これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/22
2019

mobamain

『日下の灯』にならないために

「それではクオーターバックの山下さんをご紹介させていただきます。
山下さんはコピーライターとしての活躍していて…」
今回は自己紹介ではなく、“他己紹介”を実践してみたわけだが、
やっぱり“他己紹介”は面白い!

初めての顔合わせとなるセミナー初日のあの不安げな表情。
そんな中での最初のグループでのディスカッションが
“他己紹介”ということ。

これからの体験セミナーの仲間となる人たちを知るためにも、
いい関係づくりにも“他己紹介”はかなり意味ある施策。
また、今回の弊社の山田社長のKJ法を活用したデマンドセミナーが
よりいい関係づくりを演出してくれたのだ。

というわけで4月19日、
今年も14人のメンバーでリーダーズセミナーがスタートした。

初日に私が強調したのは
『活かすも殺すも、あなた次第』ということ。

年間7~8回開催されるセミナーはそのほとんどが体験型のセミナー。
だからメンバーが中々体験できない機会へのプロデュースはするわけだが、
どう体験して、どう受け止め、どう活かすかは
参加メンバー次第ということ。

もちろん体験の後ににはグループでのディスカッションがあるので
体験して終わりということはないが、
そのディスカッションの場でもどんなやり取りをするかが
その後の実践に大きく影響するということなのだ。

2月の鍵山相談役の「一日一話」に
『日下の灯(にっかのとう)』というコラムが…

『百万本のお経を読もうが、いくら勉強しようが、
実践しなければ何の役にも立たちません。
知識は使い方を知らないと意味がありません。
そのことを実によく言い表しているのが次の言葉です。
「百萬典経、日下の灯」。
「日下の灯」とは、太陽の下の蝋燭の火、という意味。
つまり、太陽の下で蝋燭に火をつけても
何の役にもたたないということです』

参加者は忙しい仕事時間をやり繰りして参加するわけだから、
実践に移さなくてはせっかくの体験も知識も意味がないということ。
そして、これら参加メンバー同士が互いに刺激を与え会い、
切磋琢磨するかけがえのない仲間になるわけだ。

「日下の灯」にならないためにも
この機会を次なるステージにステップアップする機会として欲しい。

とはいえ、私自身ももっとあれこれ実践しないことには
よりいい発信者でありプロデューサーにもなれないわけだ。

mobamain

やっぱり“他己紹介”は面白い!

moba2

グループディスカッションの様子

moba3

多くの学びがあった

ページTOPへ
選ばれる仕事道

04/22
2019

sgtmain

“お菓子のデパートよしや”の仕事道

多くの経営者にお会いし、
色々とお話を伺ってきた私が思うに
私達はもちろん、関係者への“感謝”をどう表現し
行動に移すかが大切なのだ。

最近お会いしたところで言えば、菓子問屋の「お菓子の吉寿屋(よしや)」。
近畿地方を中心に手広く「お菓子のデパートよしや」を営む会社だ。
そもそもは私が主催する「星の会議」の
大阪リトリートがきっかけで、
「せっかくだから、大阪で注目の経営者にお会いしたい」
とお願いして創業者の神吉武司さんにお会いできたのだ。

『お菓子の吉寿屋』の何がすごいって、
もともとは問屋業だけだったところ、
直販店の「お菓子のデパートよしや」を展開しはじめて今年で23年。
55年前の創業以来ずっと黒字経営で、
業界ナンバーワンの利益率&在庫回転率!
と、挫折を知らぬ?!成功ぶりなのだ。

私達は摂津にある本社兼流通センターを
見学させていただいたのだが、
創業者の神吉相談役から直接お話をうかがうこともできた。
それによると、社長の考える「経営の極意」とはこの6つ。

1.経営者が朝7:00までに出社する会社に倒産なし
2.中小企業は日々倹約の積み重ねが大事
3.経営者が率先して清掃してこそ、
社内に浸透する(尊敬する鍵山相談役と同じ!)
4.社員を大切にする会社に不況なし
5.笑顔と挨拶が絶えない会社に不況なし
6.取引先を大事にする会社に不況なし

そして人生の極意は「ありがとうと
言ってもらえる人生は“運が強くなる”」なのだ。

神吉氏は社員への感謝としての
プレゼントを欠かさないという。
例を挙げれば、年間最も活躍してくれた
なんと社員には金の延べ棒(!)、
それだけでなく優秀なスタッフにもプレゼントをかかさず、
すべての従業員であり、またその家族にも、
折を見てプレゼントをするそうだ。

取引先へも折々にプレゼントを欠かさない。
このような細やかな気遣いをいつもすることで、
「ありがとう」が絶えない人生になるという。
すると、いざというときの運が強くなるのだ。

取引での微妙な状況のとき、
吉寿屋を選んでもらえるかどうか。
普段の付き合いが、そこに表れる。

それを「ありがとうと言ってもらえる人生は
運が強くなる」と表現する神吉相談役の仕事道!
さまざまな出会いのある大阪リトリートだった。

sgtmain

吉寿屋の相談役!

sgt2

本も出版されている

sgt3

すべてに感謝する姿勢が素晴らしい

ページTOPへ
選ばれるビジネス

04/22
2019

bijimain

“メルシー”61年間の繁盛

「うわぁ~、やっぱりここは美味しいナァ」
「美味しいねえ」
そう言いながら、満足げに店を出る大学生らしき若者たち。
それを聞いて、なぜか私まで嬉しくなって…
彼らとすれ違いに入店した私はもう60過ぎだが、
食べ終わったときには同じ気持ちになっていたに違いない。
いつ食べても「変わらず」美味しい!
そこにこの「軽食&ラーメン メルシー」の秘密があるのだ。

学生の街、早稲田には美味しくて・安くて・ボリューム満点の
飲食店がたくさんある。しかしメルシーはなんと61年目の老舗!
こんな店はそう多くない。
そして、私は61年のうち37年間
ここに通っているのがひそかな自慢なのだ。

それというのも、37年前に事務所を立ち上げたのがこの早稲田だから。
当時にしてもあまり小綺麗な店ではなかったが、
学生の行列に惹かれて入店したのを覚えている。

そのころ、家から持ってきた弁当を食べながら
ラーメンを啜った記憶もある。
それを許してくれるお店がメルシーなのだ。
味だけではなく、そんな庶民派の対応が
多くの人たちが選ぶ理由なのかもしれない。

メルシーは吉永小百合さん、弘兼憲史さんといった
早稲田ゆかりの著名人も通ったという、
早稲田人なら必ず知っている名店なのだ。

37年前に私が食べていた名物の「ラーメン」は、
今も変わらぬ煮干しとモミジ(鶏の足先)でとった醤油スープ。
しかし、変わらないのは味だけではない。

初めて私が来店したとき、
ラーメン一杯の値段は200円台だった記憶が…。
当時としても、これは破格に安い。
そして2019年の現在でも400円!
大盛りでもプラス90円だというから
やはりこれは破格に安いというべきだろう。

もともとは、創業者の「学生の街なのだから、
安くて美味しいものを」という心意気で値段が設定されたそうだ。
61年も経てば当然代替わりしているが、
「安くて美味しいものを」という理念は変わらない。

決して綺麗とはいえない外観も、
「味以外のところにお金をかけない」という想いあってのことだろう。

こう振り返ってみると、「安さ」「美味しさ」「出汁のもと」と、
貫く不変の理念がメルシーを61年継続させて来たことが理解できる。
長年愛される秘密、そこには徹底する理念が存在する。

bijimain

いつでもおいしいメルシーのラーメン

biji2

価格もリーズナブル!

biji3

多くの人に愛されている

ページTOPへ
モバイルショット

04/15
2019

IMG_8697

「植福」ワインのプロローグ

ついに「土と太陽のワイン-yukidoke」が出来上がりました。
2015年にその構想を十勝の芽室町で発信してから早4年。
ついに初の芽室産ワインが出来上がったのです。

Memuroワインヴァレー構想に
ご支援ご協力ありがとうございました。

私にとってはその香りそして酸味ある味わい含め、
特に愛おしく意味あるワインです。
その赤い液体に唇が触れるたびに
素晴らしく美味しいワインに感じてなりません。

『幸田露伴の教えに、「植福」というのがあります。
つまり、将来よいことが起こる種をいま蒔いておこうという意味です。
たとえば、自分の裏山に桜を植えます。
桜の木は成長するのに時間がかかりますので、
植えた人自身には何の恩恵もありません。
しかし、後世の人がきれいな桜を見ることができます。
この考え方が「植福」です』
(PHP研究所:鍵山秀三郎「一日一話」より引用)

これは鍵山相談役が発信するこの4月13日のメルマガの一文ですが、
思わずMemuroワインヴァレー構想を発想した時のことを
思い起こしてしまいました。

私は桜ではなくワインぶどうの木だっただけなのです。
ワインぶどうは3~4年目頃から実をつけますが、
味わいのあるワインになるには10年以上は必要と言われてます。
滋味深い味わいには30年とも言われているのです。

だれかがチャレンジしない限り
その先の味わいのある芽室町のワインは出来てこないのです。
そして、新たな十勝の農業の可能性も生まれてこないということ。

2015年の発想時はまさに「植福」だったのですが、
若いぶどうの木でも樽で1年以上寝かされたこの味わいは
私にとっては美味に感じてなりません。
これは私だけの味わいでしょうか。

残念ながら、諸事情によりこのワインヴァレー構想は順調に進まず、
来年のワインは期待できません。
残念ですが…

でも、鍵山相談役のお陰で
改めてこのワインヴァレー構想が「植福」だったこと、
すなわち後世のための構想だったことを確認できたこともあり、
ここで再構築してチャレンジしていきたいと思った次第。
ここはあくまで「植福」ワインのプロローグということ。

すでにご協力ご支援いただいた方々には
この「土と太陽のワイン-yukidoke」を味わってもらい
その可能性を改めて思い描いていただき、
次なる応援ご協力をよろしくお願いします。

そして…
だれかがやってくれるでなく、
みんなで「植福」を心がけ行動に移しましょう。
次なる世代のためにも!

(なぜか発想が、熟年になってきたような…)

IMG_8697

ついに、完成!

ページTOPへ
ありがとう、感謝します

04/15
2019

tksmain

昼下がりの桜の花と甲羅干し

神田川に沿って広がる、満開の桜。
麗らかな日差しの中でそれを見ていると、
ああ春だなあ、ありがたい、という気持ちがこみ上げてくる・・・。
ところが、思ってもいない春が神田川の岩の上に!
(夜の花見だけでは気づかない光景が…)

そんな春の気づきが今日の本題。
私の自宅近くには神田川が流れ、神楽坂から高田馬場まで、
千本以上(?)の桜が植えられている。
ただ、例年ならば暖かい東京では3月の終わりに
桜が咲き始め、4月になると早々に散ってしまう。

しかし今年はちょうどよく?! 寒暖の波があり、
いつもよりはずいぶん長いこと桜が楽しめているというわけ。
私も何度も歩きがてらお花見をした。

過日、その神田川沿いを歩いていたところ、
なにやら黒いカタマリが。
みれば、甲羅の直径30cmもあろうかという亀が、
一面に40匹は集まって甲羅干ししているのだ!
ほのぼのと平和な光景に、思わず写真を撮ってしまった次第。

鶴は千年、亀は万年生きると昔の人は言ったけれど、
実際のところ鶴はせいぜい二十年。
ところが、亀の場合は(万年はさすがに無理だけど)
ヒトより長く生きるものも結構いて、
ガラパゴスの亀で200年生きているものもいるとか。
世界中で長寿の象徴として扱われているのが亀なのだ。

とすれば、甲羅干しに長生きの秘密でもあるのか?
と思った私は、亀について調べてみた。
それによると、甲羅干しの効能は大きく言って3つ。
ますは、体温調節。
それから、日光の力で皮膚についた寄生虫を退治し、
甲羅に藻類が生えないようにするという、病気の予防。
さらには栄養素の吸収も助けるという。

このように、亀が健康に生きるために
紫外線は重要な役割を果たしているのだが…
亀は何故長生きなのか? 
根本的には、「酸化ストレス」を溜め込まないからなのだとか。

老化する=「酸化する」と言えるが、
ヒトを含めた全ての生き物は日々酸化している。
しかし、亀はあのスローモーな動きのおかげもあり、
酸化に対する耐久性が強い。
というか、ズバリ言ってしまえば「鈍い」のだ。
鈍いは強い、と言うけれど、
小さなストレスに動揺しないほうが
生き物としては図太く長く生きられるのだろう。

ヒトについてもこれは同じ。
ストレスに対してよい意味で「鈍く」いて、
日々甲羅干しのように自分の体をメンテナンスすること。
亀に学べば、おのずとヒトの生き方も見えてきそうだ。
春の日差しの中、桜と亀に感謝するナカジマでした。

tksmain

亀の甲羅干しだ

tks2

ストレスに対してよい意味で「鈍く」いたいものだ

ページTOPへ
ページTOPへ