これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

12/13
2021

ara_1213-1

カワセミが“ここ東京が奏でる夢ワイン”を語る

ついに“カワセミのハーモニー”というワインが仕上がった。
これは、私もお世話になっている“ヴィンヤード多摩”の
新しいワイン。
今回、このブレンドワインのネーミング含めラベルのデザインを
お手伝いさせていただいた。

写真をご覧いただきたい。
美しいラベルに仕上がったでしょう・・・!
今回、“ヴィンヤード多摩”が造る3種類のブレンドワインの名前を
“カワセミのハーモニー”として、
ラベルには、“野鳥の中の宝石”と言われている
美しいカワセミをアイコンとして取り入れてみた。

今回作った3種類は、長野・山梨・栃木・そして東京でできたブドウとの
ブレンドなので、“ハーモニー”と名付けた。
本当は、東京のワイナリーが作ったワインなので、
“東京ハーモニー”としたかったのだが、
“原産地呼称”の規定(原産地産の比率の割合が決められていて
一定程度ないと地名は商品名につけられないとのこと)
により使用不可となった。

そこで、以前“多磨霊園”のポスターを作らせてもらった時
ビジュアルにカワセミを使ったことを思い出した。
“ヴィンヤード多摩”のブドウ畑と醸造所は多摩川に近い。
東京湾にそそぐ多摩川も、
多摩地区のあたりは清流と小魚が多いこともあり
カワセミが喜び集まる環境。
そこから生まれた“カワセミ”のイメージなのだ。

東京と名前は入れてはいないが、“カワセミ”を用い、
ワインづくりに相応しい清々しい風土イメージを
演出したというわけ。

その代わり、タグラインには、
“ここ東京が奏でる夢ワイン”とラベルに入れさせてもらった。

この3種類のワインを作るにあたり、
“多摩自慢”の石川酒造の石川彌八郎社長
ワインインポーターであるミリオン商事の本間社長
ヴィンヤード多摩の経営者二人と私の
総勢5人でブレンドワインのテイストづくりをした。
テースティングには自信がある人たち5人が
作ったワインなのだ。
味には自信があるワインに仕上がった。

企業が継続的に活躍するのには、ブランディングが重要。
特にBto Cのビジネスには、どうブランディング
していくかにかかってくる。
人の記憶は、名前よりも、“見た目の記憶に残る何か”なので、
カワセミのビジュアルがキーとなり、
皆さんに覚えてもらえ、リピーターとなってくれることだろう。
ということで、今後、“ヴィンヤード多摩”が
作るワインには、なるべくカワセミを入れることに
なった。

“ヴィンヤード多摩”のブランディングに
野鳥の中の宝石、カワセミが活躍してくれることだろう。
今後のカワセミの活躍にこうご期待!

ara_1213-2

ラベルにはカワセミをアイコンに

ara_1213-3

3種類のブレンドワインが奏でるハーモニーを是非!

ページTOPへ
先取りビジネストレンド

12/13
2021

tre_1213

リーダーズセミナー“V&T プレゼンテーションセミナー”から “令和ビジネスの実践”が見えてきた!

12月3日、2021年リーダーズセミナーの
フィナーレ “V&T プレゼンテーション”が開催された。
18名ものリーダーの皆さんが、
素晴らしいプレゼンテーションをしてくれ、
参加してくれたそれぞれの会社の経営者の皆さんからも
非常によかったと言ってもらえた。

リーダーズセミナーに参加したリーダーの皆さんは、
学んだことを活かし自社でどのようなビジョンを描き
実践していくかを社長の前でプレゼンテーションをする。
セミナー参加者はもちろん、
送り出してくれた各企業の経営者も
自社のリーダーのプレゼンだけではなく、
全ての参加者のプレゼンを聞くのが“V&T プレゼンテーション”。

経営者の皆さんにご満足してもらえた理由は・・・、
18名(実際は19名)もの参加者がいるおかげで、
現在の社会課題やビジネス課題が集約されていて、
その課題解決方法までもが。プレゼンの中に
提示されていたからに他ならない。

最近のビジ達でも触れ、繰り返しになるが、
業種業態、立場、世代(27才から50代前半)の異なるリーダー達が
課題提示と課題解決のプレゼンテーションをするのだから
聞いている側も学ぶ部分が多かったということ。

どのような具体的な提案があったかというと、
・企業内起業の提案
・自社のその立場での課題解決
・DXの実践
・新たなビジネスへのチャレンジ

これら提案するにあたり、網羅されていたことは、
・コロナ禍を経験してのアプローチ
・DXの実践のための具体的行動
・ビジネスの世代交代
→ミレニアル世代Z世代への世代交替をどうしていくか
・SDGs実践のための取り組み ・・・など。

すなわち、今の企業課題・ビジネス課題・社会課題を取り込み、
それらを包括したそれぞれの立場での
プレゼンテーションだったのだ。
だからこそ、このプレゼンの場にいただけで勉強になり
よかったと言ってもらえたわけだ。

今回は特に質があがったと感じた。
時代の変化をセミナーを通してしっかり捉えてくれ、
ディスカッションでメンバーの意見を聴き入れ、
考察を重ねた結果だろう。

経営者にとっても、他社のリーダーのプレゼンを聞き
課題解決策やビジネスの取り組み方として
どう実践していくかまで聴けたのだから、
参加した意義があったということ。

今回の“V&T プレゼンテーション”により
“令和ビジネス”を実践する取り組み方が見えてきたという。

これにより次回も多くの経営者が社員をリーダーズセミナーに
送り出してくれるだろう。
これは、私にとってうれしいもくろみ。。。

tre_1213-1

“V&T プレゼンテーション”の様子

tre_1213-2

リーダーズセミナーの多様なメンバー

ページTOPへ
ページTOPへ