これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

07/06
2020

keymain

“すで起、未来”3.0へ

“すでに起こっている未来”が1.0から2,0を
飛ばして3.0に来たということを
“すで起(き)、未来”と短縮してみた。
以前ビジ達でも“昭和ビジネス”から平成を飛ばして、
“令和ビジネス”へ移行すると話した。
この移行は、本来であれば静かに移行するはずが、
コロナ禍により、一気に“令和ビジネス”へと
進んでいるのだ。

“ニューノーマル”すなわち“新常態”を意識せねばならないのが
令和ビジネスとなった。
そのニューノーマルがこのコロナ禍によりどんどん
顔を出し始めている。
まるで、パネルクイズのパネルがあちらこちらでめくれて
いるかのように。。。
(パネルクイズ・アタック25という番組をご存知だろうか?
クイズに答えると解答者が指定のパネルを1枚開けることが
できる番組だ)
このクイズ番組のように今、未来のパネルが1枚、1枚
めくれてきていて、未来の姿を垣間見れているというわけ。
これを“すで起、未来3.0”と名付けた。

少し事例を紹介する。

その1は、このコロナ禍も手伝って、EC構築支援の“ショッピファイ”が
注目されている。これはカナダの会社でD2C
(ダイレクト ツー コンシューマー)支援サイトだ。
すなわち、自社商品を自社の販路で直接に消費者に販売する
システム。
アマゾンはアマゾンのサイト内での商品販売だが、
こちらはECサイト構築支援の会社だ。
コロナ禍により、対面販売が出来なくなり、店を開けても
来店が見込まれない中、ECサイトを立ち上げて販路開拓を図っている。
アメリカでも注目され、脱アマゾンの先導者ではないかとも
言われている。

たとえば、“俺のフレンチ”の高級食パン部門はショッピファイ
で1日に300個販売する事業となった。
また愛知県岡崎市の老舗和菓子店“備前屋”はショッピファイで
売上は2倍に増えたという。

その2として、 ファッション業界では、レナウン、ローラアシュレイ、
百貨店ではJCペニー、ニーマン ・マーカスが 、
エンターテインメント界ではシルク・ドゥ・ソレイユが再建手続きをとっている 。


その3は、学校教育もオンラインにより、
マンツーマン的対応となりつつある。
先生は、TeacherからCoachになるという流れだ。

ほんの一部だが、これらが“すで起、未来”ということ。

コロナ禍によるトランスフォーメーションが起こっている。
それをロングレンジでみると、75年近く続いた昭和ビジネスパラダイムが
いよいよ終焉をむかえ、令和ビジネスへと移行をしている。
残念ながら平成は過渡期としての扱いだが、
本来なら15年から20年で移行するものが、
コロナ禍により加速し、私の考えでは10年以内で
移行し終えるのではないだろうか。

技術的革新、ビジネスモデル革新、働き方革新、ライフスタイル革新、
グローバル革新とどれもが一挙に進んでいる。
すなわち、経営者は今、自分達のビジネスを再構築し、
ニューノーマルに少しでも早く対応することだ。
“すで起、未来3.0”はもう起こっているのだから、
遅れると命取りになるわけだ。

keymain

ニューノーマルに少しでも早く対応すること

ページTOPへ