これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/29
2020

IMG_8028
NEW

時代の寵児で、そしてイノベーターは!?

「みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ
すぎかきすらの はっぱふみふみ」
この土曜日のあるラジオ番組の中で
還暦男のパーソナリティが語っていたのだ。

うんうん、私が中学生だった頃みんな口にしていた。
そして今だに言葉がスラスラと出てくるわけだから、
そのくらい一世風靡していたCMだったのだろう。

ところで、何言っているか分かります?

まぁ、還暦くらいの年齢じゃないと
ピンとは来ないだろうが。
そう、あの頃の時代の寵児、大橋巨泉氏が
CMの中で語っていたから注目されたのだろうが…

最後に「わかるねぇ~」だって。
分かるわけないだろう!
万年筆を持ってキャップを取り、書くフリをしてるから
何気に分かるわけで。

何を言っているか分からないけど五七五七七と韻を踏んでいると
記憶に残るのかもしれない。
結果、パイロットの万年筆がどのくらい売れたかはさだかではない。

今、YouTubeで検索してみると、
その当時の若い大橋巨泉氏のCMが出てくるではないか。

https://www.youtube.com/watch?v=WfGBiQsvbHE

当時、大橋巨泉氏は他の人とはかなりち違っていた。
みんなが真面目に働いているときに
彼は競馬で、麻雀で、ジャズで、ゴルフで…
まさに遊び人のやることばかりをやっていたわけだ。

結果として競馬も麻雀も音楽もゴルフも趣味のレベルを超え、
評論家としてもメディアに登場するようになり、
司会やコメンテーターとしても活躍していたのだ。

その頃の大人時間の人気テレビ番組「11PM」の
パーソナリティもやり、これらを番組内に取り入れる
洒脱な人気者だったのだ。

今思えば大橋巨泉氏は時代の寵児でありイノベーターだったのだ。
そこから世の中の人たちの趣味やエンターテインメントとして
当たり前になっていったということ。

大橋巨泉氏は、今で言うところの“マツコ“かなぁ!?
とはいえ、マツコも先日番組の中での若いYouTuberとの会話により
もう自分の時代ではなくなっているかもと言っていた。

では、次なる時代のイノベーターはどこにいる誰なのだろう!?
これも「すでに起こっている未来」探しかもしれない。

自称、イノベーター中島セイジの最新YouTube“ビジ達 7”はこれ!

https://www.youtube.com/watch?v=mJUmEB6uHBM&feature=youtu.be

IMG_8028

次なる時代のイノベーターはどこにいる

ページTOPへ
先取りビジネストレンド

06/29
2020

IMG_7637
NEW

アフターコロナに向けて“フォロー&アゲインスト”

コロナ禍の中で、ビジネス界に吹いている風は
フォローの風かアゲインストの風かを読んでいくと、
結果的にアフターコロナが見えてくる。

まず、フォローの風が吹いているのは・・・、
コロナ禍は“デジタルトランスフォーメーション”の後押しになっている。
マイクロソフトはクラウド関連事業の売上が4割増。
AWSというアマゾンの企業向けクラウド事業も勢いがある。
ビデオ会議システムのZOOMはオラクルとクラウド基盤
契約したことで、オラクルも好調。
もちろんZOOMも世界中に拡がり株価もうなぎ登り。
任天堂のSwitchは42.3%の急増だったがそれだけでなく、
「あつまれ動物の森」というソフトの販売も絶好調だ。

さらに、コロナ禍により一層M&Aをする企業が増加してゆく。
その関連株の株価が上昇しているのだ。
“日本M&Aセンター”は3月中頃2500円だったが6月には
5000円と倍になっている。
“ストライク”や“フロンティア”、“M&Aキャピタルパートナーズ”も
も株価は約倍になっている。

また、アマゾンは1800ドルが2600ドルとなり、
アップルは150ドルから350ドルになった。
クラウドファンディングの
“マクアケ”も株価は3月末から約倍になっている。

これだけ株価が上層しているということは、これらの業界には
フォローの風が吹いているということ。
こういうものの見方をするとそれなりにこれから期待される
業界が見えてくる。

そしてアゲインストの風が吹いている中、敢えてフォローの
風をつかもうとしているのが米国テスラ社だ。
多くのの自動車製造会社が投資を削減、
製造を減産している最中、
テスラ社CEOのイーロン・マスクは、
「他社の多くが投資を削減しているが、当社は逆を行く」として、
年69万台の生産台数を来年には100万台を計画。
そのために生産ラインの拡充を計っている。
ご存知のとおり、テスラは電気自動車。知り合いでも4~5人ほどが
テスラの車を愛用している。その評判もいいようだ。

一方、アゲインストの風になったのが、5Gだ。
新型コロナウィルスの逆風にさらされ、
5G展開計画に遅れが生じている。
オリンピック、パラリンピックに向け、
5G環境を整えていく予定だったのだが・・・。
5G環境は単に通信速度が早くなるだけでなく
その環境を最大限活かせる体制、例えば、遠隔手術であれば
実際に手術をするさまざまなリモート機器やロボットが
完成していなければならない。
自動運転であれば自動運転をする環境や自動運転車が
あって初めて5G通信が活かされるのだ。
5Gが真に人々の生活やビジネスの中で活用される
のはもっと先になる。

アフターコロナに向け、どこにフォローの風が吹いているかを
見極め、フォローの風をつかんでほしい。
“Think Global Act Local”
“Think Long range, Act Tomorrow”
の発想でとにかく“風”を読もう!

IMG_7637

ビジネス界に吹いている風は…?

ページTOPへ
先取りビジネストレンド

06/29
2020

IMG_7854
NEW

コロナ禍3ヶ月が“ニューノーマル”を創る

日系MJの半年に1回のヒット商品番付は、
2020年上期にヒットした商品。
ということは、新型コロナウィルス拡散の影響を
大きく受けているのだ。
すなわち、“ニューノーマル”に必要な商品であり、
これからを予測できる商品でもあるだろう。
→“すでに起こっている未来“があちこちに!

まず、東の横綱は、「オンラインツール」。
“ビデオ会議システム”、“パソコン用カメラ”や
“液晶ディスプレー”等だ。
西の横綱は 任天堂の「あつまれ動物の森」。
発売12日間で世界で1177万本販売。
同社の「スイッチ」もよく売れた。
ヨドバシカメラでは人気のグレー色はなんと
抽選倍率が112倍だという。
ステイホームということもあり家で過ごす時間が
増えての購買につながったということ。

その他、ランキングにあがっている商品は、
・無観客ライブ
・おうちごはん 
(家で過ごす時間が増えたので、毎回の食事の
バリエーションを増やす目的と、子供と料理を楽しむお料理サイト)
・手渡しなし宅配
・湖池屋「プライドポテト」
 (食塩不使用が話題となり前年同期比で約3倍の売上)
・テイクアウト
・生鮮ネットスーパー
 (外出自粛で生鮮品もネット注文となった。オイシックスの
 会員数は前年比19%増)
・パナソニックのホームベーカリー
(販売台数は想定の2倍)
・アマビエ
・「恋はつづくよどこまでも」
 (新人看護師と医師の恋愛ドラマの再放送)
以上は日系MJからの紹介だ。

そして、動画関連だと、
嵐の手洗い動画は440万回
ピコ太郎の手洗い動画も注目された。
テレビ局がスタジオでの番組制作不可、
旅番組のロケが不可、ドラマも作れない状況のため
以前の番組の再放送も多かった。

だが、再放送だけではなく、YouTube動画を
紹介する番組が多くなったのが特徴だ。
すなわち、あるコンセプトを持って
YouTube動画を集めて番組としているのだ。
まさしく、YouTubeとテレビの融合というわけ。
YouTuberがテレビにも出演し、タレントとしても
活躍をし始めてきている。

この流れは今後も続き、やがてこの現象が“ニューノーマル”
となっていくのだろう。
ということは・・・、私もYouTuber!
私の“ビジ達7”が注目される時がくるんじゃないか・・・?

それはさておき、今回の日経MJはコロナ禍が反映されているので、
今までとは違う意味のあるヒット商品番付となった。
ここでは“すでに起こっている未来”がたくさん見えるといこと。
結果として“ニューノーマル”を予測するにはとてもいい材料が
あるということなのだ。


IMG_7854

日系MJの半年に1回のヒット商品番付!

ページTOPへ
ページTOPへ