これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/18
2018

_DSC9613
NEW

秋保おはぎ「さいち」のタテの経営

「帰省する娘と孫におはぎを食べさせたい」
こんな年配の女性客の相談から
おはぎづくりは始まった。

今や秋保(あきう)おはぎは平日で5,000個、
お彼岸には20,000個売れるという。
1個105円だから、1日で525,000円!
×30日×12か月で1億8900万円の売上げ。
あくまでおはぎだけの売り上げでだ。

これに人気のお惣菜の売り上げが2億円超。
すなわち、おはぎも並ぶお惣菜の通路だけで
年4億円を稼いでいるのだ。
(お店の年商は7億円となる)

スゴ~~~。
セブンイレブンの日販の平均がついに70万円になったというから、
年間で約2億5,500万円。
店の大きさ的にコンビニに近いスーパー“さいち”が
いかにスゴい集客力を持っているか伝わっただろうか。

とにかく手間のかかるおはぎも含めた家庭料理に注力し、
仙台の中心から30分はかかるほどの温泉地でありながら、
これだけの実績をつくりあげたのだ。
だから“さいち”の佐藤啓二社長は83歳で
おはぎと同じくらい…いやおはぎ以上に輝いて見える。
(これって褒めてない!?)

そしてこのお総菜コーナーの立役者である
佐藤澄子専務(奥様)のレパートリーは、
なんと500種類を超えているという。

この徹底したお惣菜づくりの追求心がスゴイのだ。

その昔、お客さまのちょっとしたクレームから、
300種類はあったというレシピマニュアルを
捨ててしまったという。
(まぁ~通常は捨てはしないと思うけど…)
そのこともあって、
調理スタッフの誰もが、味に対する責任を持ち、
より美味しい惣菜づくりが可能になったようだ。

いろいろな葛藤があって、そして潔い決断。
それを徹底したその先にこそ、
他の人たちがたどり着けない
ステージがあるということなのだろう。

私が“さいち”を最初に取材させてもらってから約15年。
その姿勢と情熱はいまだに変わっていない。
まさに他のスーパーやお惣菜屋さんを気にせず
とにかく“さいち”のあり方を
追求する姿勢であり展開なのだ。

まさに「タテの発想」であり、「タテの経営」がここにある。

_DSC9613

“さいち”の佐藤啓二社長は83歳!

_DSC9589

平日で5,000個売れるおはぎ

_DSC9622

「タテの発想」、「タテの経営」がここにある!

ページTOPへ
はなまるア・ラ・カルト

06/18
2018

4
NEW

あれから7年、復活の塩竈

宮城県仙台市から30分ほどのところにある、塩竈市。

今回は、プラチナ会議のリトリート先として訪問した。

皆さんお気づきのように、この塩竈、
私たちが普段使っている「釜」という字とは違い、
難しい表記をしている。
現地の小学校では4年生になるころにはみんなが書けるようになるという。
(竈という字にはこだわりがあるということ)

さて、あの震災から7年ということで、
地域の復興はどれくらい進んでいるのだろうか。
街中にある電柱には
「ここまで水がきました」という印が書いてあり、
この塩竈市内も3メートル近く浸水した形跡が残っていた。

塩竈という名前は、
海水を煮て塩を作る「竈」が海辺に数多くあったことが由来だという。
その塩竈港にも足を運んだが、
ちょうどマグロ漁船が到着したということで、
たくさんの新鮮なメバチマグロが水揚げされ、ずら~っと並んでいた。

この塩竈には、ほかにも色々な産業がある。
あの有名な日本酒、「浦霞」の醸造元もこの街にあるのだ。(しっかり酒蔵を見せてもらった)
また、今回のコーディネーター役でもある
三嶋社長が展開する、塩竈ならではの魚を加工する「ヤママサ」と、
とことんお茶にこだわる茶舗「矢部園」などを視察させてもらい、
そして塩竈港を起点に松島を回る遊覧船も体験させてもらった。
松島の美しい島々を見ていると、思わずあの歌が…
(♪松島のサーヨー瑞巌寺ほどのー)

とにかく大充実のリトリートとなったわけだが…、
やはり足を運ばないとわからないことが多いものだ。

塩竈はあらゆる産業が活発だとはいえ、
震災から7年経った今も、昔のような街の賑わいは、当然復活してはいない。

しかし、塩竈の方々は、すでに気持ちは復活し、
新たな“塩竈づくり”を展開しようと、さまざまな人たちが協力し行動していることが見て取れた。
塩竈には多くの人を惹きつけるための資源があることも理解できたのだ。
やっぱり、データだけではわからないものがたくさんあり、足を運ばないとねえ~。

今回のリトリートは、そんな塩竈の息吹を肌で感じるものだった。

(さあ、次はどこへ行こうかな~!)

1

塩竈の海の幸がずらっと!

2

漁港に引き上げられたばかりだとか!

3

美味しい食事も堪能

4

茶舗園でこだわりのお茶をいただく

ページTOPへ
選ばれる仕事道

06/18
2018

sgt_main
NEW

ヘイコ―パック流“前始末”

恒例の「日本を美しくする会」企業見学会で、
栃木県にある“ヘイコーパック株式会社”にお邪魔した。
社長の鈴木 健夫氏に案内してもらい、
工場内の見学はもちろん、掃除用具置き場についても
説明していただいたのだ。

今回の見学会はさまざまな角度から5Sが徹底されていて、
参加者が頷く場面も多く、満足度も高い研修となった。

たとえば、ホームセンターで購入する掃除用の箒は
穂が抜けやすいため、すぐに紐で補強する。
ペンチや金槌などの金物掃除道具は、
1つずつの置き場所が文字と型抜きによって
定められていて、誰もが対応しやすい保管ルールに。

“ヘイコーパック”では、備品を元の場所に戻すのは当たり前。
(もちろん、バケツの取っ手の向きもバッチリだ!)

社員の人たちが自販機で買って飲んだペットボトルや空き缶も、
必ず濯いで所定の位置に逆さで並べられている。
水道より遠いところに並べるのは、
また水がかかって濡れないようにしているのだとか。

“推して知るべし”というが、こういう気遣いやルールが
色々な仕事にも活きてくるのだと鈴木氏は言いたかったのだろう。
まさにこれは、例のイトーヨーカ堂創業者の
伊藤さんが発信した“前始末”ではないか!

また、10年ほど前に出版した私の書籍には、
中島流“タラレバ3回ルール3乗”というものがある。
「こうしていればよかった…」という同じことが
3回続いたら、ルール化してしまおう! という法則のこと。

つまりタラレバをルール化し、前始末を徹底することによって、
なにか始めようという時すぐ本題に入れるようになるのだ。

鈴木氏によると色分けなどのルールづくりで、
分かりやすい管理を徹底しているのには理由がある。
実は、“ヘイコーパック”の従業員は、
160数名中38名が障がいを持っている方々だという。

障がい者の方々が働きやすい環境をつくる
という名目もあるが、実は健常者がより手本になろうと
率先して動くことに意味があるのではないだろうか?

これぞまさに、ヘイコーパックの仕事道なのだろう!
中島流の“タラレバ3回ルール3乗”も
すばらしい法則だが…(自画自賛)
ビジネスはやっぱり“前始末”が大切。

ヘイコーパックの徹底した“前始末”には、
参加者の誰もが感嘆の声をあげていたのだ。

sgt1

バケツの取っ手までキッチリ並んでいる!

sgt2

徹底した“前始末”

sgt3

参加者のみなさん

sgt_main

美しく並んでいる!

ページTOPへ
モバイルショット

06/11
2018

mobilemain★

300人が固唾をのんだ瞬間

「今日は、こんなにも大勢
集まっていただきありがとうございます。
北海道の母にも来てもらいたかったのですが 、
残念なことにどうしても…母も来たかったと…」

(親方は言葉をつまらせてしまい、
暫くの間は言葉も出ない状態に)
このシーンは「角界入門四十年・理事就任を祝う会」
での芝田山親方御礼の挨拶でのこと。
親方の苦労をかけた“母への思い”が
集約されていたシーンだったのだ。

このイベントに参加してくれた方々は全国から 300 人超。
親方の予想をはるかに超えた参加率だったということもあり、
2 会場を使ってのイベントとなった。
それだけ多くの関係者がこの祝う会に参加してくれたことも、
“母への思い”につながったに違いない。

私も芝田山親方とは同郷のよしみで、
いろいろとお世話になっていたこともあり
参加させていただいたのだが…
この瞬間が一番の感動のとき。
(仕事柄、カメラを構えてしまうわけだが…)

参加者の 300人超の方々が、
親方に集中し一斉に固唾をのんだ瞬間と言っていいだろう。
そして誰もが親方の“母への思い”に感動していた。
この日の祝いイベントは、漫談あり、落語あり、歌あり、バイオリンあり、
そしてブラジルサンバありと…とにかく出し物が目白押し。
それでも集まった方々の一番の感動は
この親方の“母への思い”だったに違いない。

どんなに大きな横綱大乃国になっても、
自分の子として母親が常に
心配してくれていたことを知っていたのだ。
(芝田山親方の情が見えた瞬間だったような…)

この挨拶の後半で親方は、今更の一言。
「本当は相撲取りになりたくなかったんですが…」と。

再び会場の300人がどよめいた!

mobilemain★

全員が一斉に固唾をのんだ

mobile2★

「角界入門四十年・理事就任を祝う会」での出来事

mobile★

誰もが親方の“母への思い”に感動していた

ページTOPへ
シナジースペシャル

06/11
2018

synmain

“サン・セバスチャン”美食の流儀

ついに、スペインの“サン・セバスチャン”に行ってきた。
人口18万人程度の小さな街でありながら、
「世界一の美食の街」として知られ、
世界中から観光客や美食家が集まる唯一無二の街である。

今回も恒例の海外研修の一環として足を運んだわけだが…、
旅立つ前の成田空港で、
高城剛氏の“サン・セバスチャン”にまつわる書籍を、
訪問先の予備知識のために参加者全員へ配布した。

到着すると、街の一角だけで50軒以上のバルが凌ぎを削っていた。
バルのカウンターには色とりどりのピンチョスが。
美味しいワインと一緒に、自分の好きなものを選べるようになっている。

数あるバルの中から、今回はあえて「分子料理」のお店を選んだ。
分子料理というのは、化学式に基づいた新しい調理方法を取りいれた料理である。
通常では固まらないとされる複数の食材を
ジェルボールで丸くかたどるなど、ユニークな創作料理に出会えた。

(この複数の食材の取り合わせが
新しい美味しさのハーモニーを演出する…大満足の視察!)

さて今回のスペイン海外研修だが、実をいうと、
この“サン・セバスチャン”こそがメインだったのだ。

日本からは少し遠いためか、国内ではあまり耳にしないが、
今最も世界が注目している街だと言える。

先ほどもお伝えした通り、
“サン・セバスチャン”は人口18万人程度の小さな街である。
日本でいえば、ちょうど北海道の帯広あたりになるだろう。
(私のよく知っている街でたとえるとだが…。)
そこに世界中から観光客が集まるようになった理由にこそ、
今私たちが学ぶべきことが詰まっているのだ。

たとえば同じスペインでも、バルセロナには、
ガウディの建築や、ピカソ、ダリ、そしてFCバルセロナと、観光資源が豊かだ。
世界中から人々が集まるのも当然だろう。

しかし、“サン・セバスチャン”には、
観光資源と呼べるものがほとんどない。
そこで、山と海と川に恵まれた豊かな土地を活かし、
「美食旅行プラン」「料理学校」「料理の世界大会」など…、
料理の街として色々な取り組みを続けてきた。

そうして20年かけて、
世界中の料理人や美食家が徐々に足を運ぶようになり、
“サン・セバスチャン”は「世界一の美食の街」と呼ばれるようになったのだ。

その地域なればこその資産を活かし、「足を運ぶ理由」を作った。
これこそ、“サン・セバスチャン”のブランディングの秘訣である。
日本の地方都市は学ぶことが多いのではないだろうか。

皆さんもぜひ、足を運んでみてほしい。

(あ~、もう1回行きたい…!)

synmain

世界が注目する街、掘り下げ甲斐がある!

syn2

参加メンバーと、夜景を前に美味しい食事を。

syn3

日本こそ、この街から学ぶ事は多いのでは?

_DSC9034

ああ美味しかった!もう一度食べたい!

ページTOPへ
ページTOPへ