これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれる仕事道

06/18
2018

sgt_main

ヘイコ―パック流“前始末”

恒例の「日本を美しくする会」企業見学会で、
栃木県にある“ヘイコーパック株式会社”にお邪魔した。
社長の鈴木 健夫氏に案内してもらい、
工場内の見学はもちろん、掃除用具置き場についても
説明していただいたのだ。

今回の見学会はさまざまな角度から5Sが徹底されていて、
参加者が頷く場面も多く、満足度も高い研修となった。

たとえば、ホームセンターで購入する掃除用の箒は
穂が抜けやすいため、すぐに紐で補強する。
ペンチや金槌などの金物掃除道具は、
1つずつの置き場所が文字と型抜きによって
定められていて、誰もが対応しやすい保管ルールに。

“ヘイコーパック”では、備品を元の場所に戻すのは当たり前。
(もちろん、バケツの取っ手の向きもバッチリだ!)

社員の人たちが自販機で買って飲んだペットボトルや空き缶も、
必ず濯いで所定の位置に逆さで並べられている。
水道より遠いところに並べるのは、
また水がかかって濡れないようにしているのだとか。

“推して知るべし”というが、こういう気遣いやルールが
色々な仕事にも活きてくるのだと鈴木氏は言いたかったのだろう。
まさにこれは、例のイトーヨーカ堂創業者の
伊藤さんが発信した“前始末”ではないか!

また、10年ほど前に出版した私の書籍には、
中島流“タラレバ3回ルール3乗”というものがある。
「こうしていればよかった…」という同じことが
3回続いたら、ルール化してしまおう! という法則のこと。

つまりタラレバをルール化し、前始末を徹底することによって、
なにか始めようという時すぐ本題に入れるようになるのだ。

鈴木氏によると色分けなどのルールづくりで、
分かりやすい管理を徹底しているのには理由がある。
実は、“ヘイコーパック”の従業員は、
160数名中38名が障がいを持っている方々だという。

障がい者の方々が働きやすい環境をつくる
という名目もあるが、実は健常者がより手本になろうと
率先して動くことに意味があるのではないだろうか?

これぞまさに、ヘイコーパックの仕事道なのだろう!
中島流の“タラレバ3回ルール3乗”も
すばらしい法則だが…(自画自賛)
ビジネスはやっぱり“前始末”が大切。

ヘイコーパックの徹底した“前始末”には、
参加者の誰もが感嘆の声をあげていたのだ。

sgt1

バケツの取っ手までキッチリ並んでいる!

sgt2

徹底した“前始末”

sgt3

参加者のみなさん

sgt_main

美しく並んでいる!

ページTOPへ
選ばれる仕事道

06/04
2018

sgtmain

新井和宏流、投資の仕事道

鎌倉投信のファンドマネージャー、新井和宏氏。
(NHKの仕事の流儀にも登場された方である)
そんな新井氏を私も所属する経営者の集まりでゲスト講師として招聘。
「よい会社とは」をテーマにお話をしていただく予定なのだ。

新井氏によると、投資先は必ず
“よい会社”に決めているという。
そんな鎌倉投信を信頼し、
長期で投資しているお客さまは1万7000人!
なんと、300億円を超える運用額を持っているという。

しかし、“よい会社”とは一体なんなのか…!?

たとえば、鎌倉投信は例のミドリムシの会社
「ユーグレナ」にも投資を行っている。
ユーグレナはミドリムシにより世界の飢餓問題や、
エネルギー問題のソリューションに貢献しているのだ。
つまり、ここに投資することでそのお金を
未来の社会貢献に活用し、孫子の代によい影響を
与えられる企業支援をしているということ。

新井氏流にいうと、
収益という概念は「総合的付加価値の創造」と
考えることで言葉に幅がでてくる。
すなわち収益とは、「企業の財務的・社会的な価値の総合」
であると定義していくべきと語っている。
数字では表しにくいが、社会に与える“よい影響”も
収益の1つだと考え評価しているのである。

東日本大震災の時、世の中の多くの投資家は
リスクを避けるため株を売ったという。
しかし鎌倉投信の受益者たちは、
こんな時だからこそ“よい会社”の力になりたいと
いつも以上に入金してくれたのだとか。
(すばらしい!)

このような発想は、自分たちの社会的役割を
追求したその先にはじめて見えてくるものである。
お金だけでなく、情熱を注ぐことで
それがよいかたちでリターンとなるのだろう。

ちなみに、投資信託の会社として
その運用成績もかなり高いというからすごい。
これぞ、ファンドマネージャーの仕事道と
いえるのではないだろうか。

sgtmain

鎌倉投信のファンドマネージャー、新井和宏氏!

ページTOPへ
選ばれる仕事道

05/28
2018

_DSC8043

山武市長の“タテの仕事道”

先日、千葉県山武市の市長を
4月まで務めていた椎名千収氏とお会いした。
椎名氏は、成凍町長を12年、山武市の市長を12年、
すなわち四半世紀に渡って、
自治体のリーダーを務めてきたわけである。
私も椎名町長(当時)から、成人式での講演の依頼を受け、
登壇させていただいたこともある。

そんな椎名氏が、ついに勇退されたということで、
大里総合管理でのイベントに登壇された。
参加者は100名を超え、
中には、元教育長や副市長など中央官庁からの出席者もいた。
皆さん口を揃えていうのは、
「これまでの取り組みは、
椎名氏だからこそできた功績だ」ということ。

例えば、市民自治支援課を新設し、
既存の自治会などを活かした町の
コミュニティの深化を目指した。
また、市内の高校の未来を考え、
スーパーグローバルハイスクールの
指定を受けるためのチャレンジをし、
見事、松尾高校は国際的な取組みを
している高校として認定を受けている。

以前、私のラジオに出演いただいた時も、
これらの自分の功績を自慢げに語るわけでもなく、
市民のことを第一に考えている真摯な姿が印象的だった。
(番組を盛り上げようとする私にとっては大変だったけど…)

そんな椎名氏の首長としての姿勢については
周囲の人も同じように感じているのか、
誰もが口を揃えて「椎名さんのおかげだ」という。

椎名氏の取り組みには2つの特徴がある。

まずは、
「誰もが幸せを実感できる独立都市・山武」という
スローガンにも現れているように、
これらの功績はまさに、中島流“エコーロケーション戦略”だと言える。
すなわち、過去の事例だとか
周りの自治体がやっているからなどにとらわれない展開。
これは、さまざまなチャレンジや施策を繰り返し、
その反響から次なるチャレンジの内容や切り口・角度を考え、
再度チャレンジをしていくというもの。
市民からの生きたフィードバックを得ながら、
次に何が必要なのか試行錯誤してこられたのだろう。

また、もう1つの特徴は、「タテの発想」。
ヨコとの比較ではなく、“タテ”に集中した考え方である。
これまでの地域の歴史と、
これからの未来がどうあるべきかに
注力する椎名氏の“タテ”重視の姿勢は、
自治体の運営だけでなく私たち経営者にとっても、
非常に学ぶところが多いといえる。


変わりゆく時代の中で、
自分が今いる場所での「タテの発想」こそが、
本来のあり方が見えてくるということなのだろう。

全国に3000人を超す首長さんがいるわけだが、
そのうちの何人が「タテの発想」を実践しているのだろう。

_DSC8043

四半世紀に渡り自治体のリーダーを務めてきた

_DSC8056

大里総合管理でのイベントの様子

_DSC8049

参加者は100名を超えた

ページTOPへ
選ばれる仕事道

05/21
2018

_DSC8430

川野泰周氏に学ぶ”心幹の鍛え方”

ここ最近、プロアスリートたちが一生懸命鍛えている体幹。
しかし、今回お話したいのは体の幹ではなく、“心幹”のほう!

心の中心となる部分を、どのように鍛えればよいのか…?
先日のαクラブ定例セミナーで、精神科医であり
禅宗の住職でもある川野泰周氏を訪ね、お話ししていただいた。

川野氏は、慶応大学の医学部をでて精神科医の経験を積み、
さらには臨済宗建長寺にて3年半の修業を積んだという。
(日本中探しても、こんな方は他にいないのでは…!?)
そして、この2つを上手くオーバーラップした価値観
“マインドフルネス”をテーマに、情報を発信しているという。

マインドフルネスとは、今現在起こっている
リアルタイムの経験に意識を集中させている状態のこと。
今回のセミナーでは、これがどういうものなのか、
坐禅や瞑想を通して体験させてもらった。

インターネットが当たり前のように普及して
進化し続けている今、私たちの身のまわりには
情報が洪水のように溢れている。
つまり、情報の取捨選択がしにくい状況なのだ
(20年前とは全く違う精神環境なんだよねぇ~)。

スマホやiPad、パソコンに次々と着信サインが…!
このように、脳が情報に追い詰められ、
精神的なストレスに苛まれてしまうということ。
その結果、現代の病は身体的なもの以上に
精神的なものにシフトしてきているのだ。
ここに対してアプローチをしていくのが、川野流!

マインドフルネスの状態をつくるためには、
毎日瞑想の時間を取るなど、常に継続していくことが重要。
こうすることで、“心幹”がつくられるという。
この状態をより多くの人に体験してもらい、
精神的強さでありバランスを身につけてもらうのが
川野氏の目指すところなのだ。

今回の体験&セミナーで、マインドフルネスのコツを学び
自分ごととして捉えた参加者たちは、
今の社会問題に対して真摯に取り組む川野氏の
姿勢にも刺激を受けたようである。
これぞ、これからの時代の仕事道なのではないだろうか!?

sgt_main

精神科医であり禅宗の住職でもある川野泰周氏

sgt2

定例セミナーの様子

sgt3

.“心幹”について語っていただいた!

ページTOPへ
選ばれる仕事道

04/23
2018

sgt_1

非常識なオープン経営

今回お話しする「非常識なオープン経営」は、
私の1冊目の著書である『非効率の会社が上手くいく理由』と親和性の高い話である。

先日、3年でEC通販売上3倍へと拡大させた株式会社ココシスの岡部隆司会長とお話する機会があった。
岡部会長の経営方針はまさに「常識的ではない」のである。

非常識なオープン経営
1. 1、朝礼を2時間以上かけて毎日行う
2. 2、役員は総選挙で決める
3. 3、賃金制度も社員が決めている
4. 4、人事部・総務部などの間接部門がない
5. 5、新卒社員も新商品開発を行う
6. 6、コールセンターには、マニュアルもないしスーパーバイザーもいない

2時間の朝礼と聞くと、
社員にとって厳しいものに感じるだろう。
しかし、社員みんなが持ち回りでプレゼンを行うなど、楽しんでやっているそうだ。
これは「感謝の朝礼」と呼ばれ、これまで6000人を超える方々が視察に訪れている。

また40億を越す売上を持つ会社であっても、
役員プレゼンを経て社長を決めたり、
間接部門もみんなで協力しながら行ったりと、
一人に権限を集中することなく、オープンな経営をしているのだ。

経営者はついつい「どうだ、スゴいだろう!」と
自己顕示欲を満足させる経営に走ってしまうことが多々ある。
それでは、社員がついていきにくいのはもちろん、
関わる誰もが幸せになる会社経営の追求とは言えない。

ではなぜ、岡部会長はここまで非常識なオープン経営をするのか。

それは、
「人は自分のことにしかエネルギーを燃やさない」という考えがあるからだ。
社員一人ひとりが、会社経営を自分ごととして考えられるようにする。
それこそ、岡部会長の哲理哲学と言えるだろう。

(とはいえ、まだまだ実験段階と言っているが…)

だからこそ、
新卒社員の商品企画であっても
きちんと売上に繋がっていたり、
スーパーバイザーのいないコールセンターでも
安定運営が出来ていたり、と成果が出ているのだろう。

この非常識なオープン経営、
自分たちの取り組みに活かせる視点がないか、ぜひ考えてみてほしい。

(私の『非効率な会社が上手くいく理由』も読んでもらうと、新たな発見があるかも…?!)

sgt_1

岡部会長、なんと爽やかな笑顔!

ページTOPへ
ページTOPへ