これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

03/09
2020

mobamain

タニタ食堂で、谷田社長と美味しいカレー

うんうん、美味し~ヘルシ~楽し~
これがタニタ本社での社員食堂体験。
てことは、これが「タニタ食堂」の基だよね。

みんな楽しそうにお喋りしながら食べてるねぇ。

えっ、今は全国にタニタ食堂は7店舗。
コラボ店舗も6つもあるとか。
有楽町にできた「タニタカフェ」も人気だという。
(次から次へと畳みかけるねぇ~)

このブランディング効果は大きいねぇ~と話しているうちに
今度は『タニタ働き方革命』で世間が大注目。

世の中の中小企業経営者が「何が働き方改革だ!?」といい
ブツブツ言って後手後手に回っているうちに
タニタは本気でスタッフが働いてくれるための
タニタ流“個人事業主制度”を発想し、導入してしまったのだ。

谷田千里(たにだせんり)社長、素晴らしい行動力。
このチャレンジが次なる工夫を生み出すんだよねぇ~。
まさにこれぞ“動中の工夫”!

この本がタニタのブランディングにはもちろん、
今後の採用にも大きく貢献すること間違いないわけだ。

それにしても…
私が知っていた船井総研時代の谷田千里さんは
もう少しひ弱に見えていたのだが。
(ごめんなさい(^◇^;)

時の流れは人を強くするってこと!?

いや、常にチャレンジャーとして
その先の“タニタ”のあり方、その先の経営者に挑戦してきたからこそ
こんな“タニタ”であり、こんな“谷田千里“になったってこと。

そういえば、株式会社タニタの次なるチャレンジは
すでに始まっていると言っていた。
(ナイショだけど…)
そして“谷田千里“としての次なるチャレンジもしっかり掲げていると。
ふっふっふっ…奥様を超えたい!?
(ここには私たちには分からない複雑な何かが…)

まさにChance to Challenge
“挑めばチャンス、逃げればピンチ“なのだ。

そして中島セイジがチャレンジする
YouTube“Chance to Challenge ビジ達 7”をよろしく!

mobamain

タニタの働き方革命!

moba2

美味しいカレー

ページTOPへ
目からウロコのおすすめ本

03/09
2020

book0309

「異端のすすめ」 強みを武器にする生き方 橋下徹著

橋下徹さん・・・皆さん知っていますよね?
弁護士で、「行列のできる法律相談所」に
レギュラー出演していたことで、有名になり、
その後、大阪府知事選挙に出馬し当選して大阪府知事、
「大阪都構想」を掲げ府知事辞任し、大阪市長となり、
大阪維新の会の代表となった人だ。
今回は、その橋下徹氏著の本「異端のすすめ」を紹介する。
(異端であることは分かっていたわけだ・・・)

タイトルにつられ、たまたま手に取ったこの本だが、読んでみたら
「まさに、その通り!」と共鳴したのだ。
51歳になる橋下氏が勧める「生き方」について書かれており、
橋下氏の「モノの考え方」「選び方」「行動パターン」がよくわかった。

橋下氏はまだ弁護士としての実績のない時に、
他の弁護士との差別化を考え、名刺交換をする度に、
「私はスピードを売りにしています!」とPR。
実際に、依頼があればすぐに面会をして仕事に取りかかり、
どこにでも足を運んだ。
“量”をこなしながら“質”が高まっていくと考えていたと言う。

そしてちょっとしたチャンスを活かし出演したラジオ番組で
思い切った意見を発信したことで、その他のラジオ、テレビから
声がかかり、その後「行列のできる法律相談所」に
レギュラー出演することになった。
その後の活躍は冒頭で書いた通りだ。

先日もビジ達で『100万人の1人の存在になる方法』
という本を紹介したが、
橋下氏も“強みのかけ算”で自分にしかない価値を手にいれた。
“弁護士 × タレント × 府知事 × 市長 × 国政政党の代表”
確かにこれだけの経験をしている人はいない。
これが橋下氏の強みで、まさに100万分の1以上の人だ。
これらの実績があるからこそ、
今なお様々なところから声がかかるというわけ。

橋下氏曰く、“突き抜けるにはリスクを取れ”と。
リスクを取るからこそその反対側の幸運もついてくれば、
多くの人から選ばれるのであり、自分の成長にもつながる・・・。
と言っている。

今は、組織に属していても個人の価値が問われる時代。
だから自分の強みをかけ算で活かし、
どんどん“リスクをとりチャンレンジすべき”だと。
そして、“質は量をこなすことで磨かれる”と。

「自由が欲しければ責任が伴う、
権利の主張には義務が伴う」
のと同じで全ての仕事も表裏の関係だ。
何かを得るためにはその裏側にあるものを背負うか、
それとも何も背負わずに現状維持で行くのか・・・。

今まで私がビジ達で発信してきたことと同じことが
書かれていた!
ふむふむ。もしかしたら私も異端ってこと!?


book0309

「異端のすすめ」

ページTOPへ
選ばれるビジネス

03/09
2020

IMG_1015

不易流行のRyukoの行方

1980年にはチェーン店での売上高は首位で
「外食王」だった小僧寿し。
先日の新聞にその小僧寿しが「再建の道険し」と出ていた。

実は私は1985年頃、小僧寿しの折り込みチラシ制作の仕事を
お手伝いしていた。
寿しメニューの撮影から企画、デザインをし、
印刷会社に入稿する手前までの工程をだ。

ところが、ある時校正ミスにより価格を間違えるという
命取りにもなりかねないミスをしてしまった。
既にチラシは全国のお店に発送済み。
その時、小僧寿しの社長は「印刷ミス キャンペーン」と銘打ち、
各お店にポスターを貼り“特別大奉仕!?”として
価格は間違えた安い設定のまま(20円安い)とする
大英断をしてくれたのだ。
もちろん大特急でポスター作りに協力させてもらっただけで、
私達に大きなお咎めがなかった。
こんな訳で大変お世話になった小僧寿しだったわけ。

それから30~40年。時代は大きく変わった。
小僧寿しが厳しくなった背景として、ピザ含めさまざまな競合と
ウーバーイーツ、出前館などの配達代行サービスが出現し、
お客様が選ぶ選択肢が多岐に渡ったことがあげられる。

こんなことを考えていると、
時代が大きく変化したことと伴に・・・
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」
という平家物語の一節がアタマに浮かんできた。
そして、松尾芭蕉の“不易流行”である。
いつの世も“変わらないもの”と“変わるもの”があるのだが、
“変わっていく”流れにのらないと“盛者必衰”となるということ。

まさに今、変化が激しい時、
「最も強い者でもなく、最も賢い者でもなく
変化できる者」こそがその先に生き残るというわけ。
まさにパラダイムシフトの変わり目は、あからさまに
表に見えてくる。

そして、新しい時代には新しい価値観がそこに必ずある。
その新しい価値観を作るのは決まって若い人達だ。
時代を担う人たちが次の主役であって、そこにバトンを
渡していかない限り、たとえ、どんなに大きな会社であったとしても
“盛者必衰”となっていく。

以前ビジ達でも紹介したが、「上下のリーダーシップ」から
「前後のリーダーシップ」へと組織を変革する時なのだ。

すなわち、会社は、若い人、つまりミレニアム世代へバトンを渡し、
新しい価値観で経営をし、マネージメントをしてもらうことで
“Ryuko”を作っていくことにつながる。
松尾芭蕉が言っているとおり、“変わらないもの”の中に、
“変わるもの”を取り入れていくことが「不易」の本質ということ。
これこそ会社が生き残るためのこれからの時代のキーとなっていく!

IMG_1015

“変わらないもの”の中に、 “変わるもの”を取り入れていく

IMG_3597

まさに今、変化が激しい時

ページTOPへ
ページTOPへ