これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/26
2019

unnamed

里山と生きる、注目の“水族館”たち

ついに第3回「里山と生きるフォーラム」
開催が決定!
11月7日木曜日。
水族館プロデューサー“中村 元氏”招聘。

池袋のサンシャインシティの10階で
エレベーターを降りた途端、目の前に流れ落ちる滝。
そして、南洋のリゾートへワープしたかのように
青々と茂った植物たち。

ここはあくまで首都東京、池袋のビルの屋上だ。
2011年に、サンシャイン水族館は「天空のオアシス」
として生まれ変わった。
そこから、毎日入りきれないほどのお客様が行列をつくるという。

このリニューアルに関わったのが
水族館プロデューサー中村 元氏だ。

もちろん中村さんは都心の水族館だけでなく
日本中の水族館活性化のためのお手伝いをしている。

北海道のど真ん中の山裾、寂れて閑散とした温泉街。
そこに注目の「北の大地の水族館」がある。
建て替えの建設費は極小予算。
冬はマイナス20度の極寒。

そんな弱点だらけの無謀な水族館計画に
ボランティア状態でお手伝いをしてしまう中村氏。
すると低予算ゆえの下から見上げる半トンネル水槽が
世界初を演出する。

これにより激流の泡の中で、
きらめくオショロコマたちの泳ぎが見られる
魅力的な“水塊”が誕生したのだ。

水族館づくりはその土地柄と深く関係するわけで、
いかにその里山ならではの“水塊”づくりをしていくか。
これがその後の集客力に関わってくるということ。
すなわち、中村氏はその里山を活かし“弱点”を逆手にとって
その地ならではの“まちづくり”を展開しているのだ。

中村氏は新・鳥羽水族館をスタートに
全国の多くの水族館と関わりを持ち、まちづくりをお手伝いしている。

中村氏の“弱点で進化を起こす”という発想は是非学びたい展開。

ほらほら、11月7日の「里山と生きるフォーラム」に
参画したくなったでしょう。
もちろん、「里山と生きる協会」会長の石坂典子氏との
パネルディスカッションも計画してるわけ。

集え、「里山と生きるフォーラム」へ!

unnamed

集え、「里山と生きるフォーラム」へ!

IMG_9710

水族館プロデューサー“中村 元氏”

ページTOPへ
はなまるア・ラ・カルト

08/26
2019

ara

ミレニアル世代への事業承継or M&A

“商流革新”により、ビジネスのあり方が大きく変わろうとしている現代。
ミレニアル世代を中心に、“サブスクリプションサービス”や
“シェアリングエコノミー”といった、新しい概念が当たり前に。
世界を巻き込むようなプラットフォーマーも続々と登場し、
旧来のやりかたが通用しなくなってきているのだ。
今後、ビジネスの世界では新しいサービスを当たり前に使いこなす彼らが、
イニシアチブを握っていくことは間違いないだろう。

さあ、そこで問題になってくるのが「旧来のやりかた」
を踏襲してきた企業の経営者だ。
特に中小企業の経営者の引退は60代、ときには70代になっている。
経営者としては、これまでのやり方を
よく知っている部下を選びたくなるかもしれない。
経営者が60代だとすれば、その部下は40~50代ということだ。
しかし、40~50代の人に事業を引き継いでも、
当然「賞味期限が短い」わけで…。
そして、これまでのやり方にこだわり、
新しい商流についていけない可能性も高い。

ならば、いっそのこと現在30~40代前半の
「ミレニアル世代」(?)にバトンをパスするべきなのだ。
もちろん、世代だけの問題でパス相手が決まるわけではないが、
少なくともこれからの時代の価値観に
彼らは新しいサービスを前提に、新しいビジネスを作っていけるだろう。

さて、このタイミングでパス相手が見つからない場合…
その場合は先のビジ達でも発信した“M&A”、
すなわち事業統合である。

WEB上で少し検索するだけでもたくさんの
プラットフォームを見つけることができるのだ。
見れば、『事業継承 M&A トランビ』『M&A総合研究所』
『M&Aクラウド』など、民間の事業マッチングサービスもあるし、
『事業継承支援センター』のような、半官の組織もある。
事業をポジティブな形で誰かに渡したいと思ったら、
こうしたサービスを利用することも可能だ。
私の経営者仲間が展開している“M&Aキャピタルパートナーズ”
というのもあるが…(もう一部上場企業になっている)

10年先・20年先・30年先も事業を継続させ、
お客様・従業員・協力会社・・・などなど全ての人を満足させるためには?
ミレニアル世代へのバトンパス。
あるいは、成長性の“M&A”ということ。
この2つが大きな解決法になることは、間違いないのだ!
さて、あなたもそろそろ考える頃なのでは!?

ara

ミレニアル世代へのバトンパス あるいは、“M&A”

ページTOPへ
先取りビジネストレンド

08/26
2019

tre

“サブスク2.0”という商流革新

サブスクリプション方式。
つまり、定額制のサービス活用方式とでも…。
いま注目されている、この“サブスク”が注目に値する。

「○○放題」で衣食住をまかなうサービスが
どんどん生まれているのだ。
この動きも中島流の“商流革新”のひとつだといえる。
それも、通信販売の頒布会や新聞の定期購読などの
既存サブスクリプション(これを、仮にサブスク1.0と名づけよう)
より進化した、サブスク2.0!

さて、サブスク2.0のポイントは、
物を“つくる”のが本業だったメーカーまでもが参入していることだ。
「所有から利用の時代へ」とはよく言われるが、
販売数を競っていたメーカーが
“買わなくても使っていただけますよ”という姿勢に出たのだから、
これこそ時流の変化だろう。

さて、注目の“サブスク”を紹介しよう。
たとえば大手自動車メーカーTOYOTAの『KINTO』。
月々定額を支払えば、新車を3年間使用することができる。
3年経ったら、また新しい別の車に乗れる。
金額は車種にもよるが、プリウス(!)で月額\46,100、
クラウンで\87,000だという。じつはレクサスもサブスクで乗れるのだ。

また、ブリヂストンが実施するBtoBサービス
『TPP(トータルパッケージプラン)』も注目度が高い。
トラックやバス事業者を顧客に、
月額性でタイヤの供給から車体のメンテナンスまで、
全てをまかなうサービスで、継続率は驚くほど高いとか。

ほかにも、キリンビールは「ホームタップ」。
工場直送の“一番搾りプレミアム”を家庭用ビールサーバーで楽しめる。
パナソニックは「The Roast」という
コーヒー焙煎機+厳選されたコーヒー豆のサブスク。

まだまだ、挙げればキリがないけれど、
物を買ってもらってナンボだったメーカー自身が
サブスクリプションサービスに踏み切ったところが、サブスク2.0のポイント。

実は、2001年にすでにサブスクをスタートさせ、
順調にその売上を伸ばしているのがメニコンだ。
そのサブスクの売上は、総売上高の半分を超すという。
今後、サブスクリプションサービスが
ますます拡大していくことは間違いないだろう。

やはりこの“サブスク2.0”の動きは
まさに“商流革新”と言えるだろう。

tre

の“サブスク2.0”の動きは まさに“商流革新”

ページTOPへ
ページTOPへ