これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

05/07
2024

key_0507_1

令和のビジネスは、急加速する。 だからバックキャスティング思考!?

令和のビジネスは、とにかくその変化が早い。
働き方も変化するが、さまざまなビジネスモデル自体も変化する。
私たちはどうすれば、この変化のスピードに対応できるのか?!

古代ギリシャの自然哲学者であるヘラクレイトスの名言で有名なのが、
“There is nothing permanent except change”
“変化以外に永続的なものはない”
分かりやすく言えば、“万物は流転する”ということ。

「ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたるためしなし…」

これは、1212年に記された鴨長明の『方丈記』冒頭のお話し。
(当然、知っている人も多いと思うわけだが…)
そして先のヘラクレイトスは、紀元前のソクラテス以前の哲学者。
まぁ鴨長明がヘラクレイトスのこの言葉を知っていて『方丈記』の
冒頭をつくったとは思えないが、
とにかく、古今東西の感性持った人々は、私たちの人間社会はもちろん
自然も含め、この世のものは常に変化していること、
“無常”であることに気づいていたということ。

私たち原生人類ホモ・サピエンス出現の25〜40万年前から
私たちはず〜っと変化し続けてきたわけだが、
ヘラクレイトスの頃の紀元前5世紀ごろからその変化のスピードが
少しずつ上がり始め(…??)、18世紀の産業革命により
そのスピードは次なる段階に入ったということ。
そしてこの21世紀に入った頃から始まった第四次産業革命であり、
パンデミック体験の2020年以降は、
間違いなくもう一つ上のスピードギアに入ったと言っていいだろう。
これを“超流転”の時代と言ってもいいのかもしれない。

【すべてが加速する今だから、バックキャスティング思考】

私は「すべてが加速する時代のビジネス」という表現を
度々するわけだが、この加速度を伴っての変化への対応は
とにかく難しく大変であることは間違いない。
多くの人たちは、メディア情報や業界の動きを見て始動するわけだから、
後手にまわるケースがほとんど。
すなわち、現在の延長線上で未来を予測する
“フォアキャスティング思考”ではこのスピードに対応できないのが実際。

すなわち、令和のビジネスは“急加速”するということで、
私が提案するのは“未来ビジネスの先取り”であり、
“バックキャスティング思考”を推薦する。
目標とする自分たちの“未来の姿”を描き、
そこに向かって“いま何をすべきなのか”を考える思考法のこと。

このビジ達でも、少し前に“バックキャスティング思考”を
紹介したことがあったと記憶しているが…
私たちの未来ビジョンを描き、
そのビジョンに到達するための道筋を逆算する展開。
具体的には、まず未来の理想像を明確にし、次にその理想像が
実現されるときには、どのような状況や条件が必要かを考える。
そして、その条件を実現するためには、
いま何をすべきかを検討し、行動計画を策定するという流れ。

ご理解いただけただろうか。
急加速する令和のビジネスに対応して、その存在をキープするには
我々中小企業は、“バックキャスティング思考”しかないのかもしれない。

key_0507_1

未来を先取りする考えを持とう

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

04/15
2024

key_0415_1

勝ち馬に乗れ! So Good!ビアンキに乗れ!

「勝ち馬に乗る」ということわざがある。
勝負事などにおいて勝利した側、あるいは勝利しそうな側に付いて
勝利に便乗することを意味する。

月1回土曜日のMBセミナー終了後、桜満開で天気もよく、
気分よくロードバイク・ビアンキ(Bianchi)をこいで
いつもの厩橋(うまやばし)駐輪場に向かっていたわけだが…
“あーこの機会にBianchiの修理をしよう!”と思いたった。
しばらく前からブレーキが壊れ、修理のタイミングを伺っていたのだ。
この日の午後は風もなくサイクリング日和だし、
このBianchiを購入した“市ヶ谷サイクルポート”へと向かうことに。

市ヶ谷サイクルポートにピットインして、近くのファミレスでお仕事。
そろそろかと戻ってみると、ブレーキ関連も新しくなり調整され
そして綺麗に磨かれ、10年選手とは思えないほどのBianchiに!
これが一つ目のSo Good!

ここから“勝ち馬ビアンキに乗れ物語”が始まるのだ。

◆So Good!(その2)→スーパー“オオゼキ”発見
ということで次の日(日曜日)の東中野の整骨院へもBianchiで乗り込むことに。
(やっぱり6〜7キロはあるけどねえ〜)
その途上、高田馬場駅近くの早稲田通りにスーパー“オオゼキ”を発見!
実はその昔からスーパー“オオゼキ”のファンなのだ!
(えっ、4月10日はポイント10倍だって!耳より情報)

◆So Good!(その3)→整骨院で仲間の経営者と遭遇
整骨院終了時間に、たまたま予約していた仲間の経営者“ゴービン”と遭遇。
整骨院フロントでセブンのコーヒーを飲みながらお話し。
(あーこの整骨院、このゴービンが紹介してくれたんだった)

◆So Good!(その4)→桜花賞含め2レース的中
その帰路、Bianchiでセブンイレブンに寄って
今日の“桜花賞”予想のためサンスポ購入。
たまたまその競馬欄の隅の“福永祐一厩舎の出馬レポート”を発見。
今日のメインレースは11レースでG1桜花賞だが、
騎手として活躍した福永祐一氏が展開する福永厩舎応援もあり

10レースから馬券購入することに。(もちろん福永厩舎の馬を中心に!)
なんとこの10レースの単複、連勝、そしてメイン11レース桜花賞も
優勝馬ステレンボッシュの単複、連勝と勝たせてもらった!
So So Good!

このメインレースの時は、大手町の丸善本店で
本を物色しながらのradiko視聴だったこともあり、
思わず書籍を手に「そのまま!」と声を出してしまった。

(ステレンボッシュの単勝は4.3倍もついていたのだ)
周りの本を手にしていた人も、私の“そのまま”に手を止めていたかも?!
ワイヤレスイヤホンは、自分の世界に入っちゃうからねぇ〜。

それにしても、愛車Bianchiの修理が、
こんなにSo Good!を呼び込んでくれるとは。
まさに“勝ち馬に乗れ!”だね。

key_0415_2

愛車Bianchi

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

04/01
2024

IMG_3210

AIの実装が拡大する中、 次は“量子コンピュータ”がやってくる?!

先日『量子コンピュータまるわかり』なる本を思い切って買ってきた。
(間瀬英之、身野良寛著)
私が“量子コンピュータ”を知り、人前で口にしたのは多分2019年ごろ。
落合陽一氏の『日本再興戦略 』(NewsPicks Book)の中で、
2024年には“量子コンピュータ”の発展期が始まると書かれていた。

すでにコンピュータは存在するのに、
なぜ“量子コンピュータ”が期待されるのか?
そのコンピュータはこれまでのコンピュータと何がどれほど違うのか?
と思っていたわけだが…
そしてそれからパンデミックを挟んで5年、
ついに落合氏の語る2024年の“発展期”の年となったのだ。

ということで、『量子コンピュータまるわかり』を手に取り
ついに私も多くの人たちが期待する“量子コンピュータ”について
語る日が来たかとワクワクしたのだが…
“はじめに”を読んでも、よく分からないし興味もそそられない。
そしていつの間にか次の行を読む勢いが薄れるのだ。
それほど分かり難いのが“量子コンピュータ”。

その“はじめに”に書かれていた
Microsoftの共同創業者ビル・ゲイツ氏の言葉。
「量子コンピュータはマイクロソフトがスライドで発表したことだが、
私は本当に理解できない。
私は物理や数学については、かなりの知識を持っている。
だが、スライドの内容はまるで象形文字。
それが量子コンピュータだ」

まぁ、私と同程度?!
とはいえ、私はその“量子コンピュータ”の現状と可能性だけでも
発信したいと振り絞って書き発信するのだが…

【過剰なまでに注目されている“量子コンピュータ”の本当の姿と未来像】

スーパーコンピュータを使っても膨大な時間のかかる計算を、
はるかに短い時間で行うことができるのではないか?
と期待されているのがこの“量子コンピュータ”。
“量子コンピュータ”は、物質を構成する原子や電子などの仲間の
“量子”の持つ性質を利用して情報処理を行うコンピュータ。
(この辺は理解できるのだが…)

量子の運動は“量子力学”に支配されており、
量子の世界においては「量子重ね合わせ」という摩訶不思議な現象が発現する。
(この量子の摩訶不思議な…“重ね合わせ”が全然分からない??)
この0と1の“重ね合わせ”状態を用いて“並列計算”を行うコンピュータが
“量子コンピュータ”だという。
(まぁ“並列計算”も分からないし…)

現在、この“量子コンピュータ”に対して世界中の政府や産業界から
大きな期待が寄せられているのだが、
残念ながら“量子コンピュータ”を用いることで、
スーパーコンピュータなどの“古典コンピュータ”よりも高速に
計算できるテーマであり問題は限られているという。
(今のところは、万能なコンピュータではないということ)
また、“量子コンピュータ”の社会実装までには
最低でも20〜30年の長い時間が必要だという。

すなわち…
「“量子コンピュータ”は、スーパーコンピュータにいずれ置き換えられる」
のではなく、将来的に“量子コンピュータ”は、スーパーコンピュータが
苦手で“量子コンピュータ”が得意とする数学的問題を
高速化する手段として使われるようになるだろうと。
ということは、スーパーコンピュータと“量子コンピュータ”は
仲良く共存し、私たちの生活を支えてくれる存在になっていくはず。

そして量子コンピュータは、以下のような大きな課題を2つも抱えている。

◆ スーパーコンピュータの能力を超える「量子ビット」数の達成が必要
→量子ビットの集積度と品質を向上させる技術に加えて
“量子エラー訂正技術の確立”も必要

◆“超伝導量子コンピュータ”を動作させるためには“熱流入問題”の解決
→ビット数の増大に伴い極低温環境を実現する冷凍機が必要
(低温環境が容易な宇宙で稼働させる?!イーロンマスクがニヤッとする)

乗り越えるべき課題はたくさんあるようだ。
ただ、さまざまな技術が指数関数的に進歩している現代は、
一挙に課題解決される可能性もあるということ。
次々に実装されるAIの次は、この“量子コンピュータ”が注目され
今後のビジネスの牽引役を担うかもしれない!?

IMG_3210

量子コンピュータはなぜ期待されるのか

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

03/25
2024

key_0325_1

30年継続の“未来戦略研究会”は、 ビジネスの「不易流行」の追求だった!!

会がスタートしたのは、1993年の7月。
ということは、昨年でこの“未来戦略研究会”は、
何と満30年を迎えたということ。
(パチパチパチパチ)

昨年、記念イベントを開催した“日本を美しくする会”と
同じ歩みだったのだ。
(周年の祝いのタイミングを逸してしまった)

常に「すでに起こっている未来」に注目し、
そこから今後のビジネスを予測し発信してきた。
とはいえ、ビジネスにおける“不変の価値観”にも着目し、
さまざまな角度から研究してきたのがこの“未来戦略研究会”であり、
経営者の集まりの「α(アルファ)クラブ」だったのだ。

あの松尾芭蕉が俳句を通じて発信したと言われている
「不易流行」をビジネスに当てはめて展開してきた。
その意味は、伝統を大切にしつつも
時代に応じて新しいものも取り入れていくということ。

中島流に解釈すると…
ビジネスにおける“変えていけない価値観”と
時代の流れに合わせて“変えていかなくてはならないモノやコト”を
常に先取りし追求していくこと。

だから江戸中期の石田梅岩も研究するし、AIの活かし方や
量子コンピュータの可能性についても発信するわけだ。
(あー量子コンピュータについてはまだだった?!)

【“αクラブ”は、ゲスト講師が少し飛び抜けていた!!】
私が未来戦略研究会(αクラブ)を結成したのが1993年だから、
バブル崩壊後、これから求められるビジネスであり経営の在り方を
みんなで研究していこうと“この指止まれ”を展開したのだ。

とはいえ、私もまだ30代で人に発信するほどの知識やノウハウもなく、
人脈もなかったので、弊社(クオーターバック)の事業の広告企画や
情報誌の企画編集で関係した人たちを駆使して、
面白くも為になり“不易流行”を学べるゲスト講師をお迎えした。

先日、第1回のセミナーから参加してくれていた経営者と話をしていて
“面白くも為になる”ゲスト講師の名前が出てきたので紹介すると…

【1】“雀鬼” 桜井章一氏
→20年間無敗伝説を持つ“代打ち雀士”

【2】“半兵衛麩”の11代目玉置半兵衛氏
→「先義後利」の家訓を持ち、335年続く京都のお麩屋さん

【3】イエローハット創業者 鍵山秀三郎氏
→我らが“日本を美しくする会”の相談役

【4】『ツキを呼ぶ魔法の言葉』の五日市 剛氏
→ 口コミで120万部突破の大ベストセラーの著者で工学博士

【5】イタリアン“アル・ケッチァーノ”の奥田政行シェフ
→山形の『食の都庄内』親善大使、ローマ法王にも山形の食材を提供

【6】『課長 島耕作』シリーズの漫画家 弘兼憲史氏
→紫綬褒章受賞の人気漫画家、『黄昏流星群』は今も人気コンテンツ

【7】ソムリエの田崎真也氏
→1995年の世界最優秀ソムリエコンクールで優勝、日本ソムリエ協会会長

【8】「奇跡のリンゴ」の木村秋則氏
→ 農薬も除草剤も使わずにリンゴの栽培に成功したリンゴ農家

思い出したゲストスピーカーをあげてみたわけだが、
いかがだろうか?!
“面白くも為になる”ゲストスピーカーの意味が伝わっただろうか。

もちろん時流の追求には、当時 船井総研社長の小山政彦氏を筆頭に
副社長だった泉田豊彦氏含めて、さまざまな分野の
経営コンサルタントの方々にもお世話になった。

残念ながらコロナによるパンデミックもあり、集合してのセミナーを
控えるようにしたことで、このところはほとんど開催していない。

機会があれば、この研究会で着目したビジネスの「不易流行」に関わる
先達たちの言葉でありキーワードも紹介したい。

やっぱり“半兵衛麩”11代目から学んだ石田梅岩の「先義後利」は、
自分の日々を見直すいい機会をもらった。
そしてそれをきっかけに、仲間の経営者(プラスソフトの竹花社長)と
スタートした勉強会「石門心学・実践講座」も、すでに12年目となる。

key_0325_1

当時の“αクラブ”講演会の桜井氏

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

03/11
2024

key_0311_1

「時流」ではなく、「未流」とは? 未流をつかむことから始めよう!

これまでたくさんの「時流」を語ってきたわけだが、
今回発信したいのは「未流」。
(私が創ったキーワードなのだが…)

すなわち“未だ観ぬ流れ”、これから来るだろう時代の流れのこと。
ということで、ウィキペディアにもまだない「未流」である。

2年前にも「一流を目指すなら、5流を読み、そして“未流”をつかめ!」
と発信していた。
「時流」のその先にあるのが「未流」。

これまでは“時流”をつかみ、それを自分たちのビジネスに反映させれば、
どうにか時代に取り残されずついて行くことができたわけだが…

2020年以降のパンデミックを経験してからの
スパンが短く流れも早い混沌の時代は、
「未流」をつかみ迅速にビジネスに反映させないことには、
意味あるいいビジネスを展開することはできない。

これをいまどきは“アジャイル経営”というが
このアジャイルな経営も、「未流」をつかむことから始まるのだ。

ちなみに、5年後には日本のZ世代の先頭が32歳となり、
この年齢は世界人口の中央値に近く、
世界の動きの中心はこの世代が担うこととなる。

そして10年後にはZ世代の先頭は37歳で、
日本の働く人口の半分以上をZ世代以下が占めることとなり、
彼ら彼女らの価値観であり考え方が、ビジネスの主流となる。

“未流”の元は、世代の持つ価値観でもあり、
これら世代間の違いを捉えることも“未流”を読む材料となる。

ピーター・ドラッカー的には、“すでに起こった未来”と表現していたが、
(私は“すでに起こっている未来”と言っている)
あちこちで“すでに起こっている未来”を察知し、
「未流をつかむ」ことがこの時代の経営の重要ポイントとなる。

【“すでに起こっている未来”を察知できるかが、
“未流”の掌握につながる!!】
今回ビジ達で紹介しているサイボウズ社青野社長も、
自社の危機的な28%の離職率を捉えて“風土改革”に取り組み、
その改革のノウハウを自社の商品(グループウェア)開発に
しっかり反映させたわけだ。

自社に起こっている問題が、
世の中の“すでに起こっている未来”として気づき、先手を打ったわけだ。
まさに“アジャイル開発商品”づくりであり、
アジャイル経営の実践といえる。

住宅メーカーの営業から、これからのM&Aの必要性に気づき、
“M&Aキャピタルパートナーズ”を起業した中村社長。

そのM&Aビジネスにあって、
“着手金を一切いただかないという方針”も、
“社内の営業ノルマが存在しないことも”、
中村社長だからこその“すでに起こっている未来”の察知であり、
M&Aビジネスにおける“未流”への対応ということ。

結果として、トラブルにも巻き込まれず、
クライアントとの信頼関係を焦らず築くこともでき、
クライアントが満足するまで交渉に専念できることとなり
余裕をもって仕事に臨めることにつながったのだ。

パンデミックを経て、ビジネス環境は
ますます予測不可能な変化を遂げており、“未流”をつかみ
その変化に迅速に適応できることが企業の生存力を左右する。

経営者やリーダーは「未流」をつかむための情報収集や
市場調査だけでなく、関係するさまざまな世代の人たちとの
コミュニケーションを重視し、どうビジネスに反映するかも含めて
組織全体での対応が求められている。

key_0311_2

アジャイルな経営も「未流」をつかむことから始まる

ページTOPへ

BACKNUMBER

ページTOPへ