これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/16
2018

mobamain

鯉のぼりより“恋のぼり”

300を超す鯉のぼりが東京の空にも。
青い空をバックに、これだけ多くの鯉が空に舞う姿は圧巻。
こりゃ、思わずパシャリとしたくなる。
日本ならではの5月の端午の節句に向けたイベントなわけだが…。
思い返せば、いろんな写真展で川の上を
すごい数の鯉のぼりが泳ぐ写真は何度も見た記憶が…。

ちょっと調べてみても、群馬県の館林では
世界一の数5000匹を超える鯉のぼりが…。
熊本県阿蘇の杖立温泉、高知県の四万十川、
石川県金沢の浅野川、神奈川県相模川でも…
鯉のぼりが泳いでいるという。
まさに日本中、いたるところでこの季節、
とんでもない数の鯉のぼりが泳いでいるのだ。

江戸時代の武家から始まったという端午の節句のイベントが、
いまやインスタ映えのスポットとして注目されているということ。
何か、日本らしい文化のひとつともいえるような…

この風に舞う鯉の姿を見ていて私の頭に浮かんだのは、
鯉は“こい”でも“恋のぼり”。
男児の出世と健康を願ってのイベントだったわけだが、
私たちの恋愛はどこにのぼって行くのか?
すなわち“男爺(だんじい)”の仕事と恋の行方ってこと。

検索すると、えっ、“恋のぼり占い”があった。
そして、いくつかの問いに答えると…
私のタイプは「雲まで届く恋のぼりタイプ」と出た。
(すごい、雲まで届く…だって!)

「これまで低迷していたあなたの恋愛が
ゴールデンウィークにうんと発展しそうです。
ポイントは、好きな相手と“一緒に何かにチャレンジする”ってこと…」
(なるほど)

やっぱり、まだまだ私の恋愛運ものぼっているってことだ。
まさに“恋のぼり占い”。
(あなたもあやかりたいなら“恋のぼり占い”で検索!)

ここの数百匹の鯉のぼりもそうだが、
風さえ吹いてくれれば、“恋”はいろいろなところで泳ぎ出すってこと。

私たちビジネスマンにとっても、風はかなり重要。
そう、時代の風といえば“時流”ってことで、
時流をとらえてチャレンジすると、
ビジネスも恋愛もいい方向に向かうってこと。

中島流では“Grab the Flow, Go with the Flow”
「流れをつかめ、そして流れに乗れ!」ってこと。
今日は、鯉のぼりから恋のぼりへ。
そして、風から時流へ…ちょっとムリがあったかもしれないが、
堅いことはいわないで、
ビジネスの時流を知りたい方はこちらへ…

http://bt.q-b.co.jp/trendcheck/#/home

mobamain

屋根より高い鯉のぼり…

moba2

多くの鯉が空に舞う姿は圧巻!

moba4(FBでは使わない)

流れをつかめ、そして流れに乗れ!

ページTOPへ