これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれる仕事道

11/12
2018

sgt2
NEW

マリリン流“パラダイムシフト”

LS北見。
ピンときた方も多いのではないだろうか。

そう、平昌五輪で日本代表として
銅メダルを獲得したカーリングチーム
「ロコ・ソラーレ北見」のことだ。
その代表理事を務めるのが、
“マリリン”こと本橋麻里さんである。
(収録取材でお会いしたというわけ)

30代の前半でありながら、
チームを先導するリーダーかつ経営者。
今回は、そんな本橋さんの仕事道だ。

さて、ロコ・ソラーレ北見といえば、
前述したように平昌五輪でメダルを獲得し
一躍日本中で注目を浴びた。
だが、その歴史は存外長いというのは
ご存知だろうか。

北見の常呂町といえば、
カーリングの聖地として知る人ぞ知る存在。
1988年、今からおよそ30年前から
専用の屋内カーリングホールがあり、
地域をあげてカーリング選手の
育成を行っていた。

これまで、18人もの日本代表選手を輩出しているが、
いかんせんこの地域のチームは保有していなかった。

そこで、2010年のバンクーバー冬季五輪後に
本橋さんが一大決心をして
結成したのが「ロコ・ソラーレ北見」だ。
そのわずか8年ののちに、平昌五輪でメダルを
獲得するに至ったのだ。

私などから見ると、結成から8年でこれだけの
快挙を成し遂げたのだから
「目標が達成できたのでは…」と思ったのだが、
本橋さんは平然とこう言った
「これは私たちにとって通過点です」。

そう、彼女たちにとっては、
ここが通過点であり転換点なのである。
すなわちパラダイムシフトのときであって、終着点ではない。
チャレンジをくり返してきたことによって、
さらなるチャンスを得たに過ぎないのだ。

メダルを獲得したことで、
チームとしても地域としても活性化した。
しかし、本橋さんも選手たちも
「自分たちの力は
まだまだこんなものじゃない!」と
考えているのだという。

チャンスを得ることはできた。
次は関わる人たちや、
日本中のカーリングファンの
意識を変えていく。
それが、「世界のロコ・ソラーレ」へ
つながる道なのだという。

本橋さんは、まだまだ現役でも
一流のプレイヤーだ。
だが、彼女は平昌五輪でも選手登録は
していたものの、プレイには参加していない。

それは“次”を見据えているからだという。
もはや、プレイをするだけが仕事ではない。
チームの内側から、よい意味での
プレッシャーをかけて意識を変革していく。

これが、“マリリン流”の仕事道であり
“パラダイムシフト”なのだ。
(すばらしい…!)

★そんな本橋さんが、月刊CD Business Today 2月号に登場。
 興味のある方は、こちらから!
 http://bt.q-b.co.jp/business_today/

sgt2

カーリングで銅メダルを獲得!

sgtmain

“マリリン”こと本橋麻里さん

ページTOPへ
選ばれる仕事道

10/09
2018

sgtmain

武豊騎手4000勝の“馬優先主義”

あの武豊騎手が、JRAでは前人未到の
なんと4000勝を達成した。

これがどのくらいすごい記録かというと、
歴代勝利数2位の岡部騎手が2943勝なのだ。
もはや、今後も破られることはない
記録なのではないだろうか。

先日、その武騎手が4001勝を目指す
GⅠレースを中山競馬場で見てきたわけだが…

その武騎手が、達成のタイミングのインタビューで
こんなことを言っていた。
「多くの人に支えられ、多くの人、馬、競馬に
恵まれてここまでこられた」と。
さすがのコメントである。

この4000勝を祝うあるメディアの記事に…
レースで負けた後も最善を尽くす。
真夏の小倉では下級条件戦で着外になっても
ゆっくり歩いて引き揚げるという。
そしてこれに武騎手は
「これだけ暑いと馬も疲れるからねぇ~」
というコメントも掲載されていた。

ここに武騎手の仕事道が
凝縮されているのではないだろうか。
“馬優先主義”という、ホースマンとしての
ぶれない信念がにじみ出ているのだ。
競馬関係者も
「武騎手が乗ったあとは、馬が傷まない」
と口を揃えて証言しているという。


4000勝というアンタッチャブルレコードを
成し遂げることができたのは、
この信念を実践し続けたことにより
信頼され、応援されてきたからだろう。
目先の勝利だけに捉われず、
人や馬との関係性を構築していくことにより、
自らも成長し、ひいては競馬業界全体も
成長させてきたのではないだろうか。

常に今ではなく先を考えて対応すること。
それは、ビジネスにおいても同様だ。
「木を見て森を見ず」という言葉があるが、
目先の利益に固執せずに
ロングレンジで物事を考えることが
のちの成功につながるということ。

私が最近よく口にしている
“キャリアディベロップメント”についても
同じ考えが根幹となっている。
スタッフのその先のキャリアをどう育んでいくかを、
上の者が意識してマネジメントしていくべきだということ。

育成のプロセスは目先の利益にならないかもしれないが、
長期的に考えると会社の成長には欠かせない。
点でなく線で考えていくことが、
ビジネスでは必要不可欠なのだ。

武騎手も、同様の考えで周囲の人や馬と
関係を築いてきたのではないだろうか。
武豊流の“仕事道”を競馬業界で実践し続け、
この金字塔を打ち立てるに至ったのだ。

私たちが仕事人として在り続けるために、
「武豊騎手4000勝の“馬優先主義”」から
学ぶべき部分がたくさんあるのでは
ないだろうか。

sgtmain

武豊騎手が、JRAでは前人未到の4000勝

sgt2

「武騎手が乗ったあとは、馬が傷まない」

sgt3

武騎手の仕事道!

ページTOPへ
選ばれる仕事道

08/06
2018

プレゼンテーション2

クラウンKの“空気を変える技術”

クラウンKこと、大棟 耕介氏。
先日行われたNBCのサマーカレッジでは、
そんな使いがい…いや、頼りがいのある
大棟氏をゲストとしてお呼びした。
(おかげさまで、参加者の満足度は
 かなり高かったようだ!)

また、この7月末に開催された
ある会社の60周年の祝賀会でも、
大棟氏率いるクラウンチームが活躍していた。
入り口でお客さまを出迎えてくれたり、
各テーブルでバルーンアートを展開するなど、
会を盛り上げ、お客様の笑顔づくりに奔走してくれていた。

もちろん、舞台でも高いレベルの
パフォーマンスを披露してくれていたわけだが、
とにかくその巧みな技を活かして空気を読み、
“空気を変える技術”がスゴいのだ。

みなさんはクラウンと聞くと、
サーカスのわき役というイメージを持つかもしれない。
しかし本当は、クラウンはサーカスの“名わき役”なのだ!

なんと、アメリカやヨーロッパでは
クラウンの地位はとても高く、尊敬されている職業なのだという。

サーカスや遊園地に訪れる人々を楽しませるため、
クラウンは全力で「待っていたよ~!」と出迎える。
そして、出し物の間でお客さまを飽きさせないように、
パフォーマンスによって空気を変え、
次なる興味をその先につないでいくのである。

もちろん大棟氏は、大変すばらしいクラウンだ。
日本で一番大きいクラウンの会社を経営し、
また世界でも高い評価を得ているクラウンなのだ。

そんな大棟氏の目標は、一体なんなのだろうか?
それは、「日本中にクラウンという存在を広めたい」ということ。
すなわちクラウンの“存在意義”を
日本で確立したいということなのだろう。
病院で子どもたちの笑顔をつくったり、
イベントの空気を盛り上げてより多くの人をその場になじませようとしたり…。
そこには様々な工夫と努力が存在している。

実は、クラウンは圧倒的に高いパフォーマンス力を
持っているにも関わらず、あえて失敗して見せることで、
笑いを誘い、相手を持ち上げているのだ。

この謙虚さが、クラウンのすばらしいところである。
自分の役割を分かっていて、魅せるところはきちんと魅せる。
日本においては、確かにクラウンのような
役割を担う存在はいないかも。
これぞクラウンならではの“空気を変える技術”であり、
大棟氏の仕事道なのだ!

日々の仕事においても、
クラウンのような謙虚さや、相手を立てる気遣いがあれば
もっと上手くビジネスがまわっていくのではないだろうか?
みなさんも、クラウンKの“空気を変える技術”を
頭の片隅に置きながら、ビジネスに取り組んでみてはいかがだろうか…!?

sgt(1)

バルーンアートのワークショップ

sgt(2)

高度なパフォーマンスに驚き!

sgt_main

クラウンならではの“空気を変える技術”

ページTOPへ
選ばれる仕事道

06/18
2018

sgt_main

ヘイコ―パック流“前始末”

恒例の「日本を美しくする会」企業見学会で、
栃木県にある“ヘイコーパック株式会社”にお邪魔した。
社長の鈴木 健夫氏に案内してもらい、
工場内の見学はもちろん、掃除用具置き場についても
説明していただいたのだ。

今回の見学会はさまざまな角度から5Sが徹底されていて、
参加者が頷く場面も多く、満足度も高い研修となった。

たとえば、ホームセンターで購入する掃除用の箒は
穂が抜けやすいため、すぐに紐で補強する。
ペンチや金槌などの金物掃除道具は、
1つずつの置き場所が文字と型抜きによって
定められていて、誰もが対応しやすい保管ルールに。

“ヘイコーパック”では、備品を元の場所に戻すのは当たり前。
(もちろん、バケツの取っ手の向きもバッチリだ!)

社員の人たちが自販機で買って飲んだペットボトルや空き缶も、
必ず濯いで所定の位置に逆さで並べられている。
水道より遠いところに並べるのは、
また水がかかって濡れないようにしているのだとか。

“推して知るべし”というが、こういう気遣いやルールが
色々な仕事にも活きてくるのだと鈴木氏は言いたかったのだろう。
まさにこれは、例のイトーヨーカ堂創業者の
伊藤さんが発信した“前始末”ではないか!

また、10年ほど前に出版した私の書籍には、
中島流“タラレバ3回ルール3乗”というものがある。
「こうしていればよかった…」という同じことが
3回続いたら、ルール化してしまおう! という法則のこと。

つまりタラレバをルール化し、前始末を徹底することによって、
なにか始めようという時すぐ本題に入れるようになるのだ。

鈴木氏によると色分けなどのルールづくりで、
分かりやすい管理を徹底しているのには理由がある。
実は、“ヘイコーパック”の従業員は、
160数名中38名が障がいを持っている方々だという。

障がい者の方々が働きやすい環境をつくる
という名目もあるが、実は健常者がより手本になろうと
率先して動くことに意味があるのではないだろうか?

これぞまさに、ヘイコーパックの仕事道なのだろう!
中島流の“タラレバ3回ルール3乗”も
すばらしい法則だが…(自画自賛)
ビジネスはやっぱり“前始末”が大切。

ヘイコーパックの徹底した“前始末”には、
参加者の誰もが感嘆の声をあげていたのだ。

sgt1

バケツの取っ手までキッチリ並んでいる!

sgt2

徹底した“前始末”

sgt3

参加者のみなさん

sgt_main

美しく並んでいる!

ページTOPへ
選ばれる仕事道

06/04
2018

sgtmain

新井和宏流、投資の仕事道

鎌倉投信のファンドマネージャー、新井和宏氏。
(NHKの仕事の流儀にも登場された方である)
そんな新井氏を私も所属する経営者の集まりでゲスト講師として招聘。
「よい会社とは」をテーマにお話をしていただく予定なのだ。

新井氏によると、投資先は必ず
“よい会社”に決めているという。
そんな鎌倉投信を信頼し、
長期で投資しているお客さまは1万7000人!
なんと、300億円を超える運用額を持っているという。

しかし、“よい会社”とは一体なんなのか…!?

たとえば、鎌倉投信は例のミドリムシの会社
「ユーグレナ」にも投資を行っている。
ユーグレナはミドリムシにより世界の飢餓問題や、
エネルギー問題のソリューションに貢献しているのだ。
つまり、ここに投資することでそのお金を
未来の社会貢献に活用し、孫子の代によい影響を
与えられる企業支援をしているということ。

新井氏流にいうと、
収益という概念は「総合的付加価値の創造」と
考えることで言葉に幅がでてくる。
すなわち収益とは、「企業の財務的・社会的な価値の総合」
であると定義していくべきと語っている。
数字では表しにくいが、社会に与える“よい影響”も
収益の1つだと考え評価しているのである。

東日本大震災の時、世の中の多くの投資家は
リスクを避けるため株を売ったという。
しかし鎌倉投信の受益者たちは、
こんな時だからこそ“よい会社”の力になりたいと
いつも以上に入金してくれたのだとか。
(すばらしい!)

このような発想は、自分たちの社会的役割を
追求したその先にはじめて見えてくるものである。
お金だけでなく、情熱を注ぐことで
それがよいかたちでリターンとなるのだろう。

ちなみに、投資信託の会社として
その運用成績もかなり高いというからすごい。
これぞ、ファンドマネージャーの仕事道と
いえるのではないだろうか。

sgtmain

鎌倉投信のファンドマネージャー、新井和宏氏!

ページTOPへ
ページTOPへ