これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

07/04
2016

synmain

シンクロニシティービジネス効果


「シンクロニシティー」という言葉をご存知だろうか。
その意味は、意味ある偶然の一致。
または、同時性や共時性とも言ったりする。

言葉が似ているせいか、なんとなく
「シンクロナイズドスイミング」を思い浮かべる。
あのスポーツは、同時に多様な動きをすることで
美しく見える競技だ。

私はこれまで、「相乗効果」という
言葉を用いてビジネスを解説してきた。
今から23年前の、第1回の
アルファクラブ定例セミナーのテーマは、なんと
「寺は“僧正”で決まる 仕事も“相乗”で決まる」だった。

それほど、当時からビジネスに相乗効果を活かすことが
いかに大切か語ってきたということ。
ところが最近は相乗効果という表現よりも
「シンクロニシティー」が的を
射ているのではないかと考えている。

私は4年間、『Business Lab.』という
ラジオ番組のパーソナリティを務めさせていただき、
番組内では100人を超す経営者や専門家の方々と
お話をさせていただいた。

その番組終了から半年以上経つわけだが、
最近になってこの出会いの重要性をひしひしと感じたのだ。

様々な方々と話せば自分の頭の中を整理することができるし、
ゲストの方の得意分野について学ぶことができる。
なによりも、ラジオをきっかけに人間関係もつくられ、
人的ネットワークも拡大したのだ。

私が創業した株式会社クオーターバックは
プランニングをベースにした制作会社だが、
新たなコンテンツをつくろうと思ったとき、
そういったネットワークが強力な武器となる。

ラジオ番組自体がお金に結びつかなくとも、
本来のビジネスに相乗効果を起こせるのだ。

ほかにも、私が担当している
ニュービジネス協議会のフォーラムでも、
「意味ある偶然の出会い」で様々な方と知り合うことができた。
これこそシンクロニシティー効果なのだ。

さらに例をあげると…私が毎朝行っている路上清掃でのこと。
少し遠くにたばこの吸殻を見つけたとしよう。

たとえ一本の吸殻でも拾いに行くと、
その奥の植え込みにペットボトルや空き缶を
見つけることが多いのだ。

つまり、その場所に移動して視点を変えたことで、
新たな発見につながったということ。
これもシンクロニシティービジネス効果だ。

出会いによってさらなる出会いが引き寄せられ、
新たなビジネスが生まれたり、
既存のビジネスが広がったりする。

または、何かを始めたり、行動に移したことによって、
さらに次のステップに進める。
これこそが、“シンクロニシティービジネス効果”なのだ。

良いビジネスを行うには、必要な要素と言えるだろう。
ビジネスにおいては、
どうやって沢山のものとシンクロさせるか、なのだ!

syn1

ニュービジネス協議会のフォーラムでお話いただいた沖氏は、ビジイノCDにもゲストで出演していただいた。

syn2

視点を変えれば新たな発見につながるかも。

ページTOPへ
モバイルショット

07/04
2016

sgtmain

サイボクハム“独立独歩”の70年

サイボクハムの銘柄豚、
イギリス原産の大ヨークシャー種と
デンマークのランドレース種をかけ合せ、
その子にアメリカ原産のデュロック種を
かけ合わせてできたオリジナルの豚肉
“ゴールデンポーク”。

そして、“スーパーゴールデンポーク”は
大ヨークシャー種に同じく
イギリス原産のバークシャー種をかけあわせ…。

と、まぁサイボク銘柄豚の品種改良については
この辺でよいとして…サイボクハムの話である。

サイボクハムは、埼玉県日高市にある
豚のテーマパーク。
こだわりの豚肉を堪能できるレストラン、
豚肉を使った加工品の直売所のほか、
温泉・陶芸教室・パークゴルフまで備えた
一大複合施設だ。

実は先日、αクラブの定例会で
40人規模でお邪魔してきたのだ。
10年ぶりの訪問だった。

サイボクハムはもともと、
養豚業界の父とも呼ばれる笹﨑龍雄氏が
種豚の品種改良を中心とする牧場として
1946年にスタートした。

サイボクの名は「埼玉種畜牧場」から来ており、
戦後まもない、栄養不足になりがちな時代に
美味しく栄養価の高い豚を育てることが
当初の目的だったという。

以来70年、徹底して豚の品質を
高めつづけてきたサイボクハム。

結果として、サイボクハムは独力で
飼料工場、種豚の研究所、
種豚・肉豚の成育を行う牧場、
自社牧場産の原料を使った
ハム・ソーセージの処理・加工場、
自社製品の販売所、パン工場、レストランに至るまで
豚と豚の流通に関わる施設を全て作り上げる
“完全一環経営”を行うに至ったのだ。

それが最終的に功を奏し、
全てが集まったこの豚のテーマパークに、
年間400万人が集まるようになったのである。

戦後70年間で、
既存の流通を使わずとも
サイボクハムが大きく成功したのは、
他に類を見ない品質の追求をし続けたからだろう。

そして、ここからが中島流。
以前ビジ達で触れた、
選ばれるビジネスのための
7つの法則、“新・選ばルール7”。

新・選ばルール7とは、
1.手間をかける
2.本物にこだわる
3.とことん追求する
4.人に優しい
5.社会性がある
6.大胆で潔い
7.徹底の二乗

この7つ全てに、
サイボクハムはあてはまっているのだ。
この70年、いろいろな困難があったのだろうが
サイボク流にこだわり追求し続けたことが
いまに繋がっているということだろう。

まさに、独立独歩の70年。
サイボクハムは、独立独歩で“仕事道”を
歩み続けてきたのだなぁ…。



sgtmain

視察セミナーで講演していただいた笹﨑静雄氏

sgt2

全ての工程をサイボクハム内で行っている

tre3

これが新・選ばルール7だ!

ページTOPへ
ページTOPへ