これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

09/27
2021

moba

スタバ直前で、転倒する!!

私ではなく、やかんのこと。
このやかん、いい表情出してるね。

できれば、このやかんで沸かしたお湯を使って
美味しいコーヒーを味わいたかったが…
ハワード・シュルツ氏はこんなことがないように、
あのコーヒーマシンでコーヒーを淹れるようになったとか?!
「やかん体、転倒する。」が、
このアートのタイトルだという。

金沢には“もてなしドーム”に“鼓門(つづみもん)”、
そして21世紀美術館はもちろん、兼六園周辺にも
さまざまなおもてなし現代アートが点在している。

私が注目したのが、
駅東口のスタバ直前で転倒し、つぶれたやかんアート。
今や多くの若者が、“じゃあ、やかんの前で”と
このアート周りに腰掛けながら待ち合わせをするという。

作者の三枝氏も狙っていた“街中のお茶の間感”が
素朴な雰囲気と安心感の演出につながっているのだろう。

スタバがここにできたタイミングは分からないが
今改めて注目する私にとっては、
そのやかんの向き含め、いい構図となっている。

かわいそうだが、彫刻ということもあり
このやかんは、永遠にスタバにはたどり着けないわけだ。
ご覧の潰れたやかんの反対側には
転倒の衝撃でやかんから離れてしまったフタもある。

聞くところによると、このところコロナ患者が減少したこのもあり、
多くの旅行者が街を行き来し出したという。
(これが今、この街にとって嬉しいことかどうか分からないが…)

それは加賀百万石の歴史の街ということだけに甘えず
伝統を守りながらも、新たな現代アートであり
次なるまちづくりへの挑戦が、
多くの人たちが繰り返し来たくなる理由になっているのだろう。

まさに“革新することで伝統が進化する”わけだ。

このところの記憶に残るCM、
「リスクを冒さないことこそ、最大のリスクだ!!」
グサっ!!である。

moba1

金沢のスタバ前にある現代アート作品

moba2

転倒してつぶれた"やかんアート”

ページTOPへ