これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

03/08
2021

biji1

我らが石坂産業が経営品質賞を受賞!

“経営品質賞”をご存知だろうか?
日本生産性本部が中心となり
企業が国際的に競争力のある経営構造へ
質的変換を図るため、顧客視点から経営全体を運営し
自己革新を通じて新しい価値を創出し続けることのできる
「卓越した経営の仕組み」を有する企業の表彰を目的としている。

表彰には、4つの要素と7つの重視する考え方などから評価を行う
という。ちなみに、4つの要素とは、
・顧客本位
・独自能力
・社員重視
・社会調和

この2020年度の経営品質賞を石坂産業が受賞したのだ。
今回、石坂産業が表彰された理由は、

1.絶体絶命の経営危機をきっかけとした業態転換
→ 焼却炉での廃棄物の焼却ではなく、再資源化

2.環境教育を軸とした「見せる経営」によるブランドイメージの向上
→ 年間4万人が訪れる石坂産業。見に来る人が納得、
見せるに値する事業へ

3.同業者も顧客に取り組み、業界における独自のポジションを確立
→ 本来はライバル会社だが、再資源化することもあり
石坂産業は同業者からも廃棄物を受け入れ
  業界の中でも存在理由のある企業に

4.インナー・ブランディングによる組織風土の変革
→ 組織風土の変革や社員の人間力向上のための
  インナー・ブランディングの推進

ということだ。

私が石坂典子社長と知り合ったのは2013年頃。
経産省が発表した「おもてなし経営企業選」で
大里綜合管理と同時に選ばれていた。
私がパーソナリティーを務めていた
インターFMの番組に出演してもらったり、さまざまな
講演会への協力、“里山と生きる協会”の会長も引き受けて
もらっている。
その後、石坂社長は“カンブリア宮殿”、NHKの“逆転人生”にも
出演し、注目の人となっているのだ。
2013年頃の売上が約25億で、現在は60億円を超えているというから、
この7~8年でめざましい躍進をしている。

今回、この経営品質賞受賞の約10分の動画制作をお手伝いさせてもらった。
ドローンを使い、東京ドーム4個分(5個分)の
敷地を空から撮り、石坂産業が公園や森も整備していることを表現。
また石坂産業の“5つのドリブン”として動画で説明した。

Vision driven ビジョン経営 
Technology driven 革新経営
Social driven 環境経営
Human driven 人間力経営
Visual driven 魅せるおもてなし経営

この5つを意識した経営をしているということで
“ISHIZAKA STYLE”とネーミングした。
いろんな意味で嬉しい石坂産業の“経営品質賞”受賞だった。



biji1

経営品質賞を石坂産業が受賞

biji2

“ISHIZAKA STYLE”とは

biji3

「卓越した経営の仕組み」を有する企業が表彰されるという

ページTOPへ