これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

10/02
2017

_DSC2044

キャベツが木になっていたら、桶屋が儲かる!?

でっか~~いキャベツ。
半分にしても冷蔵庫に入らない。
四分の一にしても冷蔵庫に入らないかも…??
(このキャベツは「&里山生活」でこの9月発送分で送られて来たもの)

自然の力はスゴい。
こんな大きく重いキャベツを数ヵ月で創ってしまうのだから。
もしこんなキャベツが土の上でなく、
木になっていたら大変だろうなぁ~。
(頭の中には“キャベツの木”が…)

木には大きなキャベツが10個も20個もなり、
ある重さになったら当然木は耐えられなくて
キャベツを地上に落とす。

するとその震動は大きく、木の下を
ちょろちょろ走り回っていたネズミがその震動で
大きくジャンプし、地面に落ち気絶する。

それを近くで見ていたネコは、らくらくネズミを
捕まえることができ、それからネコは家で
ネズミを捕まえるのをやめ“キャベツの木”の近くで
ネズミを待つことになった。

その話を耳にしたネコたちは、家でネズミを捕まえるのをやめ
みんな“キャベツの木”の近くで居眠りしながらネズミを待つことになった。

それからネコが家にいなくなり、家の中はネズミが我が物顔で走り回り、
あれこれ桶をかじり回る。
すると桶の需要が増えて、桶屋が儲かるということに。

あれっ!?桶屋が儲かる!
どっかで聞いたことのある話。
そう「風が吹けば桶屋が儲かる」という江戸時代の
“東海道中膝栗毛”に出てくる話だ。
まぁ~話はどちらもちょっと強引だが、
大きなキャベツが木になっている姿を
想像するだけでも面白い。

いやいや、そんな結論ではなく…
私たちの社会でもあることが
どんどんその先に進んでいくと
思ってもみない現象に行き着くことはよくある話。

たとえば、ここまで“スマホ”が生活の中で大活躍してくると
「風が吹けば桶屋が儲かる」的連想をしてみると
どんな事象に及ぶ可能性があるのか…

AIがどんどん進化していくと、
人との関係は当然深くなり、
AIはどんな存在になっていくのだろうか。
人とのやり取りよりAIとのやり取りがラクだからと、
AIとのやり取りしかしなくなってしまうかもしれない。
(え~そんなことでいいのだろうか!?)

とにかく、ビジネス的にも人間の存在理由からも
スマホの可能性とAIとの関係性については、
ここらで一度シミュレーションしといた方がいいと思うのだが…

_DSC2031

この大きさ伝わるかなぁ~

_DSC2044

本当に大きいんだよ!

ページTOPへ