これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

06/07
2021

key

世界戦略としての“新・Japanese Life Stage”[前倒しリーダーシップ論]

と、かっこいいタイトルをつけたわけだが、
“新”となっているのは、今までの日本のライフステージから
新しいライフステージに切り換えましょうという提案。
サブタイトルが[前倒しリーダーシップ論]。
(こちらの方がその主旨がわかると思うが・・・)

さて、日本の人口は、世界11位で、1億2650万人。
平均年齢は2020年のデータで48.4歳と先週のビジ達でも紹介した。
ちなみに世界の平均年齢は何と30.9歳で17.5歳も差がある。
この差はこれからどう影響が出てくるのだろうか・・・。

それは世界のデジタル化、オンライン化に
乗り遅れはしまいか?という懸念だ。
ビジネスでも、デジタル化、オンライン化が進み、
あらゆる管理はデータ化されつつある。
さらに、裏付けのあるデータを駆使したデータドリブンにより
マーケティングや商品開発、販売活動にも反映
していく時代となった。
すなわちデジタル化が活かされ、裏付けある戦略の時代に
入ったということ。
そして、IRやPRもYouTubeやSNSをうまく活用する
デジタル化、ネット時代になっている。
このようにあらゆる場面でDXはどんどん進んでいっているのだ。

実際のところ、このような加速するデジタル化は、
若くないとついていけないのが現実だ。
48.4歳の年齢でスピーディなDX化はできるのか?ということなのだ。
新しいアプリ、新しいシステムやサービスが出てきた時に
それを使いこなすことができるのか?ということ。
若い人は新しいスマホを使い、SNSを活用して
デジタル化に対応していく術をもっている。
若くないとついていけないのだ。

ということから中島流で“新・Japanese Life Stage”として
“前倒しリーダーシップ論”を展開した。
まずは、概念図を見てほしい。
20代→ビジネスを知り、経験し成長のとき、
そしてチャレンジのとき
30代→ビジネスを創り、試行錯誤のとき、
そしてリーダーシップを取り、ビジネスを成長させるとき
40代→リーダーシップを取りながらも人を育む、
そして会社を成長させ、人も成長させる
50代、60代→もうリーダーシップを取る時期ではなく、
人を育みフォローする、会社成長のためのフォローアップ
そして新たな存在理由を見つけるとき

中島流では、30代でビジネスを創りリーダーシップを
とっていかないと遅れるということなのだ。
すなわち、世界に通用する新しいビジネスを展開するには
30代、40代のリーダーシップが必要ということ。
(いや20代、30代かもしれないが・・・)

日本では、すでに70歳まで働かなければならない時代となったが、
50代60代の役割もしっかりあるので、
自らの居場所を見つけてほしい。
(私も含めてだが・・・)

世界に通用する日本企業を育てていくためにも、
10、20、30年後を見据え
企業のトップだけでなく部門のトップも
プロジェクトリーダーも含めて
30代、40代にリーダーシップをまかせようではないか!
早く新しい “Japanese Life Stage”へ移行しよう!
というのが中島流の“前倒しリーダーシップ論”というわけ。

key

早く新しい “Japanese Life Stage”へ移行しよう

ページTOPへ