これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

05/21
2018

mobamain
NEW

里山ココ・ファームからの恵み

「こんなはずじゃなかったんだけどねぇ~」
これは、初めて川田昇園長(故)とお会いしたときの第一声。
2009年の春だったような…
私は思わず「えっ!? それってどういうことですか?」と
聞くしかなかったのだ。

久々に訪れた足利の三角山は、
新緑の風を受けワクワクしていた。
そして入口に掲げられていたパネルには、
今年で葡萄畑開墾60周年と。

川田園長たちが私財を投じて足利の山林を買い、
障害を持つ彼らと開墾することになって
もう60年が経ったという。

残念ながら川田園長はもういないが、
立派な三角山とワイナリーがここにしっかりと存在する。

私がココ・ファーム・ワイナリーを知ったのは、
1999年に出版された「山の学園はワイナリー」
という本に出会ったからだ。
そして、ついに川田園長に会えることになり、
お会いしたときの第一声が冒頭の
「こんなはずじゃ…」だったのだ。

1958年、川田さん37歳。
学園の生徒たちは中学生だったわけだから15歳前後。
この子たちの働き場所をつくらないことには、
自立はありえないと考えた。
そこでいろいろと動き回り、
足利のこの急斜面の三角山に辿り着いたということ。

すなわち、36人の子どもらの自立のために
山林を買い、開墾し、葡萄など果樹栽培をしようと考えたのだ。

そこから約50年経った頃、
川田園長は80代も後半に入り子ども達も70代に。

川田園長は、この子らを自立させ、
そして彼らの最後を看取ってやろうと思っていたという。
ところが、子どもらは三角山での自然相手の日常により、
自信に満ちた健康で誠実な農夫に変わって行った。

だから90歳に近くなった川田園長は、
70歳を超える年齢になっても健康で逞しい彼らの姿を見て
「こんなはずじゃなかったんだけどねぇ~」
という言葉になったのだ。

川田園長からすれば、嬉しい誤算だったということ。
この誤算も、目の前の里山とのやり取りを大切にしながら、
子どもたちと必死に生きてきたからこその
“自然からの恵み”なのかもしれない。

そして、ココ・ファーム・ワイナリーでつくられるワインも、
自然の恵みを十二分に引き出し、多くの人たちに愛される
美味しさを発信し続けているのだろう。

ココ・ファームのシャルドネ主体の辛口ワイン
「風のエチュード」は、JALの国際線の
ファーストクラスラウンジで利用されているという。
(本当に美味しいんだよねぇ~)
とにかく里山と仲よくすることは、
いろいろな恵みを私たちに与えてくれることにつながるのだ。

mobamain

久々に訪れた足利の三角山

ビジ達画像_0521

今年で葡萄畑開墾60周年

IMG_3530

里山と仲よくすることは、恵みを与えてくれる

IMG_3531

残念ながら川田園長はもういないが…

ページTOPへ
選ばれる仕事道

05/21
2018

_DSC8430
NEW

川野泰周氏に学ぶ”心幹の鍛え方”

ここ最近、プロアスリートたちが一生懸命鍛えている体幹。
しかし、今回お話したいのは体の幹ではなく、“心幹”のほう!

心の中心となる部分を、どのように鍛えればよいのか…?
先日のαクラブ定例セミナーで、精神科医であり
禅宗の住職でもある川野泰周氏を訪ね、お話ししていただいた。

川野氏は、慶応大学の医学部をでて精神科医の経験を積み、
さらには臨済宗建長寺にて3年半の修業を積んだという。
(日本中探しても、こんな方は他にいないのでは…!?)
そして、この2つを上手くオーバーラップした価値観
“マインドフルネス”をテーマに、情報を発信しているという。

マインドフルネスとは、今現在起こっている
リアルタイムの経験に意識を集中させている状態のこと。
今回のセミナーでは、これがどういうものなのか、
坐禅や瞑想を通して体験させてもらった。

インターネットが当たり前のように普及して
進化し続けている今、私たちの身のまわりには
情報が洪水のように溢れている。
つまり、情報の取捨選択がしにくい状況なのだ
(20年前とは全く違う精神環境なんだよねぇ~)。

スマホやiPad、パソコンに次々と着信サインが…!
このように、脳が情報に追い詰められ、
精神的なストレスに苛まれてしまうということ。
その結果、現代の病は身体的なもの以上に
精神的なものにシフトしてきているのだ。
ここに対してアプローチをしていくのが、川野流!

マインドフルネスの状態をつくるためには、
毎日瞑想の時間を取るなど、常に継続していくことが重要。
こうすることで、“心幹”がつくられるという。
この状態をより多くの人に体験してもらい、
精神的強さでありバランスを身につけてもらうのが
川野氏の目指すところなのだ。

今回の体験&セミナーで、マインドフルネスのコツを学び
自分ごととして捉えた参加者たちは、
今の社会問題に対して真摯に取り組む川野氏の
姿勢にも刺激を受けたようである。
これぞ、これからの時代の仕事道なのではないだろうか!?

sgt_main

精神科医であり禅宗の住職でもある川野泰周氏

sgt2

定例セミナーの様子

sgt3

.“心幹”について語っていただいた!

ページTOPへ
はなまるア・ラ・カルト

05/21
2018

aramain
NEW

四半世紀の進化と拡大

「日本を美しくする会・掃除に学ぶ会」ができて25年。
すなわち四半世紀ということだ。
1993年に第1回が開催され、イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏が
相談役で恵那市の田中氏が会長をし、ここまで引っぱってきたわけだが…。
(昨年より、利会長に引き継がれることに)

昨年は築地で全国大会を開催し、
800名を超える方々が集まった。
そして先日は、茨城の筑波で400名の参加者と共に関東ブロック大会が行われた。
そこでは私も広報取材のかたわら、チームに加わり掃除をさせていただいた。

私はトイレの臭いの元と言える男子トイレの「水漉し」を担当することに。
この水漉し磨きをするには、
マイナスドライバー、スクレパー、ヤスリ、金槌、
サンドメッシュ、カネヨン、そしてゴムマットというような道具が必要になる。

掃除の会が素晴らしいのは、
どこの掃除を担当するチームにも、目的に合わせた道具が全て揃っていることである。
そしてその道具の置き方や使い方だけでなく
、掃除の手順も、しっかりと考えられていることだ。

写真にもあるが、開会式の段階でその班ごとの道具が、
美しく並び整備されているところがスゴイのだ。
ここには、25年積み重ねたノウハウが集約されていると感じた。
だからこそ、日本全国だけでなく、
いま世界にもこの会のノウハウが発信されることになったということ。
やっぱり、何事も追求、そして徹底である。

この四半世紀、掃除の会で中心となり参画してきた多くは経営者と学校の生徒たちだ。
学校や公共の場のトイレ掃除を通して、何を学び、
自分たちのビジネスにどう活かしていくのかを考えてきた歴史がある。

その結果、これらの徹底した掃除には、
ビジネスや教育に活かせるところが多くあったということなのだろう。

四半世紀経った今も、多くの経営者や
学校の生徒が関わっていることが、その証と言える。

先日の筑波の中学校での大会でも、約半数の参加者は中学生。
そして徹底したトイレ掃除を経験した中学生たちは、
昼食のときには、とにかく清々しい顔を見せてくれていたのだ。

この体験が必ずや次の体験につながり、それが次の代を作ってくれるのだろう。

今回参加して、私も改めて掃除の意義を感じることができた。

皆さんも機会があれば、ぜひ参加してみてほしい!

aramain

25年積み上げたノウハウの結晶である!

ara01

今回は中学校で実施!

ara02

このように全てきちんと用意されている

ara03

リーダーからのレクチャー!

ページTOPへ
モバイルショット

05/14
2018

moba

水漉し磨きと落合陽一氏の価値

黄色に白い水漉し(みずこし)が美しい!?
そしてトイレ掃除は私たちに“清々しい”を届けてくれる。
400人も集うトイレ掃除に参加してきたのだが、
久々に水漉し磨き担当となった。
それもヤリガイのある水漉しと格闘することに。

スクレパー、マイナスドライバー、ヤスリ、
サウンドメッシュ、そしてカネヨン(洗剤)と
いろいろな道具を駆使して磨き上げるわけだが…
中学校のグランドにあるトイレとあって、
その水漉しをおおっている尿石もスゴいのだ。
もちろんそれに伴って匂いもスゴいわけだ。

鍵山相談役と雑誌の企画で対談された方の話なのだが…。
「私は自分を磨くためにかなり多くの本を読んでいるんですが、
鍵山さんのような偉い方と直接お話をさせていただくと、
1時間の面会で本を10冊読むくらいに相当するんです。
ところがトイレ掃除というのは1時間やるだけで、
偉い人の話を10回聴いた程、すなわち本を100冊読むくらいの
価値があるんです」と語っていたのだ。

この方は、鍵山相談役の本を読んだことで
若者たちにトイレ掃除をすすめておきながらも
自分ではなかなか実践に至らず、
ついに実践したことによる体験からその価値を発信しての話。

まぁ~そのくらいトイレ掃除の実践は
価値があるということなのだが、その中にあっても
鍾乳石のような尿石がこびりついた水漉し磨きは、
トイレ掃除の中でも特別な作業で
尿石と格闘していると
いつの間にか我を忘れて没頭してしまうのだ。

水漉しの写真を見ていかがだろうか。
1時間ほどの没頭磨きにより、尿石はきれいに剥がれ、
瀬戸物なればこその光沢が見えてくるではないか。
自分で磨くとこの水漉しが頬ずりしたくなるほど愛おしくもなるのだ。
(やってみないことには、分からないんだよねぇ~)

さて、先週はこの週末のトイレ掃除の数日前、
ビジ達でも何度かご紹介している落合陽一氏にも出会えた。
そう、ナマ落合陽一の初体験である。
(甲野さん、ありがとうございます)

40人ほどの集まりでの講演だったこともあり、
落合氏を身近に感じながら「計算機自然」の話を聴くことができた。
「情熱大陸」であり、書籍でこれからの時代の行方を発信している
若くビビッドなの落合氏がそこにいたのだ。
(けっこう感動!)

ということで先週は、ナマ落合氏との出会いで
10冊の本を読んだことに相当し、
そして徹底したトイレ掃除体験で100冊の価値となり、
計110冊の本を読んだのと同等の1週間だったということだ。
ふふふっ、世の中甘い!
落合さん、トイレの水漉しと並べてしまって、すみません!

moba

水漉しをごしごし…

moba02

水漉しの場所、わかりますか!?

中学校のトイレを綺麗に!

moba04FB

落合氏の講演にも行ってきたのだ!

ページTOPへ
シナジースペシャル

05/14
2018

synmain

上野が“UENO”へのシナジー

久しぶりに行く場所には、
何かしら変化があるものだが…
先日行った上野には大変驚かされた!

昨年、上野にオープンした“パルコヤ”。
みなさんもご存知であろうPARCOの系列店で、
コンセプトを変えたファッションビルだという。

ここには今風のファッション雑貨だけでなく、
“TOHOシネマズ上野”や、金沢発の人気店
“金沢まいもん寿司”、和の雰囲気漂う“スターバックス”
(こんなスタバができたとは…)など、
PARCOとはまた違う魅力を持つ店舗が並んでいた。
パルコヤはまさに、新しい上野を予感させるビルといっていいだろう!

さらに、上野御徒町界隈にあるアメ横にも変化が…。
私が足を運んだのは休日だったこともあり、
大勢の人であふれかえっていた。
「人が多いのはいつものことでは…?」と
思う方もいるかもしれない。

しかし、いつもと違うのは、集まっている人の国籍だ。
台湾や韓国、ヨーロッパなど、海外の方々が
おおよそ5割を占めていた!
並ぶお店も、ケバブや台湾風の屋台など
日本食以外が増えているような…!?

そんな中で、韓国発の“ポテトレーラ”という
人気ホットドッグ店を発見した。
新大久保でも人気のあるホットドッグ店で、
チーズドッグが日本の若者に人気だという。

そしてその隣のたこ焼き屋は、海外の人に大人気!
日本人にとっては慣れ親しんだ食べ物でも、
海外の人にとってはめずらしいのだろう。

さらに、常時10000種類の菓子を陳列している
“二木の菓子”にも多くのインバウンドの方々が訪れていた。
コンビニでは売っていないお菓子を目当てに、
まとめ買いをしていく人が多いという。

韓国風や無国籍があるかと思えば、
古きよき日本らしさも残している…。
その昔の上野を残しながらも、
新しい“UENO”へと様変わりしているのだ!
もう井沢八郎の唄っていた「あゝ上野駅」の
面影はないといっていいだろう。

上野が、“UENO”へ変わっていく。
ここには、新しい時代の相乗効果があるのではないだろうか…!?


キャプション
1.韓国発の人気店、“ポテトレーラ”!
2.木の内装により、漂う和の雰囲気
3.インバウンドの方々が溢れかえっている!

synmain

韓国発の人気店、“ポテトレーラ”!

syn02

木の内装により、漂う和の雰囲気

syn03

インバウンドの方々が溢れかえっている!

ページTOPへ
ページTOPへ