これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

05/28
2018

mobamain

大棟耕介のディファクト・スタンダード

“クラウン(道化師)”を仕事にしてやっていきたい。
ホスピタル・クラウンとして、
長期入院の子どもたちに笑顔を届けたい。
大棟耕介氏はとにかくチャレンジャー。

「よいと思ったことや、このことは間違っていないと確信したことは、
自分が率先して始めるべきです。
ディファクト・スタンダード(事実上の標準)という言葉があります。
自分が率先して正しい規範を作り、それを示し行えば、
真っ先に規範を作り示した人が一番強いという意味です。」

これは鍵山秀三郎相談役の「1日1話」からの引用なのだが、
相談役自信がカー用品会社を創業したときも、
徹底した掃除を始めたときも、
自分を信じて規範づくりを実践してきたということ。

「クラウンK」こと大棟耕介氏も大手鉄道会社を退職し、
仕事として成立するかどうかわからない
クラウンを仕事としてスタートした。
そして、クラウンを養成し、様々なイベントに派遣することで
事業展開していこうと…

あるとき、クラウンドクターのパッチ・アダムスに出会い、
ホスピタル・クラウンの存在を知り、
日本でも子ども達が入院する病院訪問を始めることに。
今では、日本ホスピタル協会を立ち上げ、
全国100近くの病院を定期的に訪問しているという。

そして、東日本大震災以降、被災地でもサーカス用のテントを張り、
ボランティアとして定期的に訪問しクラウン活動を活かして
活躍しているのだ。

先日、大棟氏が立ち上げた会社「プレジャー企画」が
ついに20周年を迎えた。
(私も名古屋の名鉄ホテルに駆けつけたわけだが…)
行く先の見えない状態でスタートしたクラウンの会社が、
ボランティアも多くやりながらも20年間継続してこれたのだ。
(すばらしい!)

この記念イベントに参加した多くの経営者たちが、
口をそろえて「こんな会社こそ、協力、応援するべきだ」と。
まさに、その通り!
社会に、そして多くの人に、かけがえのない役割を
担ってくれる会社が継続できなくては、
その先の未来に期待はできない。

このところ私は、“Fine Choiceの実践”が大切と
度々語っているわけだが、
まさに、私たちがどの会社に依頼するか、
どの店から買うかを“Fine Choice”しようということなのだ。
日本初のチャレンジをくり返し、
クラウン事業をここまで継続してきた大棟耕介氏率いる
プレジャー企画を、みんなで応援しよう。

大棟氏がつくりあげてきたディファクト・スタンダードを
より確かなスタンダードに!

イベントには、クラウンを呼ぼう、似顔絵師を呼ぼう。
そのイベントが笑顔でいっぱいになること間違い無し。
そして、ホスピタル・クラウン協会も応援しよう。

詳しくは…こちら!
http://www.hospital-clown.jp/

mobamain

祝「プレジャー企画」20周年!

IMG_4047

大棟氏はとにかくチャレンジャー

ビジ達画像_テンプレート

大棟氏と記念写真!

IMG_4124

イベントにはクラウンを、似顔絵師を呼ぼう!

ページTOPへ