これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

07/08
2019

mobamain

川野先生、「心幹」を鍛えるって⁈

→情報にあふれた現代社会においては、
日増しに増大するストレスとどのように向き合ってゆけばよいか。

→いま、日本の若者層における自己肯定感の低下が
大きな問題に…

→最大のテーマは「他者への思いやりと共感性」であり、
そのためにまず養うべきなのが…

→では、健全な「自己愛」を育むにはどうすればいいか。

ということで、今回の“サマーカレッジ”のテーマは
「心幹を鍛える」。
やっぱり経営者は心幹がしっかりしていないと
取り巻く多くのトラブルや課題に対して
冷静に対処することはできないということ。

今回の多くの参加者が、川野泰周先生が発信する
「マインドフルネス」に共感していた。
こんなに混沌とした時代だからこそ、
まずは“自分”というものをどう制御するかということ。

そこで自分の呼吸に注意を向けるという川野流坐禅。
(いや臨済宗建長寺派の坐禅⁈)
今回はこの坐禅をみんなで体験し、
自分との相性と可能性を感じてみたわけ。

すると多くの参加者がこの坐禅に共感し、
何かを感じとったという。
いかに私たちが普段、自分自身と向き合っていないか
ということでもある。

川野先生曰く、
まず養うべきなのが
“自分自身への慈悲の心(セルフ・コンパッション)”だと。
すなわち「自分自身を愛すること」の大切さを理解し、
これを涵養していくことだというのだ。

分かったようで分からないが、
最後にアタマに残ったキーワードが「看脚下」。
禅語である。

まずは自分の足下を見よということ。

この坐禅を小さく続けていくことで、
私たちも、次第に分かってくるのかもしれない。
いや、分からないかもしれないが…

mobamain

川野先生にお話を伺った

moba2

静かな時間が流れる

ページTOPへ