これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/15
2019

mobamain

“ヴィジュアルストーリーテリング”との出会い

先日、新宿の西口にある専門学校を訪問しながら
「この立地を伝えるためには、この西口の摩天楼を
この角度から動画映像で観せるだけで伝わるだろうなぁ」
なんて言っていた訳だ。

そのタイミングで読んでいた本が『動画2.0 VISUAL STORYTELLING』。
紀伊國屋で手に取りながらもその意味を理解しないままで
読み始めていたわけ。

「かつてはテキストが占めていたポジションは、写真や動画といった
ヴィジュアル表現に入れ替わっていく。
これが、ヴィジュアルストーリーテリングの時代が来る根拠だ」と明確に書かれていたのだ。
すなわち、ここまでスマホでありスクリーンが誰もの手元にある時代は、
当然分かりやすく、伝わりやすい動画の時代の到来だということ。

そう、こんな言い得たキーワードが欲しかったのだ。

そして私は次なるドローン映像の可能性のプレゼンで、ある大学を訪問。
NBCの仲間でもある経営学の教授に
にわか仕込みの“ヴィジュアルストーリーテリングの時代”を口にしてみたのだ。

すると、するとだ、その教授の背中の書棚には
“ヴィジュアルストーリーテリンング”の言葉が入った背表紙の本が
2冊も並んでるではないか。
当然、教授は難なく理解してくれた訳で…
この集約された奇遇。

まさにこれぞ「セレンディピティ」。

このことはただの偶然でなく、必然性ある偶然に違いない。
ほんの少し前までは目にしたことさえなかった
“ヴィジュアルストーリーテリング”。
今後の私に大きく関わるキーワードということなのだろう。

ところで何で、それまで名前を聞いたこともなかった
明石ガクト氏の本を買ったのだろう?
タイトルの「動画2.0」という響きだろうか?
動画の時代だということだけはすでに分かっていたからだろうか?

それはともかく…
やっぱり月に2回はセレンディピティを期待して
新宿紀伊國屋書店で本を漁ろう。

そう、セレンディピティを信ずる者は救われるのだ。
あー「儲かる」とは、信ずる者と書くんだっけ?

mobamain

『動画2.0 VISUAL STORYTELLING』

ページTOPへ