これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/12
2021

moba
NEW

“リーダーって、どうあればいいの!?” 2021年リーダーズセミナースタート!!

→コミュニケーションの取り方は!?
→適正な評価とは!?
→業務整理の仕方が分からない!?

→主体性の持たせ方とは!?
→決断力を持つには!?
→部下の育成の仕方は!?

→主体性の持ち方・持たせ方は!?
→的を射た適正配置の仕方は!?
と、いろいろ出てきたわけだが…

結果「リーダーとしてどうあればいいのか!?」
ということに集約されることになるわけ。

4月9日にスタートした2021年のリーダーズセミナー。
19人中18人がリアルで参加してくれた。

①“1ミニッツ自己紹介”から始まり、
みんなで持ち寄った②“時流マトリックス”。
テーマを共有しての③“リーダーズディスカッション”。

そしてみんなでの最初の共同作業として、
④KJ法による“みんなが抱える10個の悩み”を整理してみたわけだが…
この初顔合わせのやり取りがぎこちなくて面白いのだ。
(QBの山田社長、ファシリテーションお疲れ様でした)

ここに集まったリーダーズは、20代から50代前半までと
その年齢幅も広く立場の違いもある。
業種業態も千差万別。

でもここでは、同じテーマに向けその立場でディスカッションするわけだ。
ここがリーダーズセミナーのいいところ。
その視点の違い、捉え方の違いが、互いに“気づき”をもたらすことになる。

そうして得た“気づき”は、見聞きしたことや教えられたもの以上に
行動に反映される率がズ~っと高いという。

そう、この“リーダーズセミナー”は、教えられるセミナーでなく、
自分で“気づくセミナー”ということ。

今回は第1回目から“佐藤可士和展”体験もしてみた。
これもタイムリーで良かったと思うのだが…
果たして…ブランディングについても解って欲しかったのだが、
その“感性思考の時代”を理解してもらえただろうか!?

とにかくリーダーズセミナーは、これからが本番。
リーダーズのみんな、乞うご期待‼︎

moba

2021年のリーダーズセミナースタート!

moba2

19人中18人がリアルで参加

moba3

リーダーズセミナーは、これからが本番

ページTOPへ
シナジースペシャル

04/12
2021

syn
NEW

ここ10年で激変する“医療”

このところコロナ禍で様々な大きな変化が起きていて、
医療現場での変化も同様に加速してきている。

さて、私事だが、実は、60歳を過ぎてから
いくつもの病気にかかってしまった。
(健康にはかなりの自信があっただが・・・)
それほど重い病気ではなく、加齢によるものがほとんど・・・。

ひとつめは“帯状疱疹”。
年配の人に聞くと、経験のある人もいた。
寝ててもピリピリと刺すような痛みが走り、
続いて皮膚に赤い斑点ができ、小さな水ぶくれが
帯状に現れてくる。
身体の左右どちらか一方にだけに症状がでてくるのだ。
それほど重くなかったのだが、ちょっと驚いた。

2つ目は3年ほど前になった“鼠径ヘルニア”。
足の付け根あたりの筋膜(腹筋のあたり)が
弱くなったことで腸が“ぽこっ”とでてくる。
腹筋に自信があり、無理な腹筋体勢をとった時
“ピキッ”と音がし、結果的にそこから腸が
はみ出てしまったようだ。手術したが1日の入院で治した。

3つめは“好酸球性副鼻腔炎”。
難病指定されている病気で、鼻茸が出て来たりする。
ぜんそくの人がなりやすいとされている病気。
すでに4年以上付き合っている。

4つめは“ピロリ菌除菌治療”。
健康診断の胃のレントゲンにて胃がただれていることや
潰瘍のあとが見つかり、検査の結果ピロリ菌がいるとわかった。
ピロリ菌は慢性的な胃炎につながり、胃の粘膜を
防御する力を弱め、ちょっとしたきっかけで
癌になることもあると聞いたので除菌することに。

4つほどの病気を紹介したが、
私は20歳以降、60キロ前後の体重で今までその増減は2キロ以内!
毎週3~5キロのランニングや、筋トレ、高尾山登山など
常に意識的に運動しているが、それでもこのような病気に罹患した。

さて、我が国は2020年,人口の28.7%が65歳以上の高齢化社会。
2025年にはそれが30%を超すと言われている。
寿命も延び、高齢者が増えると、病気になり医療の
お世話になる人数も回数も増加するはずだ。

そんなおり、新型コロナウィルスのパンデミックは、
オンライン診療の拡大、セルフメディケーション
(自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は
自分で手当する)の再認識、医療におけるデータ活用や効率化
が促進されるきっかけとなった。
これからは、ICTを利用した最先端技術も医療現場で
使われてくる。5G、AIによる遠隔医療も発展するだろう。
国産初の手術ロボット“ヒノトリ”も開発され、
ここ10年で“医療機関”、“医療機器”、“製薬”、
“薬局・ドラグストア”“医療現場のM&A”と激変していくはず。

これだけ進化が進む医療業界において、
既に医療関連のビジネスをしている人にとって、
今後、様々なシナジーが起きてくるだろう。
また医療に携わっていない業種でも、これまでの
ノウハウを活かした医療関係ビジネスへの進出も
視野に入れてみてはいかがだろうか。

syn

医療現場での変化も加速してきている

ページTOPへ
目からウロコのおすすめ本

04/12
2021

book
NEW

『よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑』大野萌子(もえこ)著

いかに私達が余計なひと言を発しているか・・・。
この本にはそんな事例がたくさん掲載されていた。
反省するばかりだったことも含め紹介する。

その前に触れておきたい本が、佐々木圭一著の『伝え方が9割』。
この本は、なんと発行部数が112万部突破している。(スゴイ!)
例えば、好きな人をデートに誘う時、
「デートしてください」では断られる確率が高いが、
「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、いかない?」
と伝えると“行ってもいいかも”と思う確率がグーンと高くなると。
すなわち、伝え方次第で結果はだいぶ違うということなのだ。
佐々木氏はコピーラーターで、普段からいろんな言いかえを
訓練しているクリエイター。
同じところにたどり着くには、様々な方法があるが、
より多くの人が思わずそこに行きたくなる発想をすべきとのことだ。

さて、今回のおすすめ本、
『よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑』
の事例を紹介する。

1.“ちゃんと”、“しっかり”、“徹底的に”
→「この作業はここまでやってください」に。
曖昧な表現を避け、受け手側がわかりやすい
具体的な数字などを入れると伝わる。

2.「ご存じないと思いますが・・・」
→「ご存じかもしれませんが・・・」に。
つい言ってしまう表現。私は情報通だから知っているかのような
態度が見えてしまう失礼な表現。

3.「若いのに、しっかりしているね」
→「しっかりしているね」
「若いのに」をつけてはダメ。
若いから経験も知識もなくうまくいかないはず
と言っていることに。年齢に関する発言は差別にもなる。
17歳でデビューしたDoul(ダウル)は、
“15歳なのにうまいね”と言われてムッとした言っていた。

4.「要するに何が言いたいの?」
→「いちばん言いたいことは何?」とか。
 「私にもわかるように説明してください」などに。
ついイライラして言ってしまいがちだが、
受け手は相談を拒否された気分にもなり、
ハラスメント扱いされる場合もある。

5.「世の中そんなに甘くないから・・・」
→「あなたの考えをきかせてくれる?」
  親が子に、上司が部下に発してしまいがちだが、
これらは“地雷ワード”だ。

6.「やっぱりダメだったね」
→「よくがんばったのに残念だったね」
 相手にマイナス評価をしていたことが明らかになる失礼な言葉。

紹介したものは実際私もつい発言していると思う。
言い方ひとつで相手の気持ちは大きく変化する。
これからは、感情任せの発言は控え、
直前に、“ほんの一瞬”止まり、
その場の状況や相手の事を考え、
言葉を選ばなければならないと感じた。
人間関係をよくするためにも、言い方を考えていきましょう!


book

いかに私達が余計なひと言を発しているか・・・。

ページTOPへ
モバイルショット

04/05
2021

moba

マリアージュもブレンドも“掛け算”の可能性が…

これ見ると、唾液をついゴクリだよねぇ~。
この溶け方もいいし、こんなに掛けてくれちゃっていいのって…
ふっふっふっ、もう戻せないラクレットチーズ。

このキタアカリは0℃くらいで1年以上寝かせてのものだという。
だからジャガイモの甘味もたっぷり。
そしてこのエスカルゴ風は、カタツムリではなくつぶ貝とマッシュルーム。
うんうん、これもガーリックが効いてて美味しい。

ここまで十勝の食材にこだわっている帯広の屋台村“プチ・プレジュール”。
そして、ここはワインバルだからワインとのマリアージュが
よりその可能性を引き立ててくれるのだ。
(阿部ご夫妻、いつもありがとうございます)

こうして1年ぶりの十勝に舌鼓を打ったわけだが…
今回のテーマは、料理の方ではなくワインの方。

私もここ十勝でワインづくりにチャレンジしているわけだが、
なんと、東京にワインブドウの木がこんなに植えられていた。
そう、この写真は東京都あきる野市の畑なのだ。

このところ東京での醸造所(ワイナリー)チャレンジは聞いていたし、
訪れたところもあるわけだが、
この東京にヴィンヤードがこんなに広がっていたとは!?

そう、私の思惑はこの東京のヴィンヤードと
北海道十勝とのマリアージュ。

もちろん食材もあるがワインブドウ同士のマリアージュも…
分かりやすく言えばブレンドってこと。

先に十勝で収穫されたブドウで醸造されたワイン“yukidoke”も
実は余市で採れたツバイゲルトとのブレンド。
このブレンドがそのテイストに深みを演出してくれた。

そう、このブレンドは“足し算”というより“掛け算”になるのだ。
“掛け算”は新たな可能性を引き出してくれる。

私たちのビジネスでも、連携やプロジェクトチーム展開は
“足し算”でなく“掛け算”となる可能性を持っているということ。
いかに掛け算となるストーリーを創るかなのだ。
もしかしたらリーダーの手腕次第なのかもしれない。

ということで、東京のブドウと十勝のブドウとのマリアージュであり、
“掛け算”を計画しているわけ。
果たしてどのブドウとのブレンドがそのストーリーを拡げ
より大きな可能性を演出してくれるのだろうか!?

ふっふっふっ、その構想は果てしなく拡がる!?

moba

これ見ると、唾液をついゴクリだよねぇ~

moba2

“掛け算”は新たな可能性を引き出してくれる

ページTOPへ
先取りビジネストレンド

04/05
2021

tre

“新・パラレルワーク”の時代が来る!?

先日、毎年恒例の大里綜合管理株式会社、
第47期経営計画発表会にお呼び頂き参加させてもらった。
野老会長から、“来賓として”ずっと参加しているのは私だけで
多分、25回目くらいの連続参加だと聞いた。

大里綜合管理は、日本生産性本部主催の
2020年“日本サービス大賞”において、
“地方創生大臣賞”を受賞した。
地域の課題解決に積極的に取り組み、
地域活動を通して地域の価値を高めるサービスを提供する
“地域貢献”が今回の受賞の要因。
この受賞の話と、経営計画の発表を聞きながら、
私の頭に浮かんだのは、タイトルにある
“新・パラレルワーク”の発想だ。

さて、ご存知の通り、パラレルとは「平行して」という意味。
“パラレルワーク”とは、2種類以上の仕事を
同時に手がける働き方で、通常は“個人の仕事の仕方”だ。

今回のタイトルにある中島流の“新・パラレルワーク”とは
会社が“パラレルワーク”を展開するということ。
それは、社内で複数の違う仕事を平行して行うというのではない。
私が“新”とつけている理由は、
*経済合理性があってお金になる仕事
*非経済合理性、すなわちお金になりにくい仕事
この両方を平行してすることなのだ。

産業革命以降250年ほど経過し
経済合理性から“ビジネス”が成立し、成熟化が進んできた。
添付の図を見てほしい。
社会における課題は、さまざまなビジネスの出現により
かなり解決してきたのだが・・・
縦軸が難易度 上位が高く、下位が低い
横軸が経済合理性 左がお金になり易く、右がお金になり難い
とすると、今までは難易度が低くてお金になりやすい仕事が
当然多くなり、進んできたわけだが、
このポジションは成熟化も進み、飽和状態になりつつある。
今多くある社会課題としての仕事は、難易度が高くてお金になり難い
ポジションの仕事だ。
“さて、これは誰がやってくれるのか!?”

実は、これこそが、これからの企業が取り組んでいくべきもので、企業は
*経済合理性
*非経済合理性
この両面の仕事を上手にかみあわせていく時代になってきたということ。

さて、話は、大里綜合管理に戻るが、
“お金にならない”地域の課題解決を常に考えていて、
なんと、仕事時間の4割を地域貢献活動に
費やしているという。すなわち、4割もの時間を使い
“お金にはなりにくい取組”をしているのだ。
そこに大里綜合管理の“存在理由”がある。
結果的に“お金になる仕事”の“不動産賃貸・売買”や
土地の管理(草刈り)、“家づくり”が必要な時に、地域の人々は
大里綜合管理を選んでくれのだ。

これこそ“新・パラレルワーク”のカタチということ。
もしかして大里綜合管理は時代を一歩も二歩も先を行く
“ビジネス”を展開していたのかもしれない。
これから求められる企業の姿は
このような“新・パレルルワーク”の実践だ。


tre

“新・パラレルワーク”のカタチ

tre2

大里綜合管理株式会社の経営計画発表会に参加してきた

tre3

25回目くらいの連続参加

ページTOPへ
ページTOPへ