これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

08/08
2022

IMG_5585

辻村深月の『ツナグ』で“石田梅岩”に会いたい!?

“石門心学・実践講座”はこの8月でお陰様で112回目を迎える。
毎月開催しているのでもう10年目ということ。
(素晴らしい!)
その学び方は、“石門心学”であり石田梅岩を研究し学ぶだけでなく、
その価値観をどう日々のビジネスや日常に実践するか⁈
というところがポイント。

ご存知だと思うが、江戸時代の中期に活躍したのが石田梅岩。
もうすぐ300年経とうとしているわけだが、
実は石田梅岩の教えを学ぶ“石門心学”の流れが
未だに日本中に多く残っているという。
(参加メンバーの中に、全国各地の石門心学に関わる勉強会を
調査研究してる人がいるのだ→清水さんありがとうございます)

300年経っても陳腐化しない価値観であり考え方を
あの江戸時代にすでに梅岩は発信していたということだ。

→“石門心学・実践講座”に興味のある方はこちらから
https://bt.q-b.co.jp/wp-content/themes/qb/pdf/sekimon2022.pdf

さてそこで…
辻村深月氏の小説『ツナグ 』はご存じだろうか。
“死んだ人間と、生きている人間を会わせる窓口”これが“使者=ツナグ”だという。

2011年に吉川英治文学新人賞も受賞し、
2012年には映画化もされ、主演は松坂桃李で、樹木希林も登場していた。
なぜか映画館でしっかり観た記憶が…
人と人の物語がいくつか盛り込まれているオムニバス構成だが、
これを観て結構感動涙した記憶がある。

その続編ともいえる小説『ツナグ 想い人の心得』が出版され、手にしているわけだが
今回は一作目とは少し趣の違う“歴史上の人物に会える”といった
とても興味深いテーマの物語が折り込まれている。

登場人物は元学校の校長先生でもあった80代のおじさん。
地元の英雄として伝わる、戦国時代の上川岳満(かみかわがくまん)
という人物(架空の人物)に惚れ込み、徹底的に調べるが、
どうしても腑に落ちないところが…。
そして、ツナグを知るところとなり、
この謎を本人から直接聞きけるチャンスをもらえることに…。
ここからは『ツナグ 想い人の心得』を読んで欲しい。

さて、この物語を読み始めた途端に、私は“石田梅岩”を思い出した。

私たち“石門心学・実践講座”で学ぶ人たちは、
経営者が多いこともあり、石田梅岩がこの時代に生きていたら
どう考え、どう対処するだろう⁈ がたびたび出てくる常套句。

ということもあり、もし“ツナグ”があるのなら
梅岩本人に聞いてみたいことは山ほどあるのだ。

1.梅岩先生にとっての“悟り”とは?
→“性理”とはどのような考え方?
→悟ったことで何がどう変わったのか

2.なぜ江戸中期にあって『都鄙問答』『倹約斉家論』の冊子印刷に行き着いたのか?

3.ある時期以外は、女性に対して興味を持たなくなったと言われていますが、
何か原因があったのか…真意の程は?

4.梅岩先生の活躍の頃から約300年経ち、
これほど社会構造も変わり近代化したのに
未だに“石門心学”であり、梅岩先生から多くの影響を受け、
学ぶ人たちがいることについて。
etc.聞きたいことは山ほどある。

辻村深月先生、物語の中でもいいので“石田梅岩”を
登場させてもらえませんか⁈

どんな石田梅岩になるかとっても楽しみ!


image0

『ツナグ 』の続編とも言える『ツナグ 想い人の心得』

ページTOPへ
目からウロコのおすすめ本

08/08
2022

IMG_5315

『日本の未来戦略 JAPAN TRANSFORMATION』 “アントレプレナーの力で日本を変えよう” 新経済連盟著

この本は楽天グループの三木谷浩氏(代表)が率いる
新経済連盟(新経連)10周年の節目に、
“自分たちの存在を発信していこう”
との思いで出版されたという。
今、大手本屋に行くと、この本がところ狭しと平積みされている。

“日本を変えていこう! 自分たちの力で!”
この言葉に三木谷氏の思いが集約されている。

この本のプロローグには、
「島国ニッポンで暮らす私たち日本人は、
保守的で変化を好まない国民と言われてきた。
それは良い面で発揮される場合もあるだろう。
しかし、この激動の時代に、アントレプレナーとして抱く感情は、
歯がゆさと悔しさ、焦燥ばかりである。

半導体や自動車を輸出して世界で稼げる時代はとうに過ぎた。
インターネットの出現により国境は実際になくなったも同然で、
世界がシームレスに融合する時代において、
“日本で通用すればいい”という内向きの精神では
生き残れるはずもない。
薄々気づいているはずなのに変わろうとしない。
“お上がなんとかしてくれるだろう”と悠長にかまえている。

あと5年か10年やり過ごせばいいゲームなら、
それでもいいかもしれない。
もちろんそんなはずはなく、
日本の未来が明るいものであってほしいと私は切に願っている。
だから待つことはできない」と。

結果として
「私たちはかつてないほどの緊急性をもち、
“自ら変わる力”が問われていることを自覚せねばならない」
と結んでいる。

その通りなのだ。
世界がかくも動いているときに、
「今動かないで、いつ動くの?!」ということ。

三木谷氏の発信に共鳴!!
我田引水だが、以前からビジ達でも
“令和トランスフォーメーション”と発信し、
これからのビジネスを研究する
【2030 Business LABO】を提案している。
この8月スタートで毎月開催予定。
詳しい内容はこちら
https://labo.q-b.co.jp/
参加希望の方はこちら↓までお問い合わせください。
https://labo.q-b.co.jp/?page=business-labo

話は、おススメ本に戻るが…、
Part 1では、「逆襲のために日本社会の“前提”を替えよう」は
三木谷氏と副代表のサイバーエージェント、藤田晋氏との対談。

Part 2の「DX化で行政もエフェクティブな組織に変われる!」は
幹事のサントリーホールディングス社長、新波剛史氏と
東京都副知事の宮坂学氏の対談。

Part 4の「“カッコいい日本”をブランディングしよう」は
三木谷氏、理事の井上高志氏、そして星野リゾートの星野佳路氏の鼎談。

いかがだろうか。
経団連や経済同友会などの
古い体質ではどうにもならないとして発足したのが“新経済連盟”。
今の世界のビジネスに対応できる
日本のビジネスをつくろう! という
意気込みを感じることができるおススメ本だ。

IMG_5316

新経済連盟(新経連)10周年の節目

ページTOPへ
シナジースペシャル

08/01
2022

syn_0801

“土に還るオムツ”で、リジェネラティブを実践!

先日のNBCのオンラインセミナーにドイツから登場した
日本人美人女性経営者が開発したのは
“DYCLE(ダイクル)”という“土に還るおむつシステム”。
ドイツ国内ではすでに提供を始めているという。
この“土に還るおむつシステム”を彼女は
“リジェネラティブ・ビジネス”と呼んでいた。

“リジェネラティブ(リジェネレーション)”とは、
“再生的”“繰り返し生み出す”といった意味だが、
気候変動やサステナビリティに意識を向ける人々の間では、
地球規模の社会課題を解決するための新しい概念として
注目されている。

その女性経営者が言うには、
“それほど問題とならぬよう維持するためにしましょう”というのが
SDGsやサステナブルの概念。
翻り、“リジェネラティブ“とは問題を深く掘り下げ、
解決するよう効果ある展開をしていくという。
“サステナブル以上”の優先的な概念として発信しているそうだ。

また“サーキュラーエコノミー”と言われる
“循環経済”の考え方とも違う。
廃棄物の発生を最小限化する経済システムを回していくのが
“サーキュラーエコノミー”とすると、
課題解決にまでつなげようとするのが、
“リジェネラティブ”だ。

さて、この“DYCLE”だが…
①まず、乳幼児の便が付着したおむつを回収バケツに投入する
②ここに、微生物が入っている炭の粉を一緒に混ぜ、
嫌気性発酵を促進させると同時に消臭もする
③バケツが満杯になったら保育園へ持って行く
④その後コンポスト会社に運ぶ
⑤すると、1年後には上質な堆肥が出来上がる
⑥大量にできた堆肥は、今度は素材として苗床を
育てる会社や有機農家に運ばれ、
果物やナッツの木を植える際に使われる

この堆肥を使い数年後にりんごの実がなると、
お茶やジャムなどの食品を作ることができる。
その地域のビジネスが育ち、果物の木を冬に
剪定する際には枝から炭を作ることも可能となる。

このように、芋づる式に複数の成果物が出来上がり、
複数の収入源が作られていく。
この理念は“システミック・デザイン”と呼ばれ、
“一つの生産活動で生まれた製品やエネルギー、
ゴミなどは全て次のシステムの素材になるべきだ”という考え方だ。
まさにDYCLEはこの理念が活かされている。

実は今回のビジ達で一緒に紹介した“石坂産業”。
しばらく前からこの“リジェネレーション”をテーマに
取り組んでいた。
ただリサイクル率を100%に近づけるだけでなく、
それらをアップサイクルへと展開することで、
より価値あるものとし、いい地域づくりや
社会構築に向け展開している。

私たちも未来のために、“リジェネラティブ”を
意識していきましょうね!

syn_0801

“DYCLE(ダイクル)”システム

ページTOPへ
選ばれるビジネス

08/01
2022

biji_0801

石坂典子流“しなやか経営”へ

~“しなやか経営デザイン研究所”を設立へ!?~
一時は存続すら危ぶまれていた石坂産業を再生し、
日本では無くてはならない存在につくりあげた
石坂産業の石坂典子社長がその実績とノウハウを生かし、
新たに“しなやか経営デザイン研究所”を設立した。
→これはビジ達流フェイクニュースだ!

というのも、先日のリーダーズセミナーで
石坂産業を訪問した際に、石坂社長との
トークセッションの時に私のアタマに浮かんだ発想。
石坂社長は、クリエイティビティやデザイン性も
非常に高く、哲学的であり、挑戦的かつ戦略的で
素晴らしい感性をもっているということを改めて感じた。

このノウハウや感性を、全国の中小企業に対して指南する
“しなやか経営デザイン研究所”を設立してほしいという
私の願望からの、フェイクニュースだ。

石坂典子社長は、約20年前に
代表権のない社長に就任したわけだが、
“父の想いの可視化”をテーマに
産業廃棄物処理の仕事をどう知ってもらい、
地域に安全安心の会社であることを発信できるか
ということに注力したそうだ。

この時期にはNHKやテレビ東京など
色々なテレビに出演し、能動的に発信した結果、
多くの人に興味を持ってもうことができたということだ。

また、経営者としても大胆にチャレンジして
素晴らしい成果をもたらしている。

例えば、15億円かけて造った、出来て間もない焼却炉を捨て、
40億円をかけて、焼却炉のない新しいプラントを設立。
さらに追加で2億円をかけて見学通路を設置し、
視察研修の受け入れを始めた。

今までの「産業廃棄物は見せられない業界」
というイメージを払しょくし“どう見せ、どう魅せていくか”
ということに力を注いだ。

他にも、雑木林の清掃整備をし、里山の再生に尽力した他、
森の整備や公園、神社の設置から、
レストランとして皆さんが集まれる場所として
“くぬぎの森交流プラザ”の開設など、
多くの人が興味をもち、集まってくれる施策を
いつも展開している。

そして現在は温泉を掘り、温泉施設の建設を計画しているが
ここにも戦略的なものがあると聞いている。

石坂社長の言う、“経営はデザインするもの”
という概念を実践しているわけだ。

どんどん変化する令和の時代では
人のモノの見方や、業界への見方の変化にも敏感になり
自分たちの存在理由も常にシフトしていかないといけないということ。

“しなやか”であるということが経営にとって
重要なキーワードになることは間違いないだろう。

biji_0801_2

石坂産業でのトークセッションの様子

ページTOPへ
ページTOPへ