これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれる仕事道

03/18
2019

sgtmain
NEW

才能じゃなく、粘り!隈研吾の仕事道

「僕はもともと、コンクリートの壮大な造形美に憧れていた」
え!と驚いたのは、この発言者が隈研吾氏だったから。

隈研吾氏といえば、寺院建築を思わせる木材の使い方で、
伝統と革新の調和を目指す建築家。
私の住む神楽坂近くにある商業施設「la kagu」も、
青山の根津美術館も、建設中の新国立競技場も、
木材であり、木調を活かしたデザインが印象的なのだ。
その人が「コンクリートの壮大な造形美」
だなんて・・・驚きの一言。

隈氏によると、転機は70年代。
オイルショックや公害が話題になった時代、
「建築はこのままでいいのか」と考えたのだそうだ。
コンクリートの造形美に熱狂していた
自分への反省もあり、一方で自然の大切さを実感したことも…。

ちょうどその頃に米国のコロンビア大学へ
留学する機会があり、
木材を使った建築の魅力に目覚めたという。
この留学がなければ今の隈研吾はなかったというが、
その後がもっとすごい。

バブルの終わり頃、初めて自分の設計事務所を
構えた時には、独立したての隈氏のもとにも
好立地の設計依頼が舞い込んできたそうだ。
ところが、バブル崩壊後の10年間は都心での依頼は激減。
そして、ゼロになったという。

それならば・・・と、地方の町や村を回り始めた。
そして隈氏が辿り着いたテーマが、
“田舎の木を活かした建築”。
その地方に溶け込む設計をすること。
一見、華々しい仕事がなかった10年間で、
現在のスタイルが確立されていったのだ。

さらに私が驚いたのは「建築っていうのは、
才能じゃなく粘り」の一言。
東大の建築学科を出て「才能じゃなく」?!
なんて思っちゃうけど・・・
実は、ナカジマ流でも「仕事は、才能じゃなくて粘り」。
凡事徹底、と何度繰り返しているように、
粘りで掴めるものがあると信じているのだ。
それを、まさか隈研吾氏から聞くとは!

隈氏の代表的な建築思想に「負ける建築」というものがある。
周囲を威圧する高層建築ではなく、
地域の風土に溶け込み、時には施主の経済事情を汲み取り、
様々な条件を「受容する建築」ということ。
(たぶんこんなこと…)

つまり、隈研吾氏の中に、
「自分の才能だけで仕事する」という発想はないのだ。
様々な条件を受容しながらも、そこから生まれる
新しい価値観こそが、環境との調和をも生み出すと
言いたいのだろう。

仕事のない10年間にコツコツと培ったものが、
現在の活躍を支えていること。
こうした方が「才能ではなく粘り」と
語っているわけで・・・う~ん、嬉しいですねえ。

隈研吾氏とナカジマの間に、年齢(同い年です!)
以上の共通点が見つかったというお話でした。

sgtmain

この建物も…

sgt2

この建物も…

sgt3

そしてこの建物も隈氏の設計

sgt4

隈研吾氏とナカジマは同い年!

ページTOPへ
選ばれる仕事道

03/04
2019

sgtmain

鍵山流“掃除道の極意”

「何かを新たに始めることは、大変なことです。
第一歩は、とにかく大変です。三歩、五歩、
十歩と進むことも、大変。それを継続するのは、もっと大変です。」

これは、病身を押して先日久しぶりに
「掃除の会」総会へ姿を現された鍵山相談役の言葉。
今年で26年目を迎えた掃除の会の
総会でのことだ。

それはさらにこんな風に続く。
「そして人に伝えることも大変。
私の尊敬する先輩が『自分が努力して、
たとえ伝わらないとしても、届かなくても、
伝えようと努力しなさい』と仰っていました。
とにかく伝えようと努力しなさい。
そしてそれを続ければ、いつかは届き、伝わるんです」

だからこの活動とその意義を、
次なる世代にもどうか伝えていって欲しい・・・という、
実に鍵山相談役らしい話だった。

その話を聞きながら私は、鍵山相談役の仰っていること、
やっていることは全て、「基本的なことを徹底する」
という信念に貫かれていることを改めて感じていた。

もうビジ逹読者なら知っていると思うが
『鍵山秀三郎 一日一話』というメルマガ。
これは、鍵山相談役が以前出された本の内容を
メルマガとして365日配信しているもの。
こっそり言うが…
(『日本を美しくする会』のHPから
無料登録できるので、まだ登録していない方はぜひ!)

私がこのメルマガをとりはじめてから、約6年。
関係者であるから、スタートから読んでいるわけだが、
6年読み続けていても、読むたびに勉強になるのだ。
ふとメルマガを開くと、その度になぜか“気づき”がある。
(365日分が6回も繰り返されているわけ)
こんなコンテンツ、他にはないのではないか。

例えば、2月に配信された『挨拶』についてのコラム。
「挨拶で心がけていることは、
その人の名前を必ずつけることです。」
自分の名前には不思議と敏感に反応してしまうのが
人間だから、挨拶のときに名前をつけるだけで、
挨拶に血が通う・・・そんなお話だ。

原文はほんの短い文章なのだが、
読んだ後にはいろいろなことが頭を巡るのだ。
他にも、『日本を良くする方法』。
「たとえ政府が100兆円投下しても、
今の日本は良くなりません」とはじまる。
日本を良くするためには、国民一人ひとりの
ちょっとした思いやりや、
人を喜ばせる気持ちを持つことだというのだ。

「国民1人ひとりの生き方に、
この国の将来がかかっています。」
多くの人はついつい税金の使い方ばかりに気が行ってしまい、
自分を省みることができないものだ。
国のせい、という前に出来ることがある、
と気づかせてくれる。

まだまだ、紹介しきれないほどあるが、
一つ一つは150文字程度の短いものだ。
そこに鍵山相談役ならではの自身の体験からくる、
含蓄ある気づきや、学びがある。

「凡事徹底」を通して相談役が学ばれた
様々なことのエッセンスがそこにあり、
私たちが気づけないことを教えてくれている。

sgtmain

鍵山相談役

sgt2

今年で26年目を迎えた掃除の会

ページTOPへ
選ばれる仕事道

02/25
2019

sgtmain0225

切腹覚悟の仕事道

何度かこのビジ達でも話題にしてきた「切腹最中」。
“切腹”したかのようにぱっくりと口を開けた、餡子たっぷりの最中だ。
ネーミングと姿のインパクトで、メディアにも取り上げられる機会が多い。
つい先ごろのバレンタインデーには、
いつもの白帯にキスマークをつけて、
切腹ならぬ“接吻”最中として売り出したとか。

そんなおちゃめな切腹最中は、平日でも1日4,000~5,000個、
多い時には7,000個以上も売り上げる人気商品だ。

切腹最中が初めて発売されたのは、およそ30年前、1990年。
私が知ったのは2000年頃で、
当時は渡辺社長とも色々とお話をさせていただいたのだが、
この方は老舗和菓子屋の3代目…ただし養子!
自分のアイデアが通りにくい背景もあったようだ。

切腹最中を思いついても、自分の一存では実行に移せない。
先代の奥様にお伺いを立てる必要があり、恐る恐る聞いてみたら
「切腹最中?!うちは小さくても
歴史があるお菓子屋なのに“切腹”だなんて!」と大反対。
2年もかけて説得して、やっと1990年の発売にたどり着いたそう。

満を持しての発売だったが、これが始めはちっとも売れない!
それがどうして人気商品になったのか?

まず1つ目は、ネーミングインパクトがあったこと。
「切腹」という老舗和菓子屋には
ふさわしくないほどのネーミングが、まずは勝因だろう。
2つ目は、デザインのインパクト。
切腹最中を見たことがない方は今すぐ検索!
最中そのものが大胆な意匠だ。
3つ目が、忠臣蔵と深い関係があるというストーリー性。
4つ目は言うまでもなく味作り。
5つ目は、これらを周囲に広めていく発信力。
と、まあ挙げれば当たり前のことばかりだが・・・。
私がつくづく感心したのは、当たり前ではない6つ目。
ネバーギブアップの精神だ。「しつこさ」と言い換えてもいい。
最初に周りの人たちに反対されたときも、
いざ発売してちっとも売れなかったときも、
社長はめげず、しつこく、切腹最中を信じ続けた。

ビジネスにおける謝罪手土産として話題になったなどの
幸運もあったにせよ、その逆風にもめげず
発信を続けることはなかなかできないことだ。
その結果が大人気商品に結びついたというわけ。

と、私がよく紹介している北海道・日高山脈の
ふもとのパン屋「カントリーブラン」を思い出してしまった。

この店は、パンのための水を求めるうちに、
人口200人程度の小さな村にたどり着いたのだという。
普通に考えれば立地は最悪。
ところが、いまや遠くからお客さんが訪れる繁盛店なのだ。
この店もやはり、先ほどの1から5の項目をしっかり満たしている
(詳しくは過去のビジ達を!)。
そしてなによりもネバーギブアップの精神。
素材にもこだわった美味しいパンなら、
きっとみんな分かってくれる
という信念で続け繁盛店になったのだ。

元は新橋のはずれの小さな和菓子屋さんだった
新正堂(しんしょうどう)も、切腹最中は必ず人気商品になる!
という強い信念によって、大繁盛店へ。
まさにネバーギブアップの、切腹覚悟の仕事道と言えるだろう。

sgtmain0225

これが切腹最中

sgt02

3代目社長!

sgt03

サラリーマンに大人気

ページTOPへ
選ばれる仕事道

02/12
2019

sgtmain

食といのちを守るをテーマに46年主導

46年続けているもの、皆さんにはあるだろうか?
(46歳以下の人はムリだけど…)
今回お話する青木紀代美さんは、
「食といのちを守る会」の代表。
32歳のときに「子どものいのちを守る会」として活動を始め、
会の名前こそ変わったが、現在なんと78歳!
野菜から牛乳、調味料にいたる総ての食品が
安全なものになるよう、活動されているのだ。
(仕事道、46年! ってこと)

しかし、青木さんとの出会いはつい最近。
先日の「掃除の会」後、理事たちが集まる
事務局会議が行われたのだが、
そこにちょこんと座っていた女性が青木さんだったというわけ。

その時はご挨拶程度だったのだが後日連絡があり
「ナカジマさんだからお願いしたいことがあるんです!」。
えっ、なになに?
「ナカジマさん、北海道十勝ご出身なら
『よつ葉乳業』のことご存知ですよね?
お仕事は、広告とかPRのことですよね?
そんなナカジマさんだから、お願いしたいんです!」
掃除の会メンバーという信頼関係を背景に、
こんなふうに仰っていただいたのだ。

青木さんは未熟児で生まれたご自分のお子さんのために
食の安全を追ううち、よつ葉牛乳に行き着いたのだという。

そのよつ葉牛乳・・・というか、
よつ葉乳業が本社を置くのが北海等・十勝だ。
出生時1,700gだったお子さんも、
よつ葉牛乳を飲んで今では立派な成人に。
医食同源、という言葉もあるが、
食べることは健康を維持することに直接関わってくるのだ。
なんと40数年も前に、「より良いものを、より安くの時代は終わり。
これからは、より安全・より安心な食べ物でなくては。
食はいのち、いのちは食だと言ってもいい!」
とすでに発信する活動の先輩がいたというから、その先進性には驚くばかり。

こうした人との出会いも重なり、
食育・教育・農業を束ねた啓蒙活動を続けてこられたのだ。

そんな情熱の46年が結晶したのが、
「食に添う・人に添う」という1冊の本だ。
2017年12月に上梓されたこの本では、
命を守ろうとするなら食を大切にしなくてはいけない、
そのためには農業を守らなくてはいけない・・・
との思いが綴られている。

とりわけ私の記憶に残ったのが、最後の一節。
“「天知る、地知る、我知る、汝知る」。
お祖母ちゃんが教えてくれたこの言葉が、
迷っているとき、いつも私の心に響いてくる”と。

他の誰が知らなくても、天は自分の想いを知っている。
この信念があってこそ、青木さんは46年間、
そしてこれからもご自身の道を貫いていけるのだろう。
これぞまさに、青木紀代美さんの“仕事道”だといえるだろう。

sgtmain

46年が詰まった本だ

sgt02

今回ご紹介した青木紀代美さん

ページTOPへ
選ばれる仕事道

01/07
2019

sgt1

障がい者にヤリガイを! 且田久美流仕事道

「なぜ、あの子がここまで働けるようになったのでしょうか?」
これは、株式会社エフピコの特例子会社、
エフピコダックスで障碍者雇用の責任者を務める且田久美さんが、
これまでに何度もされた質問だ。
質問をするのは、たいてい従業員の親など、
その人のことを一番よく知っているはずの人だという。
エフピコダックスで働くまでは、行動の面でも、
コミュニケーションの面でも、
「働く」ことが難しかった我が子が、いったいなぜ…。

2018年3月末時点において、食品包装資材メーカーである
エフピコグループには、377名の障がい者が働いている。
その中の9割は、障がいの程度が「重度」に区分される人たちで、
一般的には働くのは難しいと判断されがちだ。
しかし、且田さんのもとで働く障がい者は、
十分に会社に貢献しているという。その理由は一体何なのだろうか。

「私がいつも言うのは、“あなたがやらないと、
誰がやるの”ということなんです」と且田さんは言う。

障がいを持つ人に対して、普通は「できることだけすればいい」と、
社会人として責任を負う機会は取り上げてしまいがちだ。
だが且田さんのやり方は違う。
お金はしっかり払うかわりに、正当な仕事量をやってもらう。
必要とあらば、無理もさせる。
そして仕事への責任を取るところまで、彼らに期待する。
一方で、達成できたことに対してはきちんと評価するのだ。

良くも悪くも、障がい者だから…と特別扱いされがちだった人も、
こうした環境で働き続けるうち、「おれがいないと皆が困るから」と、
職場での存在感をつくっていくという。
つまり「やりがい」と「責任感」が、彼らを変えていくのだ。

そしてこれは、障がい者に限った話ではない。
仕事にやりがいを感じ、職場への責任感を持っていれば、
誰だってイキイキと働くことができるはず。

人は、「期待されること」「評価されること」で輝くことができる。
これはまさに、コンサルを務める関係会社も含めると
1,000人を超える障がい者を支援し、
障がい者雇用と向き合い続けてきた且田さんだからこそ見つけた
且田流仕事道だといえるだろう!

sgt1

エフピコダックスの且田久美さん

ページTOPへ
ページTOPへ