これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

07/13
2020

moba0713
NEW

コロナによる、破壊的イノベーション到来!

ほ~、2020年は“破壊的イノベーション元年”
とまで言っているではないか。
まさかコロナ禍によっての“破壊的イノベーション”となるとは!?

以下が2020年元旦に私が発信したメッセージだ。

↓ ↓ ↓

2020年、明けましておめでとうございます。
今年も、「ビジネスの達人」よろしくお願いします。

さて、2020年は“破壊的イノベーション元年”!
2020年は誰もが東京五輪と言うでしょうが、
実は2020年から2030年に向けて
さまざまな技術革新によって破壊的テクノロジーが本格的に活躍し、
“破壊的イノベーション”へと進む。
“破壊的イノベーション”って何!? という人もいると思うので…
→既存のビジネスであり事業構造の秩序を破壊し、
これまでのビジネスを劇的に変化させるイノベーションのこと。
(…てな流れで、元旦のメッセージは続く)

↓ ↓ ↓

先週、この元旦のメッセージを読んで講演を依頼してくれた方の
集まりでお話をさせてもらったわけだが…

同じ“破壊的イノベーション”でもかなり意味の違う、
そしてもっと劇的に進むしかないイノベーションの話、
“CORONAトランスフォーメーション”の話をしたわけだ。

そしてこのフレーズ…
「→既存のビジネスであり事業構造の秩序を破壊し、
これまでのビジネスを劇的に変化させるイノベーション」
とまで私は言っているわけだ。
(私はこのくらいの覚悟を持って今年に臨んだほうがいい…と)

まさに、コロナ禍は事業構造の秩序を破壊し、
劇的な変化を突きつけてきてる。
中島流の“CORONAトランスフォーメーション”とは
覚悟を持った変革のことである。

私はこんなメッセージを年頭に発信しながらも
まさか講演の中で、劇的な変化の事例を出し
“実践しない会社は淘汰される”とまで言うことになるとは!?

ファッションメーカー、百貨店、エンタメ業界が厳しく…
えっ、ブルックスブラザーズも、
そしてシルク・ド・ソレイユも約5000人を解雇!?
(ゲゲゲッ~)

これまでいろいろな可能性を投げかけ
あくまで、経営者に発破を掛けてきたわけ。
ところが今回は、発破をかけているわけではなくなったのだ。

“ビジ達 7”では「リアルearthからオンラインearthビジネスへ」
と新たなベクトルをも紹介している。
新たな経営者のための“アップデートコーチング”も!

https://www.youtube.com/watch?v=Q_f3bYWSMv8&t=23s

“すでに起こっている未来”を察知し、
すぐさま“CORONAトランスフォーメーション”の実践である。

さて、自然災害がそこに追い討ちをかける事にならなければいいが…
残念ながら、そこのアドバイスはできない。

moba0713

この半年で発してきたメッセージ

moba1

すでに起こっている未来…

moba2

コロナトランスフォーメーション!

ページTOPへ
選ばれるビジネス

07/13
2020

bijimain
NEW

カスタマーエクスペリエンスがブランドをつくる

先日、私は“アマゾン”からこのようなメールを受け取った。

「このたびは、ご注文の不具合について
ご迷惑をおかけしておりますことをお詫びいたします。
お問い合わせいただいたと同時に出品者に連絡いたしましたが、
いまだに返信が来ません。つきましては、お客様の利益を
お守りするために、こちらより出品者の替わりに
返金対応させていただきます。
お手元の商品につきまして、お手数ですが
御破棄いただいて、よろしくお願いいたします。
6月1日付けでクレジットカードに○○○円を
返金いたしております。」

私がアマゾンにて注文をしてモノが届いたのが5月27日、
私は、スマホやiPadでも使えると思って購入したものだが
届いてみる、とその両方で使えない商品だと判明した。
(アダプターが合わないわけだ)
商品説明に書いてあったらしいのだが、最後の方に小さ目にだった。
私が返品しようと連絡したのが5月30日。
つまり、わずか2日間で返金にまで至ったということ!
これぞアマゾンの“カスタマーエクスペリエンス“!!

このところあったもうひとつの体験は“アップル”。
私がiPad proを手に入れたのが2015年。
5年経過すると、アプリはバージョンアップされるので
問題ないのだが、バッテリーの劣化が起きてくる。
私はこのiPadでの仕事が多いため、バッテリーの持ち時間は深刻だ。
そこで新宿のアップルストアに出向き相談した。
すぐさま対応してくれ、私のiPad pro をチェックし、
確かにバッテリーが劣化していると診断された。

するとだ!アップルでは基本的にバッテリー交換は
していないという。
そして、同じ型の新品iPad pro と交換してくれたのだ。
費用はバッテリー交換分だけでいいという。
解決までに半日を覚悟していたのだが、なんと1時間も
かからずに新しいiPad Proを手に入れることができた。
その応対含め、かなり気持ちいい交換劇だったのだ。(すばらしい!)
ただし、その後、新しいiPadへの移行に半日かかったので
予定していた時間は同じなのだが・・・。

今回のこの2社の、カスタマーエクスペリエンス、
ユーザーエクスペリエンスへのこだわりには
正直驚いた。
アマゾンの“顧客の経験価値を高める”という価値観。
アップルの“製品やサービスが良いだけではなく、
価値があると思ってもらえることこそが重要“という理念。
これらを2週間の間に実体験したわけだ。

両社とも“顧客の体験価値”を重視した展開であり、
結果的にその体験がその後の期待につながり、
ブランディングに貢献するということ。
すなわち、カスタマーエクスペリエンス、
ユーザーエクスペリエンスを重要視する
“アメリカの会社ならではのブランディングがここにあり!“なのだ。
地球規模でビジネスを展開しているからこその
ブランディングと言っていいだろう。

日本企業では対面での“おもてなし”を重視する。
ただ、このコロナ禍により、
リアルの接点が次第に少なくなってきているいま、
この“ユーザー体験”を重視したアプローチは重要になって来ていると
言えるだろう。
やはり、「体・験・価・値」の時代になったのだと思う。

bijimain

アップルの顧客対応はすばらしい!

ページTOPへ
シナジースペシャル

07/13
2020

synmain
NEW

リアルアースからオンラインアースビジネスへ

私たちが住む地球は半径6371km、一周約4万キロメートルの
リアルearth。
地球の裏側から何かを買おうとすると物流のための時間がかかる。
何かを体験しに訪れようとしても、時間と労力を使う。

すでにコロナ禍の以前より、オンラインゲーム、オンライン英会話
オンラインアシスタント、オンラインフィットネスなどの
“オンライン”を利用するビジネスの需要が高まりつつあった。
そして、コロナ禍により、多くの人たちが一気にオンラインを
使わざるをえない状況となった。

事例を紹介すると・・・、
オンライン花火大会というのがあった。
ドローンが花火の花の中に入り、今までとは
違う映像が観れたのだ。

オンライン祭りというのも紹介されていた。
水戸黄門祭りが残念ながら中止になったが、
一部の注目のイベントだけを開催して、
その映像をオンラインで配信し、
水戸の祭りを多くの人たちに体験してもらおうというもの。

サンシャイン水族館は休館中、魚の様子を
オンライン配信をしていた。
これも水族館に行かなくてもの楽しみ方となる。

オンラインクラシックコンサートも注目された。
先週のモバイルでも紹介したサザンオールスターズの
バンド至上初の、横浜アリーナでの無観客配信ライブ。
総視聴者数はなんと50万人とのことだ。
50万人が一箇所に集まることが不可能だと考えると
オンラインでの規模感は桁違いの様相がある。

今後視聴するための機器が進化し、
もっとリアル感が演出できるようになってくると、
家にいながらにして、イベントの現場感や臨場感が増し、
オンラインならではの楽しみ方ができるように
なっていくだろう。

少し前に紹介した“ショッピファイ”(ECサイト支援サービス)は
ほとんどノウハウがなくとも
物販のオンライン化ができるという。
地方のメーカーであっても商品に魅力さえあれば、
マーケットは全国、そして世界へと拡がってゆく。

今から約200年前の第一次産業革命から
第三次産業革命まではリアルearthの場でのビジネスだった。
ところがこのところの第四次産業革命と言われるあたりから、
“オンラインビジネス”が徐々に増え、
コロナ禍により、加速したのだ。

これに、5G、AR、VR、AIが加味することで
オンライン上でのビジネスはもっと拡がってゆく。
例えば、音楽関連の「無観客ライブ配信」も「オンライン歌舞伎」も
「スポーツライブ配信」も、ARやVRがもっと進化し、
5G、6Gの通信システムになっていくと
もっと面白くなってゆく。

そうなると今までは現場に行かなければ楽しめなかったことを、
地球上のどこにいてもオンラインがつながる環境にさえあれば、
どこででもリアル感を持ち、楽しめるようになってゆくのだ。
すなわち、“距離と時間”を超えてゆくということ。
これが“ニューノーマル”であり、次なる時代のオンラインの
エンターテイメントとなる。
さて、あなたのビジネスは“オンラインアース”まで発展させてゆくのか、
それとも、リアルアースで終わるのか?
どっち?

synmain

さて、あなたのビジネスは

ページTOPへ
モバイルショット

07/06
2020

IMG_0009

サザンの“ニューノーマル”へのチャレンジ!

6月25日、バンド史上初!
横浜アリーナでの無観客配信ライブに
総視聴者数は、なんと50万人⁈
さすがサザンオールスターズだ。

これぞCORONAトランスフォーメーション!
どんどんチャレンジしたが勝ち。

AbemaTV、GYAO!、PIA、STREAMなど
いくつもの動画配信サービスを通じて有料配信され、
3600円のチケット購入者も18万人いたという。

ということは、3600円×180,000人だから…○億円
という話ではなく、
このコロナ禍体験から、ライブエンターテインメントの
新たな可能性=ニーノーマルを模索して
リスクを持ってチャレンジしてるということ。

本編ラストの「勝手にシンドバット」では
サンバダンサーたちがステージを降り客席で踊ったりもして
無観客の会場を最大限に活用し、オンラインも意識して
演出されていたともいう。

これにより50万人の視聴者サイドもライブエンターテインメントの
新たな楽しみ方を体験できたわけである。
まさに新たな市場の開拓でもあるわけだ。

かたや、オンライン歌舞伎のライブ配信も!
松本幸四郎による「仮名手本忠臣蔵」が5回に分けて配信されるという。
視聴料金は赤穂浪士の四十七士になぞらえて4700円だと。

“オンラインまつり”というのも耳にした。
すなわち、既存の祭りが開催できないから、
一部のイベントだけはオンラインでライブ配信して
より多くの人たちに楽しんでもらおうと言う展開。

どの業界でも、試行錯誤しながらも
やる人達はどんどんチャレンジしているってこと。

“ビジ達”本編にもあるが、“shopify”を活用して
この機にリアルマーケットだけでなくオンラインを活用して
新たなマーケットを取りに行くということもできるわけだ。

「すでに起こっている未来」すなわち“すで起、未来”を
見据えてどんどんチャレンジしないことには
次なる時代の“ニューノーマル”は見えてこない。

新たな市場のシェアを獲るには
間違いなくここ数年が勝負である。
ここは中島流の“エコーロケーション戦略”しかない。

↓ ビジ達 7 “エコーロケーション戦略2.0”
https://www.youtube.com/watch?v=Lc-gkMhnJMQ&t=1s

mobamain

新たな市場のシェアを獲るには

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

07/06
2020

keymain

“すで起、未来”3.0へ

“すでに起こっている未来”が1.0から2,0を
飛ばして3.0に来たということを
“すで起(き)、未来”と短縮してみた。
以前ビジ達でも“昭和ビジネス”から平成を飛ばして、
“令和ビジネス”へ移行すると話した。
この移行は、本来であれば静かに移行するはずが、
コロナ禍により、一気に“令和ビジネス”へと
進んでいるのだ。

“ニューノーマル”すなわち“新常態”を意識せねばならないのが
令和ビジネスとなった。
そのニューノーマルがこのコロナ禍によりどんどん
顔を出し始めている。
まるで、パネルクイズのパネルがあちらこちらでめくれて
いるかのように。。。
(パネルクイズ・アタック25という番組をご存知だろうか?
クイズに答えると解答者が指定のパネルを1枚開けることが
できる番組だ)
このクイズ番組のように今、未来のパネルが1枚、1枚
めくれてきていて、未来の姿を垣間見れているというわけ。
これを“すで起、未来3.0”と名付けた。

少し事例を紹介する。

その1は、このコロナ禍も手伝って、EC構築支援の“ショッピファイ”が
注目されている。これはカナダの会社でD2C
(ダイレクト ツー コンシューマー)支援サイトだ。
すなわち、自社商品を自社の販路で直接に消費者に販売する
システム。
アマゾンはアマゾンのサイト内での商品販売だが、
こちらはECサイト構築支援の会社だ。
コロナ禍により、対面販売が出来なくなり、店を開けても
来店が見込まれない中、ECサイトを立ち上げて販路開拓を図っている。
アメリカでも注目され、脱アマゾンの先導者ではないかとも
言われている。

たとえば、“俺のフレンチ”の高級食パン部門はショッピファイ
で1日に300個販売する事業となった。
また愛知県岡崎市の老舗和菓子店“備前屋”はショッピファイで
売上は2倍に増えたという。

その2として、 ファッション業界では、レナウン、ローラアシュレイ、
百貨店ではJCペニー、ニーマン ・マーカスが 、
エンターテインメント界ではシルク・ドゥ・ソレイユが再建手続きをとっている 。


その3は、学校教育もオンラインにより、
マンツーマン的対応となりつつある。
先生は、TeacherからCoachになるという流れだ。

ほんの一部だが、これらが“すで起、未来”ということ。

コロナ禍によるトランスフォーメーションが起こっている。
それをロングレンジでみると、75年近く続いた昭和ビジネスパラダイムが
いよいよ終焉をむかえ、令和ビジネスへと移行をしている。
残念ながら平成は過渡期としての扱いだが、
本来なら15年から20年で移行するものが、
コロナ禍により加速し、私の考えでは10年以内で
移行し終えるのではないだろうか。

技術的革新、ビジネスモデル革新、働き方革新、ライフスタイル革新、
グローバル革新とどれもが一挙に進んでいる。
すなわち、経営者は今、自分達のビジネスを再構築し、
ニューノーマルに少しでも早く対応することだ。
“すで起、未来3.0”はもう起こっているのだから、
遅れると命取りになるわけだ。

keymain

ニューノーマルに少しでも早く対応すること

ページTOPへ
ページTOPへ