これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

02/08
2021

ara1

今だからのPCR検査の意義

飯田橋駅から徒歩5分ほどの場所に
東亜産業が運営する「飯田橋PCR検査センター」がオープンした。

その日のうちにメールで検査結果を伝えられるということ、
税込み3000円で検査してくれるとのことで早速訪問してみた。

PCR検査をした背景は、定期的に開催している経営者会議
において、リアル参加者が半数ほどいること。
CDや動画収録は基本的にマスクをせずにしなければならないこと。
そこには、対談相手も関係するスタッフもいること。
関係する皆さんへ迷惑をかけたくはなく、
手頃な価格ということもあり検査してみた。

ここの検査は唾液を採取してその中に
新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)が
存在するかを検査する方式だった。
テレビでよく放映されている、鼻に長い綿棒らしきものをぐっと
差し込むタイプの検査とは違った。

予約せずに行き、受け付けにてスマホでQRコードを読み込み
その場にて予約を入れた。
すぐさま予約完了メールが届き、その番号を提示して
受け付けとなる。
そして、料金はカードで支払い、いくつかの活用キットを受け取った。
その後、唾液、すなわち献体採取となるのだ。

唾液は2cc採らねばならないという。
渡された試験管に2ccのラインが書いてあり、概ねそこまで
入れなければならないわけだ。
意外と2ccの唾液を採取するのはそんなに容易ではなかった。

思い通りに採取できずに、顔をあげると、
「これを見て唾液を出してください」と張り紙があり、
梅干し山盛りの写真が!
梅干しを見て、唾液分泌を誘引するのだ。
もう一枚の写真は、外国人の子どもがレモンを
食べたばかりの酸っぱそうな顔をしている写真。
それでも唾液はなかなか出せなかった。
私と一緒の時間に受け付けをした若者は、さっさと採取が
終わり帰っていった。
そして私たちよりも後から入った数人も、いつの間にか
いなくなっていた。
私自身は9時15分から受け付けをして、採取が終わったのが
9時35分なので20分かかっている。
ということは、唾液の採取だけで12~13分費やしたのだ。
(なんで、みんなはそんなに早い!?)

それはともかく、私は検査結果のメールがいつ来るのか
を気にかけていた。
案内には約3時間で結果報告と書いてあったのだが・・・、
私にメールが届いたのは18時14分。
すなわち8時間半以上経過してからだった。
(まぁ、その日のうちに結果が来ただけでもOK!)
結果としては、(SARS-CoV-2)は採取されず、
“低リスク”だとのこと。
(よかった。よかった・・・)

仕事柄、避けられない接触があるので、
自分がもしウィルス保有者だとしたら、それを人へ移したらいけない。
収録を滞らすこともできないし、
周囲の人達へ迷惑をかけてはいけない。
それを考えると、コロナ禍のうちは定期的に受けておく
ことも必要だと考えてのPCR検査だった。





ara1

「飯田橋PCR検査センター」がオープン

ara2

センター内はこんな感じ

ページTOPへ