これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

09/11
2017

_DSC0339

函館での繁盛の理由は、白でも黒でもなく…

“情報量とその質は旅費交通費に比例する”
というようなことを語っていた経営者仲間がいたが、
まさに今回の函館訪問では、現地に入ったからこその
リアルな情報が得られた。

まずは、函館で大人気と耳にしたハンバーガーショップ
“ラッキーピエロ”。
何と函館地区だけでも17店舗だという。
スゴ~~い!

そうなるとマクドナルドはあるのだろうかと思ってしまう。
ありました、ありました。
ありましたが、寂しげに静かにたたずんでいるだけ。

少し前にこのラッキーピエロ創業者の本を手にしたこともあり、
現場を見たいと思っていたわけだが、その人気は本物だった。
なぜ、この函館ではマックでなく、
ラッキーピエロがこんなに人気なのか!?
もちろん、創業者の王(おう)さんが、
30年かけてユニークな経営をしてきたことも
繁盛の理由なのだが、もう一つこの繁盛にはわけがあったのだ。
そのわけは…のちほど!

そして、次に注目したのは、函館の人なら
必ずや食べたことのあるというやきとり弁当の
“ハセガワストア”。
基本のお店スタイルはコンビニエンスストアだという。
私にしてみると初顔合わせのお店。
やっぱりこの地区だけで集中的に店舗展開をしていて、
14店舗もある。

この地の人たちに“本当に美味しいの!?”と聞くが、
みんなが異口同音に“美味しい”というのだ??

こりゃ食べなきゃ人には語れないということで
買うことになったのだが、あくまで移動の列車の中の
昼食用として。
その理由は函館を訪れて食べなきゃならないものが
たくさんあって、1日3食では食べきれないのだ。

さて、なぜ“やきとり弁当”のハセガワストアが
こんなに繁盛しているのか!?
“やきとり弁当”という名前だけでは、
少なくとも食欲はそそられないわけだし…
その理由は…これものちほど!

さて、3つ目に紹介する繁盛店は、函館ラーメンの“かもめ”。
先ほど触れたが、せっかく函館なのだからと思うと
あれもこれもとなってしまう。

そこで、ホテルの朝食をやめて“函館ラーメン”となったわけ。
果たして朝からラーメン屋さんは営業しているのか?
いろいろと情報を集めると人気の“ラーメン”がやっているという。

函館ラーメンと言えば、塩ラーメンだと言うが、
私は味噌ラーメンを注文。
うんうん、美味しい!
やっぱりラーメンは北海道が美味しいと思いながら、
左側の壁面を見ると…。

ここにもこの店が人気となる理由がしっかりとあった。
この函館における繁盛の理由は、今回紹介した3つの店に
共通しているものだったのだ。

もちろん、美味しいことは必要条件なわけだが、
繁盛の必要十分条件にはならないわけで…。

えっ! わかったから早くその理由を言えって!?
はいはい。

その共通の理由は、“GLAY”。
白でも黒でもなく、グレイだったのだ。
そう、函館出身のあのヴィジュアル系ロックバンドの“GLAY”。

メンバーが若い頃、これらの店に好んで通っていたことで
美味しい店としてファンに紹介していたということ。
だからいまだに多くのファンが全国からこれらの店を
訪ねて来て、行列をつくっているというのだ。

うんうん、やっぱり美味しいだけでなく、
ユニークさと話題性だよね。
このひと押しが繁盛店への最終ハードルということだ。

やっぱり、現地にいかなきゃ、わからないことはたくさんある。

_DSC0339

ラッキーピエロ

_DSC0459

ラーメンはやっぱり北海道

_DSC0462

朝ラー

_DSC0478

ハセガワストア

_DSC0869

ページTOPへ