これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

04/26
2021

tre2

新・パラレルワークの実践と“SDGs”の関係!?

先週のビジ達モバイルでも発信したが、
聖徳(しょうとく)学園高等学校にて“SDGs”を語ってきた。
私はそれほどSDGsに詳しいわけではなく、
どうしようかなと思ってたところ、
“企業のSDGsの取組”についてのお話を・・・
とのことだったので、“それなら”とお請けした。

講演会にて、“SDGsを実践する企業”として、
石坂産業の“経営品質賞”受賞について動画を交えて語り、
日本サービス大賞“地方創生大臣賞”受賞の大里綜合管理
についても語ってみた。
さらに、“鍵山掃除道”についても動画を交えて語った。

おかげさまで高校生の興味を引くこともでき、意味ある講演会を
開催できた。(と思いたい!!)

そこで改めて、今まで登場いただいた動画番組”Business Today”の
ゲストの方々を思いうかべたところ、かなりの率で
SDGsと深い関係のある会社が多かったことに気づいた。

“SDGs”とは、さまざまな社会課題のなかで
経済合理性に合致しなかった課題と
どう取り組んでいくかということ。
先日来、“新・パラレルワーク”として発信しているのは、
このお金になりにくい社会課題とも取り組んで、お金になる仕事との
パラレルワークを実践している企業こそが、
SDGsの取組企業だということ。

そこで”Business Today”にゲストとして参加してくださり、
新・パラレルワークをすでに実践している企業を紹介しよう。

石坂産業 → 里山整備、98%のリサイクル
大里綜合管理 → 地域貢献活動、まちづくり
ココファームワイナリー → 障がいを持つ人の雇用
佰食屋 → 働き方改革
ユーグレナ → バングラデッシュの飢餓をなくす目的で創業
TBM → 石灰石から紙の製造
ロコ・ソラーレ → 北海道、北見市の活性化
パンアキモトの救缶鳥 → 世界の飢餓地域へのパンを発送
アルケッチャーノの奥田シェフ → 山形県、鶴岡市の地域創生
秋山木工 → 若き職人の養生
プレジャー企画 → ホスピタルクラウン活動

これらの会社は、“新・パラレルワーク”を実践していて
結果的にSDGsに通ずる活動をしているのだ。

動画番組”Business Today”では、私自身の企業経営の価値感に
合致するゲストをお招きしている。
すなわち、私の経営に対する価値感は
経済合理性に敵うビジネスを展開する企業を
応援していないということなのだ!
そういえば拙著、
『非効率の会社がうまくいく理由』も『儲けないがいい』も
同じ理念で書かれているわけ。 

SDGsとは積み残された経済合理性に合わない
社会課題にどう対応していくかということだ。
改めて、私のこの価値感はずっと私の中に存在していた・・・と
改めて気がついた!?

tre

新・パラレルワークとは

tre2

“新・パラレルワーク”を実践して何が起こるか

ページTOPへ