これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/06
2020

mobamain

「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」ということ

「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」
私の思いを込めた言葉です。

大切なことは、一歩を踏み出す勇気。
一歩を踏み出さなければ、前に進むことができません。
具体的には、足元のゴミを拾う実践から始めることです。

ゴミを拾う人は、不思議とゴミを捨てないものです。
足元のゴミひとつ拾えぬほどの人間に何ができましょうか。

↓ ↓ ↓
これは2020年元旦の“鍵山秀三郎一日一話”。

毎年元旦には、この一日一話を目にし
繰り返し読むわけだが…

「ひとつだけきれいになる」
確かにひとつ拾えば、ひとつだけきれいになるわけだが、
同時に、何が変わるというのだろう。

“一歩を踏み出す勇気”とは!?
ゴミをひとつ拾うだけで自分の中の何が
それまでとは違うというのだ。

人として気付ける人になるのだろうか。
決断でき実行できる人になるのだろうか。

さて、2020年夏、東京五輪が開催されるわけだが、
残念ながらまだまだ日本が、東京がきれいだとは思えない。

毎朝のように街中のゴミ拾いをしているのに
次の日には同じくらいのタバコの吸殻が拾えるだ。

新宿の歌舞伎町だけでなく、東京のどの街でも
一晩の夜を過ごすだけでゴミはたくさん捨てられている。

東京で過ごす半分の人でいいから
夏までにひとつゴミを拾うだけで、
東京はすごくきれいな街になるんだろうなぁ~。

鍵山相談役の言う通りなら…

もしかしたら、東京の街がきれいになるだけでなく
もっと何かが変わるかもしれない。

日本が抱える少子高齢化の問題も…
停滞する経済であり生産性の問題も…
格差社会の問題や環境問題も…

だれかに頼らなくても
日本のみんながゴミをひとつ拾うだけで…

mobamain

みんながちょっとだけ、意識をすれば…

moba2

“鍵山秀三郎一日一話”

ページTOPへ
ファインスピリッツキーワード

01/06
2020

key

サイエンス経営から“美意識経営”へ

私が創業したクォーターバックのコーポレートサイトには
“Challenge is Beautiful”と掲げられている。
まさに美意識を発信していく会社だ。

このビジ達で、今の時代は“美意識”が大切に
なってきたと度々紹介している。

中島流のパラダイムシフト75では・・・、

享保の改革 1716年から1730年頃にかけて、
8代将軍徳川吉宗主導によって行われた幕政改革。
これは江戸幕府が開かれて百年以上が経過し、
財政の立て直しが必要になって起こったこと。
社会にも腐敗が起こり、改革が求められたのだ。

その75年後、吉宗の孫にあたる松平定信が
主導して寛政の改革を行った。
田沼意次が乱れた政治を行い、一揆や打ち壊しが頻繁に起き
役人の賄賂も横行したことで、改革が必要となったのだ。

これらは、その時代のリーダーたちの倫理や道徳を含む
“美意識”がなくなり、
制度改革をしない限り、幕藩体制維持が危機に陥るとの
ことから行われた改革。

その後75年後の明治維新は、これらの改革とは
意味が違う改革だったが、
その75年後が終戦。
復興をテーマにそこから、様々なビジネスが生まれてきた。
経済成長はめまぐるしく、人々は豊かになったが、
一方、経済格差も拡がってくることに。
そして今、美しくないビジネスも増えてきた。

ひとつのパラダイムが長く続いてくると、必ず淀みが出てくる。
目先の利益を優先する経営者たちが、グレーゾーンにて
事業を展開するようになる。

すなわち、このところの、分析的、論理的経営を
重視する“サイエンス経営”(この言葉は私が名付けた)
をすると“美意識”をなおざりにしてしまうのだ。

現状、経営の価値観を中島的に数字で表すとすると、
サイエンス経営が「8」で美意識経営は「2」しかない。
すなわち、数字ばかりを追いかける経営をした結果、
様々な問題が発生し、格差も拡大してきたということ。

これからは“サイエンス経営”から“美意識”を意識した経営、
すなわ比率で言うと、5対5 くらいにに
しなければいけないのだ。

いまや、美意識経営は、ブランド、商品・サービス、
マーケティング、ビジネスモデル
人材育成にも影響を与える。
当然CSRと言われている社会貢献活動も含まれる。

サイエンス経営で数字ばかり追うと、社会から選ばれる
会社にはならないのだ。
これからは“美意識経営”が選ばれる時代がやってくる!

key

美意識、持ってますか!?

ページTOPへ
シナジースペシャル

01/06
2020

syn

2020年~2030年はボーダレス化時代

先日、落合陽一著の「2030年の世界地図帳」をめくっていたら
“テクノロジーの未来年表”というページがあった。

その年表には、
2020年 東京オリンピック・パラリンピック開催
    公道での無人自動運転移動サービス開始
    5G運用開始
2022年 トラックの隊列走行の商用化
    (けん引されている後ろのトラックは無人)
2023年 iPS細胞による歯の再生医療の臨床応用開始
2024年 人類を火星へ送る「スペースX」計画
    同時通訳可能なAIの登場
2025年 大阪・関西万博
    自動運転による運送業の代替
    ロボット手術の普及
2027年 リニア中央新幹線開業

これらがこの10年の中に現実的に起きてくるのだ!

情報テクノロジーの発展によりこのような大きな変化が生まれるわけ。
そしてGAFAM(グーグル・アマゾン・フェイスブック・
アップル・マイクロソフト)と呼ばれるプラットフォーマー企業や
今後出現するプラットフォーマー企業がビジネスを
よりワールドワイドに展開していくことになる。

もはや生活に欠かすことのできないスマホの出現により、
電話機能は画面上のひとつの
アプリケーションとなり、私達は“携帯端末”として
そのあらゆる機能を利用するようになった。

そして生活も大きく変化している。
例えば、ニュースのチェック、日用品の買い物、
タクシーの配車、レストラン探し、友人・恋人・家族との
コミュニュケーション、ドラマ・映画の視聴も移動中の
スマホで・・・。

情報テクノロジーの進化により、プラットフォーマー企業が
さらに人々にとって使いやすいサービスを展開し続けている。
その結果、“ボーダレス化”が加速していくのだ。

国と国のボーダレス化はかなり前から言われていたが、
業界のボーダレス化も進み、
言葉のボーダレス化。
時間・空間のボーダレス化が起きてくる。

先端技術の発展によりさらに、ボーダレス化が進んでいくのだ。
ボーダレス化により、経営者、生活者にとって何が変わって
くるのか・・・?
当然ライバルは多くなり、また発想を転換することで
今までとは違った分野への進出も可能に・・・。

先日もビジ達で紹介したマイクロドローン撮影。
これも今まで出来なかった撮影、
今までにない視点からの撮影、
さらに一筆書きのような撮影で
集約撮影が実現し、時間の短縮が可能に!
そしてこれからの5G通信により、
動画が様々な場面で、すなわちボーダレスで視聴可能な環境になる。

このボーダレス化の流れは止められない。
2020年からの10年間がこんなにも変化することは間違いない。
これにどう対処するのか、本格的ボーダレス化を
頭に描きながらビジネスを展開し、
日々の情報をチェックしないと
これからのビジネスについていけなくなりますよ~!

syn

時流に取り残されるかも…!?

ページTOPへ
ページTOPへ