これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

01/21
2019

key_PlatformBiz-01

プラットフォームBizデザイン

セブン&アイ・ホールディングスの
鈴木敏文氏といえば、新しいことに次々と
チャレンジするイメージがある。
(私にとっても、憧れの存在だった!)

というのも10数年前、企業情報誌の取材で
鈴木氏にお話を伺う機会があった。
当時は、まだセブンイレブンが約10,000軒だったと
記憶しているが…今では20,000軒超え!
今やどこへ行ってもセブンイレブンを目にするほどだ。
これぞまさに、社会インフラといえるだろう。

先日、ある雑誌で鈴木氏が登場し、
その当時の様々なチャレンジを語っていたのだ。
とにかく、多くの反対にあいながらも
自分を信じて様々な施策を実践してきた。
主力商品であるおにぎりや弁当、
寒い季節に食べたくなるおでんも
立ち上げには多大な苦労が伴ったという。
しかし、徐々に主力商品へと成長し、
多くの生活者の日常へと溶け込んでいったのだ!

2001年に設立されたセブン銀行
(当時のアイワイバンク銀行)も例外ではない。
設立時は反対されたものの、需要は拡大。
銀行が利用できない時間帯に多くの人が活用し、
社会インフラへと成長していった。

このプラットフォームを見事に活用しているのが、
先日ビジ達でご紹介したシェアリング
エコノミーサービス『シェアジョブ』。
なんと、作業終了約1時間後には
セブン銀行で報酬を受け取ることができるという。
つまり、セブン銀行と提携することで
ビジネスモデルの完成度をより高めているのだ。

このように、既存の社会インフラを活かし
自分のビジネスをデザインすることで、
お客様に選ばれるビジネスへと変化させていくということ。

これをビジ達流では
“プラットフォームBizデザイン”と呼んでいる。
すなわち、さまざまなプラットフォーム
ビジネスが次から次へと出てきて、
選ばれしものは社会インフラ化するわけだが、
その既存プラットフォームを活かして
“Bizデザイン”とするという考え方。

“商流”がどんどん変化する今、
すでに定着化しつつあるプラットフォームを
活かさない手はないだろう。
まさに、“プラットフォームBizデザイン”。
言い得て妙である!

key_PlatformBiz-01

次から次へと出てくるプラットフォームビジネス!

ページTOPへ