これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/17
2019

IMG_4997

プレゼン資料もノベルティも「6G」

げげっ、のっけの画面も5Gでなく「6G」。
どの画面にも「6G」が飛び交っているではないか。
私たちは、まずは5Gの現状であり、
その実質的メリットを確認したかったのだが…

そしてオール大学プログラムマネージャーのMr.Posioが話し始める。
「今日はワイヤレスコミュニケーションについて話すわけですが…」
といいながら、上手くパソコンと連動しないスクリーンのため、
何度もケーブルの接続を繰り返すのだ。

そして、Mr.はこんなことを…
「もちろんキャンパス内には5Gのネットワークは行き渡っています。
ところが、このように机上にはまだまだケーブルが存在してるんです。
いつの日かこれらケーブルが全てなくなる日を願ってます(笑)」

てなわけで、「6G」の研究はすでに始まっているようだが、
その実態は…
「5G」の実質的活用でありソリューションも
これからと言っていいだろう。

とはいえ、それぞれの技術開発とプラットフォームづくり、
そしてさまざまなソリューションとしっかり向き合っているのは確か。
この「6G」へも取り組む姿勢が
世界のさまざまな企業からの共同研究やソリューションのアプローチに
繋がっているのは間違いないだろう。

これらプロジェクトによる実質的経験が
今後の技術開発にも活かされることは間違いないだろう。

先日のビジ達で、
「5Gはまだ作業中で、6Gもすでに形状を取ってます」
というキャッチコピーからフィンランドの最先端技術の可能性を
発信したわけだが、実態もそれに近い状態だったということ。

だが「5G」による実質的ソリューションには
まだまだ時間はかかるようだ。
日本もそうだが、2020年がまさに“5G元年”というところだろう。

5G対応のデバイスの普及も必要だし、対応アプリも。
そこでその超高速大容量であり、多接続、低遅延を活かした
インフラの整備、Iotやロボットの開発が必要となってくるわけ。
やっぱりまだまだ時間はかかるわけだ。

ということは、これからの開発意欲と技術力の集約により、
そのイニシアチブはどの国の誰が握る分からないということ。
このICTの世界地図はどう描かれるのだろう⁈

mobamain

ICTの世界地図はどう描かれるのだろう

IMG_4997

プレゼン資料も6G

ページTOPへ
先取りビジネストレンド

06/17
2019

DSC06769

「Think GIobal ,Act Local」実践のとき!

エストニア、そしてフィンランドが、
なぜ電子国家とか、IT産業大国とか呼ばれ
ICT先進国として世界から注目を集めているのか⁈

エストニアは130万人。
そしてフィンランドでも550万人だという。
この数はエストニアの首都タリンの人口でも、
首都ヘルシンキの人口でもなく、
どちらも国のトータルの人口なのだ。
フィンランドでも日本の4.5%でしかないということ。

なのにICT先進国として、
世界から多くのイノベーターであり企業家たちが注目し、
その実態を観ようと訪問しているという。

その先進の技術はどこまで行っているのか⁈
どうしたらそこまでの技術集約ができたのか⁈
その技術は今後どう活かされるのか⁈

ほらほら、知りたくなったでしょう⁈
ということで、はるばる10数時間かけて訪問したわけで…

☆エストニアは行政サービスのなんと99%がオンラインで対処可能
☆電子IDカードは15歳から
☆会社づくりは18分あれば設立可能
(へぇ〜)
フィンランドのオウルは北欧のシリコンヴァレーと呼ばれるわけで
☆スタートアップを応援する体制も万全
☆IT関連企業が1,000社以上集積
☆次世代通信規格“5G”はもちろん“6G”にも取組を始めている
☆ヘルシンキではMaaSも実践
(うんうん、素晴らしいね。
詳しくは、今後の“ビジ達”に注目!)

確かにエストニアもフィンランドも
先新の取り組みをいろいろとしているわけだが…
どれも目に見えないモノだけに、
ICT先進国として“実感した”ところまでは至らなかったのだ。

まぁ、人口の少ない国だからこそ、
未来技術に能動的にチャレンジして
世界にその存在理由を発信しようとしている姿は
垣間見ることができた。

さて、1億人を超す人口を持つ日本は
今後、さまざまな技術やノウハウをどう集約し、
世界にどんなカタチで存在理由を発揮すればいいのか⁈

今こそ、地球規模で捉え“選択と集中?”により、
「日本」を発信していかなければ!
まさに“Think GIobal ,Act Local”実践のとき。

keymain

エストニアやフィンランドがなぜIT産業大国と呼ばれているのか!?

key2

“Think GIobal ,Act Local”実践のとき

DSC06769

IDカードは子供のときから!

ページTOPへ
シナジースペシャル

06/17
2019

syn0617

“0~1”の実践者たち

木村秋則氏といえば、完全無農薬の
“奇跡のリンゴ”で知られる農業の偉大な先駆者だ。
1978年にリンゴの無農薬栽培を志したものの、
失敗に次ぐ失敗で、やっと花をつけるようになったのが8年目。

販売できるようなリンゴになるまではさらに遠く、
10年以上無収入が続いたという。
そんな彼の著作『リンゴの花が咲いたあと』
を読んでいて、実感したことが1つ。
それは、「“0~1”を成し遂げた人は、
そのあと社会のために貢献する」ということだ。

常識破りの無農薬リンゴという“0~1”を
成功させた木村さんは、
そのあと少年院でのトマト栽培指導に携わることになる。

当初少年院にいる子どもたちは、文句ばかり言っていたという。
「なんでこんなことしなきゃならないんだ」と。
しかし、木村氏は
「農薬・肥料に頼らないトマトの持っている力を信じて、
何も与えず育てなさい」と言い続けた。

次第に子どもたちはトマトの生育を熱心に観察し、
自分のトマトの出来栄えを競争するようになっていく。

買ってきたトマトはすぐ食べても、
自分で愛情を注いで育てたトマトはもったいなくて食べられない。
こうして“育てる喜び”を知ると、
自然と親の愛情も痛みも分かるようになるのだそうだ。
すねていた子どもたちの口から自然と
「お父さん、お母さん、ごめんなさい」
という言葉が出てくる…。

著作の中では、少年院を出た少年少女が夫婦になり、
立派にやっていく姿も描かれている。
全ては木村さんの農業を通した指導の賜物。
こうした社会貢献は、損得勘定でできるものではないだろう。
一切を越えた人の“悟り”によって実現していると言ってもいい。
リンゴの無農薬栽培という、
とてつもない“0~1”を成し遂げたからこその悟りだ。

考えてみれば、ユーグレナ社の出雲社長、
TBMの山崎社長、そして鍵山秀三郎相談役も、
皆偉大なる”0~1”の実践者にして、
多くの人に影響を与える社会貢献家。

残念ながら悟りとは遠いところにいる私だが、
自分なりに学んだ石田梅岩によれば、
こうした悟りは“見性悟道”という仏教の言葉で表される。
悟りを開き、道理を会得すること。
そのためにはきっと、誰もが挑戦さえ
諦めてしまう“0~1”の実践が必要なのだ。

syn0617

0~1の実践者たち!

ページTOPへ
ページTOPへ