これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

08/31
2020

key1

ZARAも“チャネルシフト”へ

先日の新聞の見出し、“ZARAが1200店閉鎖へ”には
驚いた。
フォーエバー21、Jクルー、ニーマン・マーカス、
ブルックス・ブラザーズ。
そしてついにZARAが・・・と思ったのだが、
そうではなく、2021年までに全店舗の16%に
あたる1200店舗を閉鎖し、旗艦店で集客を
しながらECサイトを充実する戦略なのだ。

ということで、ECサイトにてアパレルを提供する写真撮影のための
巨大スタジオを作るという。
D2C(ダイレクト トゥ コンシューマー)という
ネット発新興アパレルがどんどん躍進し競争が
激化している中で、ECサイトでの展開を加速していくという。
(さすがにこれでも少し遅れた感があるかも)

例えば、イギリス発の新興アパレルboohooは
オンラインだけでグローバルに洋服を売っている。
ファッション性の高い新商品を高頻度で投入し
店舗を持たないことで低価格を実現しているという。

ZARAは世界のアパレル業界No.1の収益率をあげている超優良企業。
売り上げ高世界2位のH&Mも
そしてユニクロもネット販売を重視し始めている。
その中で、GAPはコロナ禍で店を閉め、
今は非常に厳しい状況にあるという。
(そのときからの賃料問題もかかえているという)

もともと百貨店をはじめアパレル小売の業界は,
ネット販売が遅れ気味だった。
そこにコロナ禍が起き、ますます厳しい状況となったのだ。
“チャネルシフト”が遅れていた業界なのだ。

今の若い人たちはスマホを中心に生活していて、
起きているかぎりスマホをいじっていると
言っても過言ではない。

スマホで情報を入手し。
スマホで選択し、
スマホで買い物をし、
スマホで買ったものを活かしている!?
そう、すべてのチャネルはスマホの中に!!
情報入手・選択・購入・活用、この4つのアクションのチャネルが
変化したことを“チャネルシフト3.0”と名付けた。
(これは後日詳しく語ることとする。)

今までと同じように店に商品を並べて、
「なんで売れないんだろう」と言っているところは
どんどん遅れていく。
ネットも活かし、きれいな写真と品揃え、
そして選び易さと価格設定。
これらも整っていないとこれからは選んではもらえないし、
買ってもらえない。
ターゲットの人たちがどういうチャネルでモノを買おうとしているのかを
とらえた上で、自分たちビジネスのチャネルをどうすべきかを
考えていかねばならないのだ。

今までは“売る側”の論理で売れてたのだが、これからのイニシアチブは
生活者側へ。すなわち、“買う側”のチャネルを意識して
ビジネスを組み立てないといけないわけ。
時間はそれほど残されていない!
即、動け!!

key1

ZARAが1200店閉鎖へ

key2

ユニクロもネット販売を重視し始めている

key3

H&Mもネットへ注力

ページTOPへ