これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/26
2021

moba

犬も歩けば、棒に当たる 挑み続ける者には、セレンディピティ!!

“挑み続ける者には、セレンディピティ”
こんなフレーズを創ってみた。
“セレンディピティ”はこのビジ達では何度か出させてもらっているが…

課題意識を持つことで情報感度が高まり、
思わぬタイミングでよいアイデアを思いつくということ。

先日の大里綜合管理の第47回経営計画発表会からのセレンディピティ!!

大里綜合管理の経営計画発表会に出席

その経営計画発表を聴いていて
思い至った発想が、“新・パラレルワークの時代”

その大里綜合管理流の“新・パラレルワーク”を挨拶コメントで紹介

そこに参加していた日本生産性本部の加藤八十司ディレクターから
お手紙が…

加藤氏は大里の野老会長はもちろん、石坂産業の石坂社長も
よくご存知だったことから、日本生産性本部加藤氏を訪ねることに

結果、CDゲスト出演とゲスト紹介をお願いさせていただいた

いかがだろうか。
この発表会に参加させてもらったことで、
素晴らしい出会いもあり、どんどんその先の筋書きが描かれて行くのだ。

この“新・パラレルワーク”というキーワードに出会ったことで、
聖徳学園高等学校での“SDGs”の講演会にもつながっている。

そして、今週のビジ達「新・パラレルワークの実践とSDGsの関係」にも
なっているわけ。

ビジネスにおける“真善美”を追求していると“正の連鎖”が起こる。
まさに、“犬も歩けば棒に当たる”
“挑み続ける者には、セレンディピティ”なのだ。

そう、歴史に名を残す発見をした科学者たちの多くは
本来の研究課題ではなく、その途上で巡り合った偶然、
すなわち“セレンディピティ”によって大きな発見の糸口をつかんでいる。

そろそろ、私も“セレンディピティ”によって、
大きな発見をする頃だろうか!?
ふっふっふっ…

“挑み続ける者には、セレンディピティ”

moba2

大里綜合管理の第47回経営計画発表会

ページTOPへ