これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

10/15
2019

aramain

未病治療10日間の “前始末”

10日間入院してきた。

今回の入院は、
MRI : 脳全体の輪切り画像
(神経細胞が死んでいないか、
脳腫瘍がないかがわかる)
MRA : 脳の血管の輪切り画像
 (血液の流れを観て狭窄がないか、
  不安材料はないかがわかる)
この2つの画像を組み合わせ、見比べて脳の
状態を診断し、深刻なトラブルが起きる前に
対策を講じる“未病治療”。中島流に 言えば
“前始末” のためだったのだ。

自分のMRIとMRA画像を見ているうちに、
私の頭の中に浮かんだことは、
「もし、脳のどこかが詰まったら・・・、
運動麻痺や言語障害が起こってしまう」と!

どんなに週、1~2回のランニングをし、
筋トレをして身体を鍛えても。
様々な本を読み、ノウハウを蓄積して、
中島流の概念を構築しても。
脳のどこかに損傷を受けると・・・。
全て意味がなくなってしまうということ。

右脳に障害を受ければ左側の手足が不自由に、
左脳に障害を受ければ右側の手足が不自由に、
そして左脳の言語中枢にダメージ受けると言葉が
うまく発せられなくなる。
一度脳梗塞を発症すると、現代の医療では
後遺症を防ぐことは不可能に近いと言われ
ている。

だからこそ、私は10日間の“前始末”をしたのだ。

今回の入院でお世話になった金澤武道(たけみち)
先生は、脳梗塞未病治療の第一人者だ。
金澤先生はもともと大学病院にいたのだが、
学部長(?)を選ぶ選挙で負け、大学を去ることに
なった。

そして民間病院に院長として就任したのだが、
この現場の実情を観ることにより、“脳梗塞未病治療”
を確立する結果となったという。
まさに、“人間万事塞翁が馬“だ。

大学病院では、脳梗塞になった患者の対応が大半。
脳梗塞患者のリハビリ状況や患者や患者の
ご家族、関係者の苦痛までは、リアルに
観ることができなかった。

金澤先生は民間の病院にて包括的に患者を
診ることによって、脳梗塞発症後の大変さを
目の当たりにし、たどり着いたのが、
脳梗塞の“未病治療”である“金澤点滴療法”という
わけだ。

だからこそ、画像診断をして、少しでも不安が
あるのなら、たった10日間の “未病治療” をする
だけで、私たちはその後、安心して日々を送れ
るということ。

未病治療10日間の“前始末”をしない手はない!

aramain

10日間入院してきた

ページTOPへ