これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

06/08
2020

keymain

令和ビジネスにおける 中島流“コンピテンシー・マネジメント”のすすめ

またまた、“新キーワード“の発信である。
“コンピテンシー”とは“成果につながる考え方や行動特性”を言い、
“コンピテンシー・マネジメント”とは、
“成果につながる能力のマネジメント”ということ。

しばらく前に、プロジェクトリーダーにる
マネジメントと称して、これからの時代のマネジメンドメソッドを
概念図で紹介した。
これと体系は変わっていないのだが、今回タイトルを
“コンピテンシー・マネジメント”としたわけだ。
この概念図は中島オリジナルであり、それなりに
的を射たメソッドだと自負している。
その中で、“成果につながる行動特性”を意識した
マネジメントとしたことが今回のポイント。

ドラッガー著の、『経営者の条件』では、
「成果をあげる人とあげない人の差は、習慣的な姿勢である」と。
そして・・・「ほかの人間をマネジメントできるなどということは
証明されていない。
しかし、自らをマネジメントすることは常に可能である。
マネジメントとは模範となることによって行うものである」
と書かれている。

成果を生み出しているのは、いわゆる業務知識や専門知識では
なく“5つの能力”としている。
それは・・・、
1. 時間管理する
2. “貢献”に焦点を合わせる
3. 人の強みを活かす
4. 最も重要なことに集中する
5. 成果のあがる意思決定をする

部下をマネジメントしなさいと言っても
できるものではないから、背中を見せることと
自分自身が体系化されたものを習慣化し、
きちっと進めてさえいれば、
結果的にマネジメントとディベロップメントの両方が
できるということにつながるのだ。

ここで、図を見て欲しい。
プロジェクトリーダーは、
チームの目標設定、組織づくり、目標達成へのプロセスづくりと
評価をどう管理するかのマネジメンド側面。
そして、OJT(どう経験させるか)、動機づけ、フィードバック、
フォローアップを管理し、個々をどう成長させていくかの
キャリアディベロップメントの2つの側面から
マネジメントをしていくということ。

その中でも中島流は、3チング!
(通常はこんな言い方はしていないが・・・)
すなわち、このマネジメントとディベロップメントの合計
8コのタスクをどう日々のコミュニュケーションに
落とし込んでいくかということ。
マネージャーは“ティーチング”で教え、
“ミーティング”で対話をし、“コーチング”でモチベーションアップするという
この3つのコミュニュケーション手段を
うまく使いわけることがポイント。
まさに、ミレニアム世代が中心となるこれからの時代は
リーダーが、個々の人間力とチーム力を向上させ、成果に導く
ことが大切なのだ。
これが、令和ビジネスにおける成果につながる
“コンピテンシー・マネジメント”ということ。

マネージャーがこの“コンピテンシー・マネジメント”のメソッドに倣い、
“コンピテンシー”を意識して実践することが、
結果として部下が成長し、成果もついてくるということなのだ。

keymain

“成果につながる能力のマネジメント”

key2

“コンピテンシー”とは“成果につながる考え方や行動特性”

key3

令和ビジネスのマネージメント!

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

05/25
2020

keymain

“Coronaトランスフォーメーション”の実践!

先週も“Chance to Challenge”と題し、
今こそ“Nextステージ派”になるべきと発信した。

私は、“パラダイムシフト75”として、
グローバル経済化、デジタル化の促進により、
価値観が転換する時と以前から発信していた。
そしてデジタル革命による“破壊的イノベーション”が起き
産業構造の大転換期だと目されていた、まさにこのタイミングで
コロナショックが起きたのだ。

コロナによる影響が出始めたのが2月からだとすると
まだ3ヶ月しか経過していないのに、“広さ・深さ・長さ”
において既に過去の危機を上回る“破壊的危機”
となるのは間違いない。

アフターコロナでは以前に戻るのかというと・・・、

旅行について・・・
海外からのインバンド需要はコロナが収束したとしても
簡単には戻らない。一度ボーダーが出来てしまったので、
しばらくは海外への旅行を控えるだろう。
国内旅行は徐々に増えて行くだろうが、完全に戻るには
数年の歳月がかかる。

外食産業について・・・
オンラインをベースにしたデリバリー需要が大きくなっていく
のは間違いない。
実際、都心では、ウーバーイーツや出前館のバイクを
頻繁に見かける。
(店需要が以前のように復活することはないだろう)

働き方改革について・・・
私の会社でもほとんどのスタッフは自宅で仕事をし
ほんの数名だけが出社している状態。
テレワークが浸透すると、スタッフ全員が集まることは
特別なとき以外ないだろう。
それは、時間の節約、交通費の節約、賃料の節約にもつながる。
その上、都心への人口の集中は地震や災害を考えると
リスクが大きく避けるべきだと多くが気づき始めた。

この3点をとってももう以前と同じにはならないことが明白だ。
そこで、私は声高く“コロナ・トランスフォーメーション“の実践!
と発信したい。
トランスフォーメーションとは、“大きな改革”という意味。
すなわちコロナ禍により、より速く、より大きく、より確かに
変革しなければならなくなったわけだからだ。

それは、
1.日本社会における Japaneseトランスフォーメーション。
 足踏みしていた日本の産業構造も含めた社会構造の大変革ととき。
 少し前までは Japanese up-cycleと発信していたが、
 もはや、up-cycleでは不十分となったがゆえの
 トランスフォーメーションなのだ。

2.Corporateトランスフォーメーション。
 会社の中での組織、評価基準、デジタル化、働き方等を
 ドラスティックに変えていく。

そして、この2つのトランスフォーメーションを進めていく上で
大切なことはミレニアム世代へ委ねていくことだ。
これからの時代をつくるミレニアム世代が
この難局に対応することで、新たな価値観がビジネスに反映されて
いくということなのだ。
さぁ、この期に、私達の世代交代も進めていこうではないか。

keymain

今が変化のとき!

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

05/11
2020

key

“地球市民主義”からの美意識の醸成

先日のビジ達モバイルにて、
「コロナ禍により“グローバル市民主義”へ」の
お話をさせてもらった。

中島流の「金・物・人・情」すなわち
4つの商流が地球規模となり,
グローバル経済化が進んだ現在、負の側面からの諸問題に対しても
当然、何らかの対策を進めなくてはならない。
それが“グローバル市民主義”であり、『地球市民化』の発想である。
地球上の75億人が『地球市民』となり
国家を超えて思考し行動していくべきだということ。

今、世界は、コロナ禍に対して、各国政府が
“多層的な封じ込め”をしている。
これは短期的には有効だが、コロナ禍も環境問題の一つと
捉えると、今後は国家を超えた連帯が求められてくる。

ご存知の“SDGs(持続可能な開発目標)”は
17の具体的な目標を掲げている。
ただこの発想はあくまでトップダウンの展開。
従い、人々が具体的な行動になかなか行き着けないないのが現状だ。

そこで、トップダウンではなく、ボトムアップ型の
国家の枠組みを超えた市民運動の展開を提唱したい。
すなわち、“地球市民意識の醸成”だ。

12才(日本でいうと小学校6年生)になると
“地球市民バッジ”が配布され、地球市民としての
自覚を促すというしくみ。
“地球市民”として、美意識、すなわち、「真」・「善」・「美」の価値観により
12才以上の人たちは国を超え考え行動していく。
もちろんその地球市民バッジは常に身につけておきたいと思うよう
カッコよくなければならないわけだが・・・。

まずは、世界の人口75億人のうち、60億人(12才以上)ほどに配る。
毎年、12才になる人たちに地球市民バッジを配布し、
もらったと同時に“地球市民”としての意識高揚をねらう。

“グローバル市民主義”とは、
人々は第一に「地球市民」すなわちGlobal Citizenとして所属し、
第二として「日本国民」すなわちCountry Peopleとして所属する
ことがキーポイント。

もちろんバッジの配布と共に、地球市民憲章を提唱し、地球・世界に対しての
権利・義務・責任等を思考・判断し、行動に移してもらうのだ。
“真”を追求すること・”倫理感”を追求すること・“美しい“を追求すること、
すなわち、「美意識」を意識して地球・世界に対して
責任ある行動をする“地球市民主義”だ。

新型コロナウィルスが地球規模で拡がった今、
この問題及び今後の同等の問題等の解決には
地球規模で連帯しての解決しかない。
(環境問題含め、今後はたくさんやって来るように思える)
この機こそ、人々が”地球市民意識”を持つとき。
世界中の人々に、「美意識を基軸」とした
ボトムアップ型の“地球市民意識”の醸成を提唱したい。



key

“グローバル市民主義”へ!

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

04/13
2020

keymain0413

NeedsソリューションからWantsソリューションへ

この“NeedsからWantsへ“は、既に30年ほど前から
言われていることなのだが、
2020年の今、この大きな流れの変わり目だということだ。
近視眼的に日々を過ごしていては当然分からないわけ。
今!“美意識”や“感性”が求められると今まで発信してきたが、
まさに、“Wantsソリューション”においては、
“美意識”や“感性”が求められるのだ。

18世紀後半の“第一次産業革命”。
1769年ジェームズ・ワットが蒸気機関を改良し、
蒸気船・汽車、紡績や織機などの
動力源となったのが第一次産業革命。
19世紀後半から20世紀初頭までの
アメリカやドイツを中心とした軽工業から重工業への転換。
フォードーやGMのガソリン車の大量生産が“第二次産業革命”。
20世紀後半の電子工学や情報技術を用いた一層の
オートメーション化やコンピューターが普及した“第三次産業革命”。
ここまでの250年以上続いたモノづくりは“Needsソリューション”だ。
すなわち経済的“必要”に迫られ新技術が産まれていった。
マズローの5段階欲求で言うと、“生存・安全”
の欲求のためのソリューションだったのだ。

今、開発が進んでいる、ブロックチェーン、ナノテック、
バイオテクノロジー、AIによる代替化等の
破壊的イノベーションは“第四次産業革命”と言われている。
そして、この第四時産業革命で産み出されるものは、
“Wantsソリューション”ビジネスとなるのだ。
世の人々の“もっと速く” “もっと美しく”・・・等の
欲求に対して先端のテクノロジーを活かしての実現ということ。

このテクノロジーに加えて、“美意識”や“感性”が求められる
ビジネスがまさにこのWantsソリューションビジネスなのだ。
そしてこれは、マズローの5段階欲求でいうところの、
5番目の“自己実現欲求”をどう実現していくかが
ビジネスに求められるということ。

例えば、価格は高いがスターバックスを好む若い世代。
例えば、iPhone。
これらは人々の美意識、感性を刺激している。
まさに、ハワード・シュルツの世界観であり、
スティーブ・ジョブズの世界観こそが
“Wantsソリューション”の代表例と言っていいだろう。
すでに“必要”とか“役に立つ”という価値観の時代ではないのだ。

まさにこの2020年を大きな変わり目の年と考えて欲しい。
(まぁ~すでに始まっていたわけだが・・・)
産業革命以来、約300年続いた“Needsソリューション”から、
人々の自己実現欲求をどう課題解決するかの
“Wantsソリューション”へということ。
ただし、美意識や世界観を表現するのは、
私達、昭和時代のセンスでは克服不可能。
ミレニアム世代こそが、この“Wantsソリューション”で
求められる美意識や感性を持っている。
彼らが主導権を握った時にこそ、スターバックスや
アップルに対抗するビジネスが展開されていくのではないか。

まさに2020年が時の流れの中で、大きな変化の時代となる
ことは間違いないようだ。

keymain0413

NeedsからWantsへ!

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

03/23
2020

プレゼンテーション1

今こそ「不易」の価値観“先義後利”の実践

今までビジ達では、「不易流行」の“流行”の話を主に
してきた。
すなわち、破壊的テクノロジーを導入して新しい時代のビジネスに
対応していかねばならないと・・・。

一方、私は“先義後利”という価値観も大切だと発信して来ている。
改めて、変化の時代だからこそ、この“普遍的価値観”を紹介する。

先日も、ある女性経営者から経営において“義”を重んじる
ことを調べていたら、拙著「儲けないがいい」に
辿り着いたと連絡があった。その本にも書いたのだが、
“先義後利”とは、中国の儒学の祖の一人、紀元前300年頃に書かれた
荀子の「栄辱編」の中にある
「義を先にして利を後にする者は栄える」から引用したものだ。
あの百貨店の“大丸”も“先義後利”を会社の理念にしていると聞いている。
「お客様、社会への義を優先することによって信頼を得、
ブランドとなり、結果として会社が栄える」という。

実はこの“先義後利”は江戸時代中期に石田梅岩(石門心学)
によって広まった。
「石門心学」はこの時代にあっても、私達も月に一度、学んでいるのだが、
この「石門心学」に影響を受けたのが、“大丸”であり、
京都のお麩屋“半兵衛麩”さんだ。

この“半兵衛麩”、10代目、玉置半兵衛さんの日記に
「うちは、昨日、今日できたお麩屋やないや。
先祖代々がお麩で生きてきたんや。
このありがたいお麩を
ヤミからヤミに葬り、金儲けするなんてマネはできないんや。
そんなことしたら、ご先祖さんに叱られるで。
こんな世の中、そう長くは続かない。
必ずきちんとした商売ができるときがくるから、
それまで辛抱しいや。」
と記されていたと11代目から聞いた。

荀子の時代から2千数百年、石田梅岩の時代からも既に300年近く
経っているが“先義後利”の教えは色あせない。
どんなにIT、AI、ロボットが発達したとしても、
人間が関わっている以上この価値観は普遍と言っていいだろう。

不易流行の“流行”も大切だが、“不易”の価値観も大切だということ。
一方で効率を追求しながらも、ここだという時には「義」を重んる。
これが人としての「徳」への道であり、結果として
会社や家系の継続につながるのだ。
中島流“先義後利”のトライアングルでは、この
“利”と“義”のバランスを大事にしている。

“報徳思想”という言葉を発信した二宮尊徳翁も
「道徳を忘れた経済は罪悪であり、
しかし、経済を無視した道徳は寝言でしかない」と。
当時、経済・道徳という言葉はまだ生まれていないはずだが(?)、
二宮尊徳翁もこのバランスが大事だと言っている。

先端技術優先の効率ばかりを追い求めるのではなく、
商売を長く続けるには、“先義後利”の普遍の価値観を
経営に活かしていくことが大事なのだ。

中島流ビジネスは常に“不易流行”を意識している。
ふっふっふっ・・・。

プレゼンテーション1

“先義後利”という価値観も大切

key2

拙著も読んでみてほしい

ページTOPへ
ページTOPへ