これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

11/20
2017

_DSC4908
NEW

沈魚落雁 閉月羞花とは!?

私は“美しさ”にはダマされない。
けっして惑わされもしない。
あくまで、ちょっと顔が緩むだけ。

先日、私たちの前に
ミスインターナショナル世界大会での上位5人の美女が登場。
うんうん、やっぱり美しい。
美女が並ぶだけで、こんなに絵になるとは…

その顔カタチもスタイルも、そのオーラまでも美しい。
でも、私はその“美しさ”にはダマされないのだ。

(はっはっはっ…)

ところでなぜ、人は美女に引きつけられるのだろう。
(もとい)
いや、男はなぜ美女に引きつけられるのだろう。
これが男の“サガ”と言われれば、
それで終わってしまう話なのはわかっているが…

ところで、中国四大美人を知っているだろうか。
春秋時代の西施(せいし)、漢の時代の王昭君(おうしょうくん)、
後漢時代の貂蝉(ちょうせん)、
そしてみなさん何度も耳にしたことがある唐の時代の楊貴妃である。

すなわち、紀元前の春秋時代からず~っと
国のまつりごとにも“美女”の存在が影響してきたということ。

これらの絶世の美女を表わす四字熟語があるという。
それぞれ「沈魚(ちんぎょ)美人」「落雁(らくがん)美人」
「閉月(へいげつ)美人」「羞花(しゅうか)美人」だ。

「沈魚落雁 閉月羞花」とも言うようだが…
その大げさ加減が面白い。

あまりの美しさに、
魚が見とれ泳ぐのを忘れてしまい沈み、
雁は飛ぶことを忘れ落ち、
月は恥じて姿を隠してしまい、
咲いた花は恥じてしぼんでしまったということ。

その昔の詩人たちもその美しさを後世に伝えるために
いろいろと言葉を駆使して表現したのだろう。
とにかく、時代は変われども、美女の存在は常に意識され、
この時代まで続いてきているということだ。

ここまで、あれほど“美しさ”には
ダマされまいとしてきた私だが…
そろそろ“美しさ”にダマされてもいいのかもしれない。

ところで“美しさにダマされる”ってどういうことだろう!?

美女のためにたくさんお金を使っちゃうこと!?
(そんなお金ないし…)
地位を利用して、美女を登用して…
(そんな地位も立場もない。
そして、もうヤンチャする若さもないし…)

え~っ、ダマされる前の美女を引きつけるモノが何もないのだ。

これじゃ、ダマされようがないということ。
なさけない…(- -;)

moba3

世界上位5人の美女たち!

ページTOPへ
先取りビジネストレンド

11/20
2017

IMG_4326
NEW

23回目のThink Global, Act Local

ついに、
23回目となる海外研修ツアーの行き先が決定した!

この海外研修のコンセプトは“Think Global, Act Local”、
地球規模で物事を捉え、
自分の日々の活動にどう反映させていくか、という意味である。

海外に目を向け、
世界の動きと時代の流れをも掴むからこそ、
今自分がやるべきことが見えてくるものだ。

さて、23回目にあたる2018年度の行き先はというと…
スペインのバルセロナとサンセバスチャン(ドノスティア)である!

バルセロナでガウディを体感し、
サンセバスチャンでは世界最高峰の料理を堪能する予定だ。
スペインに8件ある三ツ星レストランのうち、
4件が揃うサンセバスチャン(2014年)。

そこは「食の聖地」とも呼ばれ、
世界中から人々が集まる街である。

バルセロナも含め、
そんな食に精通したサンセバスチャンに今行かずして、
いつ行くのだろうか!
(ピンチョスが美味しい!)

振り返れば、
2015年はイタリア・トスカーナ地方を訪れ、
2016年はフランス・ボルドー、
2017年はアメリカ・サンフランシスコ、ナパバレーと、
この3年間は常にワインと食に関する土地を訪れてきた。

もちろん、日々のビジネスに関わる視察もするのだが…
やっぱり世界を知るには、“ワインと食”なのだ。
ということでここ数年は、
ワインと食に関する地へ足を運んでいるわけである。

アジアの2ヶ所から始まった海外研修だったのだが、
そのほとんどがアメリカとヨーロッパだ。

ここまで世界の距離感がなくなった今、
時代の変化や兆候を掴むにはどうすれば良いのか。
そのヒントは間違いなく海外にある。
そう考えるからこそ、
たとえ国際情勢に変化があったとしても22年もの間、
この研修ツアーを続けてきたのだ。

今は、75年周期で大きく価値観が切り変わる
“パラダイムシフト75”の過渡期でもある。
だからこそ、広く世界に目を向けて
「今自分は何を優先すべきなのか」と考えることが大切だろう。

まさに“Think Global, Act Local”ということ。

さあ、2018年は情熱の国スペインへ!!
参加を希望される方は、ぜひ早めに手を挙げてくださいね!!

IMG_4322

フランス、ボルドーでの海外研修。

IMG_4323

ボルドーの有名なシャトーの前で、1枚。

IMG_4324

こちらはナパバレーでの研修。

IMG_4326

学べば学ぶほど、その世界の深さに気づかされる。

ページTOPへ
はなまるア・ラ・カルト

11/20
2017

ara1120
NEW

キャリア・ディベロップメントの時代

少し前までは、決められた会社のシステムに
則っていれば、会社をまわせていた。
しかし、徐々に時代が移り変わっていくなかで、
このような機械的組織体制では
うまくいかなくなってきたのが実情だ。
このところの東芝やシャープも、
神戸製鋼もそうかもしれない。

機械的組織から時代は移り変わり、
現在求められているのは“有機的組織”。
会社の歯車となって動くのではなく、
スタッフ一人ひとりが考え、
アグレッシブに行動すべきなのである。

そんな時代に大切にしなければならないのが、
“キャリア・ディベロップメント”
(横文字が好きというわけではなく、
ピッタリの日本語がないのだ)。
つまり、有機的組織をつくって行くためには、
スタッフ一人ひとりの適性や成長の道筋を考え、
本人の希望に沿ってバックアップしていく
という会社側の発信が重要なのだ!

まさにこの
“キャリア・ディベロップメント”に
バッチリ当てはまるのが、私が10年前に開発した
「V(Vision)&T(Tomorrow)プレゼンテーション」だ。

これは、スタッフ自身がキャリア目標を定め、
その達成に向けて必要な能力や経験を
明日からどのように計画性を持って積み重ねていくか…
ということをプレゼンするのである。

キャリア開発において重要なのは、
・会社が必要な組織制度を与える
・上司がスタッフの希望や適性を把握し後押しをする
・本人が自分の目標に責任を持つ
ということ。
そうすることで、スタッフが能動的に
キャリア目標に向かうようになっていくということ。

ということは、年に2度開催する
V&Tプレゼンテーションは
時代の流れを理解し、反映した
素晴らしいシステムだといえるだろう!
(ハッキリとした自画自賛である)

すなわち、それぞれのスタッフの特性を活かし
可能性を引き出してあげることこそが、
この激しく移り変わる時代の流れに
対応できる理由になっていくのだ。

昔は機械的組織が求められていたものだが、
今の時代は、中長期的な視点の支援が求められている。
“キャリア・ディベロップメント”を大切にして、
今の時代に対応できる有機的なスタッフを育成していこう!

IMG_4320

年に2度開催しているV&Tプレゼンテーション

IMG_4321

ゲストに参加してもらうことで、緊張感も高まる!

ページTOPへ
モバイルショット

11/14
2017

IMG_4252

セレンディピティの連鎖が…

えっ! このタイミングで坂村真民先生が登場!
おっ! こっちは十勝のグランピング記事!
これぞ“セレンディピティ”。

毎月手元に届く月刊誌を開く。
そこには先日の“ビジ達”で発信した
「坂村真民先生」の記事が展開されているではないか。
あの「鈍刀を磨く」の作者である国民詩人
“坂村真民先生”をテーマとする対談記事。

私が「鈍刀を磨く」を材料にコラムを発信したことを
知っているかのようなタイミングで掲載されていたのだ。
(これでもっと坂村真民先生を知ることができる)

そして、毎月の北海道帯広通いで
JALの機内誌のページをめくると
“十勝・グランピングを楽しむ”のタイトルが目に飛び込んできた。
そう、いまMemuroワインヴァレー構想で、
スノーピークが展開しようとしているグランピングと
どう連携しようかと考えていた矢先だったのだ。

素晴らしい偶然のなせるワザ。
これぞ“セレンディピティ”!
実は、このところこれら偶然による幸運が結構起きているのだ。

先日も、ある事情によりスタッフが急に退職することとなり、
次なるスタッフを急きょ探していると…
紹介された人物は、次なる事業に
深い関わりがある好人物だったりするのだ。
捨てる神あれば拾う神ありである。
あ~まさに今、テレビドラマで注目の“陸王”状態。

一見四面楚歌に見えるのだが、あきらめない情熱ある行動が伝播し、
“セレンディピティ”を引き込み、少しずつ少しずつ流れは
いい方に推移して行く。
うんうん、役所広司のあの一途に追い求める顔つきがいいねぇ~。
(あの映画「関ケ原」でのあざとい徳川家康役を忘れさせてくれる)

でも、これはフィクションの世界だが…
現実も捨てたものではないのだ。
先ほども語ったとおり、このところいろいろなものが
いい方にいい方に動いて行く。
誰かが見ていて、背中を押してくれているように思えてならないのだ。

このうれしいことの連鎖を、
私は“セレンディピティの連鎖”現象と呼んでいる。
地域のことを考え、志を同じにする仲間たちとベクトルを合わせ、
チャレンジするMemuroワインヴァレー構想は、
必ずや見える者と見えない者たちの応援団がいるに違いない!

IMG_4255

グランピングの記事が!

IMG_4267

真民先生の特集が!

ページTOPへ
モバイルショット

11/06
2017

IMG_4217

ハレの日をもっと「晴れ」の日に!

“ハレの日”は節目の日のことでちょっと特別な日。
なのに“ま~いいや”として流してしまうこともときどき。
あっ、QBは創業35周年だったσ(^_^;)

だが、日本では昔から“ハレの日”をしっかり意識し、
特別な日として何らかの儀式的祝いをすることで
ケガレを落とし「ハレ」を演出していたという。

まさに木にも火にも水にも神様が宿っていると、
“八百万の神”を信じてきた日本人ならではの
価値観だったのかもしれない。

還暦を過ぎてから、私ですら“ハレの日”を
少しは意識しだしてきた。
ただ祝おうとしているのではない。
せっかく巡ってきた“ハレの日”を活かし、
神様や周りの人たちに感謝すると共に、
次なるステージに向けそのベクトルを設定する機会と考えたのだ。

そう、私たちは次を考える“機会”が欲しいのだ。
何かに向けて、次なる“タテの発想”をする機会が欲しかったのだ。
もうここまでくると“ヨコ”はほとんど気にならなくなり、
“タテの発想”の重要さが見えてきたということ。

隣の庭は気にならなくなり、自分としての生き方であり
存在理由が優先されてきたのだ。
(はっはっはっ…ちょっと悟った気分)

そう、ここで“ハレの日”とタテの発想が
交わることになり、私たちはこれまで以上にその先を
見据えることの大切さを理解することになる。
まさにハレの日をもっと「晴れ」の日に、なのだ。

ここでPRっぽくなってしまうのだが、
この11月から私も関わる「ハレの日製作所」がスタートした。
日本中の多くの人たちが「ハレの日」を祝いながらも、
これまでを捉え、これからへの“タテの発想”をお手伝いする
ビジネスがスタートしたのだ。
(ワ~イ、ワ~イ!)

例えば、周年記念や社名変更、長寿の祝いなどのイベントや
制作物のお手伝いをしようということ。
(みなさん、よろしくです!)

とはいえ、“タテの発想”が活かされた発信は、
ヒトを動かすことは間違いない。

そんなハレの日製作所の公式サイトは…こちら!
http://www.hare-no-hi.co.jp/

IMG_4218

公式サイトも鋭意製作中!

ページTOPへ
ページTOPへ