これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/28
2017

moba (1)

石坂社長VS奥田シェフの初顔合わせ

大相撲でも初顔合わせは、ドキドキワクワクするわけだが…
あの石坂典子社長と奥田シェフという
実績ある同士の初顔合わせは、
果たしてどんな展開となったのか!?

お二人ともそれなりの実績があってからの顔合わせだけに、
どちらが先にまわしを取るかが気になったのだが、
そこは、行司役のMr.セイージの役割でもあって
まずは、いい立ち合いを優先することに。

実は、何度かこれまでにも接点はあったようなのだが、
しっかり土俵に上がっての顔合わせは初めてだという。

行司のMr.セイージだけはそっぽを向いてるようだが…
とにかく、お二人はいい笑顔での立ち合いである。

そして、会って早々に“里山と生きる協会”の
第二回のイベント開催日を2018年5月18日(金)に決めたのだ。
そう、まずは多忙な人たちの優先順位は、
互いにワザを出す前の日程調整からということ。

もちろん、目的があっての初顔合わせであり、
お二人の共通点も『里山を活かす』という
キーワードがあってのもの。
埼玉県の三芳町(所沢市の近く)にある
石坂産業で開催される“里山サミット”ということもあり、
この石坂産業を取り巻く里山を活かしての
イベントとしたいということ。

だから、互いにまわしも取らないうちに、
どんどん話は進み、里山の産物を活かした
料理フェスティバル的イベントに決定した。

さすが、実績と良識のあるお二人の取り組みは、
とにかくワザのスピードが早い。
石坂社長は年内に山形庄内のアル・ケッチァーノでの
食事も約束していたのだ。
(そのとき、行司のMr.セイージは土俵の外に置かれていたようだ)

それはともかく、奥田シェフもまわしも取らず
5月18日のイベントの料理をコースメニューまで決めていたのだ。
スゴ~い!
これには、石坂社長もMr.セイージもビックリ。

ということで、2018年5月18日開催の
“里山と生きる協会”イベントの
ドキドキワクワクが伝わっただろうか。

全国からさまざまな里山を活かした
まちづくり事例も集まってくるのだが、
里山の可能性が解る“里山の食の底力”を
体験できる『里山フェス』となることだろう。

是非、いまから来年5月18日(金)の
スケジュールを押さえておいて欲しい。
この初顔合わせは、“里山と活きる協会”の未来を創る
取り組みになったことは間違いない。

えっ、このイベントにあとどんな人たちが登壇するかって…
それは、これからのお楽しみ!

ところで、この初顔合わせどっちが勝ったって!?
あれ! どっちが勝ったんだったか。
行司のMr.セイージは、途中から土俵の外にいたしねぇ~

moba (1)

行司のMr.セイージはそっぽ向いている

moba (3)

石坂社長

moba (2)

奥田シェフ

moba (4)

どんどん進むイベントの話

ページTOPへ