうとしている。

今回のフィンランド・エストニアツアーで
目にしたICT(情報通信技術)も、
より高度化することで様々な分野の
先進技術に活かされることは間違いないだろう。

今や当たり前のように利用している
メルカリやウーバー、シェアカーなど
スマホだけでマッチングできるサービスにも
同じことが言える。

このような新しいサービスに触れることで、
“すでに起こっている未来”はより明確に見えてくるのだ。
だからこそ、今がドラッカーの語る
歴史の境界を超える時なのではないか。

ということは、経営者やビジネスに関わる者は、
これらの動きを地球規模の
マクロ的な視点でとらえなければ、
ビジネスの潮流についていけなくなってしまう。

私たちのビジネスの未来は、
身近なところですでにたくさん起こっているということ。
“すでに起こっている未来”…
まさにファインスピリッツキーワード!


IMG_9482

未来を見通す力が必要だ

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

06/03
2019

keymain

ビジ達流 Teaching Others メソッド

このビジ達、毎週更新しつづけてもう丸 16 年になる。
配信本数こそ週 5 本から 3 本に
縮小したものの、
16 年はなかなかの年数と思ってもいいだろう。
また、主宰する会議・セミナーで言えば
αクラブのセミナーは 144 回!
リーダーズセミナーは80 回以上開催してきた。

勿論参加してくださる方のお陰ではあるけれど、
数えてみればかなり長く続けている。
”継続はチカラなり“...と単純に言いたいわけではなく、
今回はこの配信・主宰が思わぬところで裏付けられたという話。

「ラーニング ピラミッド」というものをご存知だろうか。
学びの深さを示す概念だ。

Lecture(講義)で 5%
Reading(読書)で 10%
Audiovisual(視聴覚)で 20%
Demonstration(実演演習)で 30%
Discussion(集団討論)で 50%
Practical doing(実技練習)で 75%
Teaching(人に教える)で 90%
これが、「どう学ぶか」による“身になる度合”だという。

つまり、本を読んで勉強した気になっちゃダメ、
みんなで議論してもまだ半分くらいで、
人に教えてやっと 90%が自分のものになるということ。
私の場合で言えば、このビジ達のような
自分からの発信やちょっとした集まりでの
プレゼンが Practical doing にあたり、
責任を持ってのセミナーや講演会の類が Teaching になるのだろう。

とはいえ、これは! と思うコンテンツに
出会うためには読書も大切。
人の講義(セミナー)を聞くのも大切。
ただ、それだけでは受け身のままで、学びが深まらない。

本当に自分のものにするためには、
やはり自分なりの解釈を伴って発信し
(ブログにしたり、プレゼンしたり)
人前にそれを伝えていかなければならないのだ。
私はこの「ラーニング・ピラミッド」は
知らなかったけれど、 常に人前にコンテンツを
発信しつづけることの大切さは知っていたつもりだ。
続けていればより新しい出会いがあり、
新しい発想にも行き当たる。

これまで“ビジネスの時流と経営”を
テーマにより多くの方々に伝えたい、
という気持ちで続けていたこと全てが、
実は私自身の学びにつながっていたということ。

そこでまずは、学んだことは
自分なりにまとめて発信する→Sending。
SNSでもいいし、ブログでもいい。
できれば定期的に発信すること。

そして、その中でも自信のあるコンテンツは
機会をつくって→Teachingまで持っていく。
これがビジ達流の 「Teaching Others メソッド」ということ。
ぜひ、あなたも実践してみて欲しい。
これを実践、継続した人の周りには、
多くの人たちが集うこと間違いなしだ。

keymain

ラーニング ピラミッド

ページTOPへ
ページTOPへ