これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

12/02
2019

keymain

パラダイムシフトだからの“Fine Keyword 7”

このところ新しい団体から講演会の依頼が来ている。
そこで改めてこの半年ほどの間に提案した
キーワードを整理してみた。

下記のキーワード7個は、“時代の変わり目”だからこその
提案であるので、ぜひ意識し、実線してもらいたい。

1. 商流革新
  “金・物・人・情“とも発信した。
  お金の流れ・物の流れ・人の流れ・情報の流れ全部が
  変化するこの時代にあってどうこの流れにのって
  流れをつかむかが大事。

2.Think Global. Act Local.
  Think Long range. Act Tomorrow
長年使っているキーワードだが、今こそ
マクロ視点で見ることが求められている。
  地球規模の視点を持ちながらもロングレンジによる
時系列でも見て優先順位をつけて行動ということ。

3.HowからWhat&Why へ
  50歳以上のオールドタイプの人達は“どのように”
という “How”を優先するが、ミレニアム世代では
目的と意義、すなわち“WhatとWhy”を優先する。
これからの時代を担うミレニアム世代への対応が求められる。

4.リーダーの”美意識”
  左脳的発想、すなわち理性的、論理的発想だけでは
これからの時代は渡っていけない。
経営にも「真・善・美」に表される「美意識」が
必要だ。

5.上下のリーダーシップから、前後のリーダーシップへ
  New leadership-ism とも言う。
  ミレニアム世代の人達がこれからの経済の主導権を握っている。
  従い、それより上の人達は若い人達のフォローをして若い人達に
  委ねることをしないとこれからのビジネスやプロジェクト
はうまくはいかない。

6.Japanese UP-CYCLE
(高付加価値経済化)
 RPA・AI・ICTを駆使する時代では、同じモノやサービスに
とどまっていてはダメ。新しくて独創的な
高付加価値のあるモノやサービスを発信すべき。

7. Connecting the dots
  これはステーブン・ジョビズから学んだキーワード。
すなわち人生の通過点で“点を打っていく”ことが、
後々活かされる。
すなわちチャレンジしてdotを打っていくことが大事。

これらのキーワードを実践すれば、間違いなく時代の
流れをつかむことができる。
この混沌としている時代にあって
流れをつかみ、流れにのっていかねばならない。

この7つを実践することが、
Grab the flow, Go with the flow
つまり、流れをつかみ、流れに乗るということなのだ!

keymain

これらキーワードを実践して、時流をつかもう

ページTOPへ