これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

12/20
2021

sgt_1

ココ・ファームの川田昇流、SDGsの実践 ~“SDGs”を知らなくとも、社会貢献はできる!~

先週、ビジ達で“ヴィンヤード多摩”の
ブランディングのお手伝いをしていることに触れた。
ブランディングに向け話をしている時に、“ヴィンヤード多摩”は
地域の障がいを持った方々や地域の福祉をも考えた
ワイナリーの展開を目指していると聞いた。
“ヴィンヤード多摩”の二人の経営者は地域の歯科医でもあり、
この地域の人たちの課題の解決をもしようとしている。

この話をしていた時に“ココ・ファーム・ワイナリー”の
川田昇先生を思い出し参考事例として紹介させてもらった。

今から7年ほど前の2014年6月にもビジ達で
紹介したのだが、ここで改めて紹介しよう。
川田先生は義務教育を終えようとしている
知的障がいを持った教え子たちが、
自ら生計を立てる術がないことに気がつく。
そこで、今から約70年前の1950年代、
川田先生は卒業後の“障がい者の働く場所”を考え、
栃木県足利市に三角山を自費で購入。
特殊学級の少年達と一緒に急斜面の山を切り開き、
600本あまりのぶどうの苗木を植え、
こども達とブドウづくりに取り組むことにした。
1969年には、この山のぶどう畑の隣に、
知的障がいを持つ人のための「こころみ学園」ができた。
そして、1980年、山のふもとのぶどう小屋と呼ばれた小さな小屋は、
“ココ・ファーム・ワイナリー”として産声をあげた。

ぶどう畑での農作業は知的障がい者にとって、
本来の人間の感覚を取り戻してくれるいい環境だという。
農作業の結果、健康に過ごせ、気持ちの上でも
達成感も得られていった。
長生きできないと思われていた障がい者たちだったが
結果的に川田先生を看取ることにもなった。
農作業には彼らを包み込むキャパシティがあるということ。

私が川田昇先生に会いにいった時は
先生はすでに88歳の高齢だった。
2010年に他界され、自分の財産はもとより、
自分の人生をもこどもたちのために捧げた人生だった。
こころみ学園は今も100人以上の障がい者を預かり、
先生のお子さまがワイナリーと共に経営にあたっている。

この事業はまさしくいま世間で言われているSDGsの実践事業。
SDGsを知らなくても社会課題の解決に取り組むことは
できるのだ。
60~70年前から川田先生があたりまえのように
取り組んでいたことは、SDGsの目標のうちの、
3.すべての人に健康と福祉を
8.働きがいも経済成長も
10.人や国の不平等をなくそう
等に貢献する。

70年前、川田先生はあたりまえのように、
目の前にあった社会課題に人生を賭け取り組んだのだ。
SDGsと謳わずとも社会貢献はできるということ。
これが川田昇流のSDGsであり、仕事道!

sgt2

ココ・ファーム・ワイナリー

sgt3

川田昇流SDGsの象徴である里山

ページTOPへ