これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

05/07
2019

keymain

出雲流“0から1”の仕事道

「0から1までの距離は、1から1,000までの距離より遠い」。
この言葉、ユダヤの格言だという。
『掃除の会』の鍵山相談役が、
私の目の前で白い紙に書いてくださった言葉だ。
鍵山相談役ご自身の道を辿っても、
まさにその実践をしてきたと言えるだろう。

先日、株式会社ユーグレナの社長である
出雲充氏に月刊CD“Business Today”のための
インタビューをさせていただいた。
4年ほど前、インターFMのラジオ番組に
出演いただいた時は、豊富な栄養素を持つユーグレナを、
食品・栄養補助成分として普及させようと
関係者と奮闘していた記憶が…。

まだまだ知名度のないユーグレナを普及させるという
ビジネス展開は、「0から1」の実践をしていたといっていいだろう。
ところが今はさらに地球規模での新しい事業に取り組んでいる。

それは、ユーグレナを原料としたバイオマス燃料の開発!
そして、バイオマス燃料でのジェット機のフライトの実践なのだ。

現在は自治体を含む多くの企業と共同で
研究を進めていて、2020年には
このバイオマス ジェット燃料による
有償フライトを実現させるつもりだという!!
業界だけではなく、
地球規模の問題を解決する事業として熱い注目を浴びている。

出雲社長も、この事業はまさに“0から1”を生み出す
展開だと語っている。
だから何をやるにも、事例がまったくないために
とにかく大変だと…
でも、それがユーグレナのミッションである
「人と地球を健康にする」を実践することになるんだと
力強く語ってくれていた。
(まぁ~出雲社長は、どの話をしていても
一言一言力強く語ってくれるわけだが…)

もともとは、バングラディシュで
貧困からくる飢餓を目にしたことが出雲氏の出発点。
バイオマス燃料という巨大プロジェクトを
実現しようとするのも素晴らしいが、
とにかく“0から1”を生み出す人たちには、
そのプロセスの難しさだけでなく
アゲインストの風が多く吹くという。

考えてみれば、鍵山相談役にしろ、
「奇跡のリンゴ」の木村氏にしろ、
これまでになかったものを作り出す人はみな同じだ。
だから、“0から1”までの距離は、
1から1,000までの距離より遠い、というわけ。

keymain

出雲社長も“0から1”

ページTOPへ