これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/21
2019

mobamain

気がつけば「8×8」の64歳?

64といえば、「8×8」すなわち葉っぱである。
これじゃちょいと寂しい。
末広がりの“八”が二つと考えると少しは未来が開けてくるのだが…

2019年の6月予定の海外研修ツアー。
行く先はこれから注目のフィンランドを中心の北欧と決めているのに
具体的情報は少ないし、頼る知人もほとんどいない状態。
そして旅行会社も決まっていない。

さてどしたものかと考えていたわけだが…

たまたま、アポが一件しかない日が64歳誕生日の前日だった。
だったら、このアキ時間を
この研修ツアーのために集約してみようと考えたわけだ。

ここからの発想と行動力が我ながらスゴい!
(いつもの自画自賛ε-(´∀`; )

まずはここはやっぱりフィンランド大使館でしょうと、
メールではなく躊躇なく電話。
電話に出た方に日本語でしっかり研修ツアーの目的と
希望する訪問先等を投げかけたのだ。

すると、フィンランド政府観光局の窓口的事務所を紹介してくれて
早速、電話してやり取りすると…
訪問対象企業の政府資料もあるし、
北欧専門の旅行会社まで紹介してくれたのだ。

さてここで、中島流畳み掛けアクション!
担当者は資料を送付しましょうかと言っていたが、
すぐ事務所を訪問することを告げ、向かうことに。
そして紹介してもらった旅行会社の午後のアポも!

大使館に電話してから60分後には、
フィンランドの政府観光局の訪問先資料ももらい、
事務所の担当の方からの詳しい現地情報までも得れたのだ。

午後3時には北欧専門のトラベル会社の担当者と
訪問先やホテル、移動手段など詳しいやり取りができ、
絞り込まれたツアー提案をしてもらうまでに。
(はっはっはっ…)

何と64歳の誕生日の前日の1日だけで、この研修ツアーの7割方が決まり、
期待の持てる楽しみなツアーになりそうな予感!

63年のこれまでの経験とノウハウが、集約的に活かされたのだ。
「8×8」歳は、能動的発想とアクション、そして“動中の工夫”も伴えば、
末々拡がりに繋がるということ。

すなわち、64歳をどう捉えるかで、
末々拡がりにもなるし、先細りにもなってしまうのかもしれない。

64歳のちょっとした空き時間は、
人生100年時代の充実づくりに活かそうっと!

mobamain

2019年の海外研修ツアーはフィンランド!

moba2

我ながらスゴい!発想と行動力

ページTOPへ
先取りビジネストレンド

01/21
2019

IMG_8004

2019年ビジ達流時流予測!

さて、2019年が始まったわけだが…
今回は、これから予定されている
今年のイベントから、
2019年の時流を予測してみたいと思う。

そんなわけで、2019年中島的・注目イベントは次の通り!

2月 スターバックス・リザーブ・ロースタリーが
中目黒にオープン!
3月 ムーミンパークオープン(埼玉県飯能市⁉)
4月 夏空(朝ドラ)放映開始(北海道十勝が舞台)
MUJI HOTEL東京オープン
5月 新元号発進!
6月 G20が大阪で開催
9月 ラグビーW杯開幕、5Gプレサービス開始!
10月 消費税10%に引き上げ⁉(果たして…)
11月 新国立競技場完成(いろいろあったが、ようやく!)
秋ごろ 複合施設渋谷フクラスオープン

これは! というものをざっと挙げたわけだが、
その中でもとりわけ注目しているのが
2月のスターバックス・リザーブ・ロースタリーだ。
(イエローハットの本社があった目黒川沿いにできるという)

これはスターバックスの高級コンセプト店舗で、
世界にまだ4店舗しか存在せず、東京店は5店舗目。
焙煎工場を併設し、ローストしたてのコーヒー豆を
その場で楽しめる、サードウェーブコーヒーのスタバ版だ。

お次は4月のMUJI HOTEL東京。
中国の深圳で先行してスタートしていた無印良品が主導し運営するホテルが、ついに日本にやってくる。
「アンチゴージャス・アンチチープ」のコンセプトが面白い。

それから外せないのが9月の5Gプレサービス開始だ。
いまは誰もが一人に1台、スマートフォンという
超高性能な撮影端末を持ち、
動画を見るのも配信も気軽にできるようになった時代だ。
5Gが開始されたら、動画をめぐるコンテンツ展開や
ビジネスはさらに活発になるはず。
動画だけではない、IoT家電市場ももちろん大きな転換を迎えるだろう。

と、今回こうして2019年注目に値するイベントを
紹介したわけだが、これには歴とした理由があるのだ!

今はビジネス激動の時代。
ビジネスの大波に襲われ右往左往するのではなく、
次に何が来るかを予測し対策を立てておくことこそ、
この時代の時流に乗るポイントだと私は考えている。

だからこそ2019年中島的・注目イベント表を作り、
私なりに今年の“商流”を見通してみたというわけだ。

みなさんも、自分的・2019年のトレンド表で
今年のビジネスの流れを予測してみてはいかがだろうか⁉

tre_2019予測

中島流トレンド予測2019

IMG_8004

どんな一年になるかな⁉

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

01/21
2019

key_PlatformBiz-01

プラットフォームBizデザイン

セブン&アイ・ホールディングスの
鈴木敏文氏といえば、新しいことに次々と
チャレンジするイメージがある。
(私にとっても、憧れの存在だった!)

というのも10数年前、企業情報誌の取材で
鈴木氏にお話を伺う機会があった。
当時は、まだセブンイレブンが約10,000軒だったと
記憶しているが…今では20,000軒超え!
今やどこへ行ってもセブンイレブンを目にするほどだ。
これぞまさに、社会インフラといえるだろう。

先日、ある雑誌で鈴木氏が登場し、
その当時の様々なチャレンジを語っていたのだ。
とにかく、多くの反対にあいながらも
自分を信じて様々な施策を実践してきた。
主力商品であるおにぎりや弁当、
寒い季節に食べたくなるおでんも
立ち上げには多大な苦労が伴ったという。
しかし、徐々に主力商品へと成長し、
多くの生活者の日常へと溶け込んでいったのだ!

2001年に設立されたセブン銀行
(当時のアイワイバンク銀行)も例外ではない。
設立時は反対されたものの、需要は拡大。
銀行が利用できない時間帯に多くの人が活用し、
社会インフラへと成長していった。

このプラットフォームを見事に活用しているのが、
先日ビジ達でご紹介したシェアリング
エコノミーサービス『シェアジョブ』。
なんと、作業終了約1時間後には
セブン銀行で報酬を受け取ることができるという。
つまり、セブン銀行と提携することで
ビジネスモデルの完成度をより高めているのだ。

このように、既存の社会インフラを活かし
自分のビジネスをデザインすることで、
お客様に選ばれるビジネスへと変化させていくということ。

これをビジ達流では
“プラットフォームBizデザイン”と呼んでいる。
すなわち、さまざまなプラットフォーム
ビジネスが次から次へと出てきて、
選ばれしものは社会インフラ化するわけだが、
その既存プラットフォームを活かして
“Bizデザイン”とするという考え方。

“商流”がどんどん変化する今、
すでに定着化しつつあるプラットフォームを
活かさない手はないだろう。
まさに、“プラットフォームBizデザイン”。
言い得て妙である!

key_PlatformBiz-01

次から次へと出てくるプラットフォームビジネス!

ページTOPへ
ページTOPへ