これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/05
2019

moba1

えっ、私が“脳梗塞治療”!?

えっ、10日間の入院!?
先生、1週間くらいではダメですか!?
「ダメです」

先生とのこんなやり取りの末、きっちり10日間の入院を覚悟。
そして、約2カ月先のすでに入っていたセミナーや収録予定をずらし、
10日間の入院予定を入れたのだ。

「すみません、急遽入院しなくてはならず…」
関係者の方々は急な投げかけにも、この“入院”の2文字が効き
あっさり変更に応じてくれる。
その日の午前中の病院で決断し、
その日のうちには10日間の入院日程を確保できたのだ。

まぁ、60代も半ばになってからの
“入院”の2文字はインパクトがあるようだ。

いや、今回の話はそこではなく、
10日間の入院を覚悟させてくれた先生の話。

病院に着くと早速、頭を固定され脳のMRI検査。
そしてこの道の権威、金澤先生が直々にそのMRI画像を観ながら診断。
「うんうん、この辺は綺麗で問題ねぇがぁねえ~。
このあだり(辺り)のすろい(白い)箇所が気にかかるかなあ~。
あ?そうねぇ、血管を観てもこのあだり(辺り)が少し繋がりの薄い部分が…」

ということであっさり「脳梗塞未病治療」10日間の結論。
(えっ、10日間の入院!?)

人体の血管の長さはおよそ10万キロ。
なんと地球を2周半する長さ。
血液は血管の中を時速216キロというものすごいスピードで
心臓から送り出されるという。

その圧力が血管にもろにかかってくるわけで、
60余年も経てばそりゃ血管の侵食、劣化も起こって当たり前。
そして、血管が詰まり(狭窄)、その先に血液が運ばれなくなると、
脳梗塞となるわけだ。

予兆としての症状から「未病状態」見つけ出し、
脳梗塞を未然に防ぐことはできるという。
もちろん詰まってしまった血管が戻ることはないが、
この点滴療法により、血管の脳全体の血流を良くし、
機能回復を導くことはできるというのだ。

さすがこの道の権威、金澤武道(たけみち)先生。
50年間に渡る臨床経験と6,000症例以上の実績からの
金澤流の「未病治療法」ということ。

海外での医療実績もある先生なのだが、
なぜか青森出身が伺われる津軽弁での診断トーク。
この訛りある優しい喋りが、
その経験と実績をより裏付けてくれたのだ。

これぞプロフェッショナル、
まさに“ビジネスの達人”である。
やっぱり、この領域をベンチマークとしなければ…

moba1

えっ、私が脳梗塞!?

moba2

気をつけねば…!

ページTOPへ
はなまるア・ラ・カルト

08/05
2019

ara2

定点観測から、すでに起こっている未来へ

“東京の空 
 灰色の空
 ほんとの空が見たいという~“

高村光太郎の「あどけない話」をもとに、
コロンビアローズがうたった「智恵子抄」。
懐かしい歌が頭に浮かぶ。
(東京にもこんな歌があるんだよねぇ~)

きっかけは毎日出向く飯田橋周辺の清掃活動だ。
飯田橋交差点の歩道橋からふと空を見上げると
梅雨の終わりの激しい雨の後だったせいか、
東京ではめったに見られないほどの青い空!

こんなことに気づけるのも、毎日ほぼ同じ時間に
“定点観測”を兼ねた清掃活動を行っているからだ。
マーケッターとして、この“定点観測”は
欠かすべからざるものだと思っている。

例えば、数年に一度訪れるアメリカでの“定点観測”。
私は必ずホールフーズやトレーダージョーという
スーパーマーケットを訪れるのだが、
訪れるときは大体2~3年ぶりとなる。
そして品揃えや売り場の変化をチェックするのだ。

大手スーパーマーケット『ホールフーズ』の場合は、
訪れるたびに惣菜とイートインコーナーが充実していった。
そのうち、お客さまが食べたい量だけとって
量り売りするスタイルになっていく。
この形式はすっかり定着したようで、その変化を見守れたのも、
スーパーマーケットからの定点観測のおかげだ。

あるいは、ノードストロームという百貨店の場合。
顧客満足度が極めて高いことや
返品対応の良さで有名だったのだが、
私の定点観測では「靴」がポイントになっていた。

もともと靴の品揃えの良さが知られていたノードストロームでは、
売り場で足の寸法を測ってくれ、
左右で足のサイズが違えば、サイズの違う靴を売ってくれる…など、
サービスも実に充実しており、靴売り場の面積も広かった。

ところが、最近ではその売り場面積がどんどん縮小している。

それは一体なぜかというと、
靴もネット通販での購入が多くなってしまったからだ。
もちろん、ノードストロームもネットによる販売もしているわけだが、
店舗における販売量は少なくなり、
それに伴って面積も縮小されてきたということ。

ここに、リアル店舗からネット通販へ…という
消費の動向がずばり表れているのだ。
定点観察をすることで、このような大きな変化も
気付けるというわけ。

別の言い方をすれば、「すでに起こっている未来」
が定点観察から見えてくるのだ。
“すでに起こっている未来”を察知することは、
自分たちのビジネスの行方を先取りできるということ。

あなたも定点観察することで、
「すでに起こっている未来」をみつけよう。

aramain

東京ではめったに見られないほどの青い空!

ara2

定点観測をやってみよう!

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

08/05
2019

keymain

成長性M&Aのススメ

“日本は非常に生産性が低い”。

こんな風に言われて、ええっ!と思った方もいるのでは。

しかし、私の手元のデータでは日本の生産性は世界で28番目。
OECDの調べでも世界で21番目だったというから、
決して高いとは言えないだろう。
ところが同じ調査の「人材評価」部門では、
日本人は4位と高評価。う~ん、ギャップがありますねえ。

経済が停滞しがちな先進国、イタリアの例を見てみると、
人材評価は34位・生産性でも34位と、少なくとも数字は釣り合っている。
そして気になる経済超大国アメリカは、人材評価はアレレの24位。
それなのに生産性では9位となっていて、
これが日本のギャップとは完全に逆。
一体どうしてこうなるのだろうか?

その理由は、日本の経済の構造にある。
例えばアメリカの場合、働く人の半数は
従業員250人以上の企業に勤めている。
対して日本は、250人以上の企業で働く人の割合は全体の12.9%。
残りの人達は250人未満の中小企業に勤めているのだが、
これこそが生産性の低さに繋がっているというわけ。

中小企業では、研究開発に割けるリソースにも限度がある。
当然、採用にも苦労するため、
なかなかいい人材を確保することもできない。
少子高齢化でただでさえ労働人口の減少で働く人が少ないところ、
優秀な人材は取り合いになってしまう。

直近の大卒者求人倍率は1.88倍!
まさにひっぱりだこという状況で、
中小企業が大手に負けてしまうのもやむをえない。
そして、生産性をあげるための設備機器の導入もままならない。

その他まだあるだろうが、このような理由から、
労働人口の9割以上が働く日本の中小企業の生産性は
なかなか上がらず、ひいては
日本の生産性も低いままとなっているのだ。
(これは経済識者による客観的意見としてご勘弁を!)

では、どうすればよいのか?
現在の生産年齢人口は77,682万人。
これが2030年には6,900万人に減少し、
2040年には6,100万人と、ぐんぐん減少していくことが分かっている。

今以上に人材は取り合いになるだろう。
10人~30人程度の小さな会社では、
希望の半分程度取れれば良い方だろうと言われているそうで・・・。

そこで注目したいのがM&A。
企業統合により、企業規模を拡大して、
採用効率と生産性を向上させていくのだ。

日本全体の生産性や、会社で働く人たちの労働環境を考えれば、
ある程度の投資ができる環境を整えるべきなのだ。
今こそ、企業統合のとき。成長性あるM&Aを、強く推したい!!

keymain

日本は生産性が低い!?

ページTOPへ
ページTOPへ