これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

05/11
2020

key

“地球市民主義”からの美意識の醸成

先日のビジ達モバイルにて、
「コロナ禍により“グローバル市民主義”へ」の
お話をさせてもらった。

中島流の「金・物・人・情」すなわち
4つの商流が地球規模となり,
グローバル経済化が進んだ現在、負の側面からの諸問題に対しても
当然、何らかの対策を進めなくてはならない。
それが“グローバル市民主義”であり、『地球市民化』の発想である。
地球上の75億人が『地球市民』となり
国家を超えて思考し行動していくべきだということ。

今、世界は、コロナ禍に対して、各国政府が
“多層的な封じ込め”をしている。
これは短期的には有効だが、コロナ禍も環境問題の一つと
捉えると、今後は国家を超えた連帯が求められてくる。

ご存知の“SDGs(持続可能な開発目標)”は
17の具体的な目標を掲げている。
ただこの発想はあくまでトップダウンの展開。
従い、人々が具体的な行動になかなか行き着けないないのが現状だ。

そこで、トップダウンではなく、ボトムアップ型の
国家の枠組みを超えた市民運動の展開を提唱したい。
すなわち、“地球市民意識の醸成”だ。

12才(日本でいうと小学校6年生)になると
“地球市民バッジ”が配布され、地球市民としての
自覚を促すというしくみ。
“地球市民”として、美意識、すなわち、「真」・「善」・「美」の価値観により
12才以上の人たちは国を超え考え行動していく。
もちろんその地球市民バッジは常に身につけておきたいと思うよう
カッコよくなければならないわけだが・・・。

まずは、世界の人口75億人のうち、60億人(12才以上)ほどに配る。
毎年、12才になる人たちに地球市民バッジを配布し、
もらったと同時に“地球市民”としての意識高揚をねらう。

“グローバル市民主義”とは、
人々は第一に「地球市民」すなわちGlobal Citizenとして所属し、
第二として「日本国民」すなわちCountry Peopleとして所属する
ことがキーポイント。

もちろんバッジの配布と共に、地球市民憲章を提唱し、地球・世界に対しての
権利・義務・責任等を思考・判断し、行動に移してもらうのだ。
“真”を追求すること・”倫理感”を追求すること・“美しい“を追求すること、
すなわち、「美意識」を意識して地球・世界に対して
責任ある行動をする“地球市民主義”だ。

新型コロナウィルスが地球規模で拡がった今、
この問題及び今後の同等の問題等の解決には
地球規模で連帯しての解決しかない。
(環境問題含め、今後はたくさんやって来るように思える)
この機こそ、人々が”地球市民意識”を持つとき。
世界中の人々に、「美意識を基軸」とした
ボトムアップ型の“地球市民意識”の醸成を提唱したい。



key

“グローバル市民主義”へ!

ページTOPへ