これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

07/31
2017

ara (1)

“V&Tプレゼン”は会社経営の核となり得る

我が社で年2回(半年ごとに)実施している
“V&Tプレゼンテーション“。
開始から10年以上経つのだが、
今年の夏も新入社員からベテラン社員までの
心強い意思表明を聞くことができた。

“V&T”とは、Vision & Tomorrowのこと。
このプレゼンテーションでは
「自分のVision(目標)を掲げ、その実現に向けて
Tomorrow(明日)から具体的に何をしていくのか」を
社員一人ひとりが、全員の前で発表するというのが
中島流のメソッドだ。(時間は1人3分~5分くらい)

これを年2回社内で開催することにより
「PDCAサイクル」、
つまり計画→実行→評価→改善の流れを
半年ごとに確認できるということ。

社員一人ひとりが今の自分の立場でのVisionを
皆の前で掲げるのだが、
そこには、外に向けての目標だけでなく
リーダーシップのとり方など、
社内の組織づくりに関する目標も含まれる。

そして、そのプレゼンを聞いた上司やマネージャーが、
目標内容に合わせてマネジメントしていくことで、
さらに組織力の強化や求心力の向上につながり、
結果的に生産性も上がるのだ。

私も長い間、経営者という立場についているが…、
実は経営者の思いは
なかなか社員一人ひとりにまでは伝わらないもの。
さらには経営者仲間から
「それぞれの役割が明確になっていない」
「マネージャーの管理がうまくできない」
などの悩みを聞くことも多い。

だからこそ、会社には
事業推進及び組織活性化の核となるものが必要なのだ!
それにピッタリなのが、
この“V&Tプレゼンテーション”ってこと。
このプレゼンこそ、経営者が目指すベクトルを
全社員に共有することができる。

多くの会社が年1回取り組んでいる経営計画発表会。
それも悪くはないが、
社員自身に目指すべき到達点を考えさせて、
アクションを促すことや、
一人ひとりの責任とやりがいを醸成して
組織の強化を図ることの方が重要なのではないか。

そして目指すべき到達点に向け、
一人ひとりがVisionを持って
意欲的に奮起してもらうことこそ、
経営者が本当に実現したい会社の在り方だったりするのだ。

PDSAサイクルを確認しながら会社を活性化させ、
社員の成長を促す、
イキイキ・メキメキを実現する“V&Tプレゼンテーション”。
是非あなたの会社でも開催してみてはいかがだろうか。

ara (1)

今年も7月に開催されたV&Tプレゼンテーション

ara (2)

ゲストを呼んでプレゼンを聞いていただくことも

ara (3)

一人ひとりの責任とやりがいを醸成することが大事

ara (4)

「自分のVision(目標)を掲げ、その実現に向けてTomorrow(明日)から具体的に何をしていくのか」

ページTOPへ