これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

10/23
2017

moba1 (1)

「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」

「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」
この言葉の中には、どんな思いが込められているのか。

1993年11月に第一回掃除に学ぶ会が開催されたという。
なんと24年も前のことで、
バブル経済が崩壊して間もない頃のことだ。

そんな頃、誰でもできる“掃除”に
どんな可能性を見出したというのか。
そして、35名の人たちが集まり徹底した掃除を
鍵山秀三郎氏に習ったという。

なぜ多くの人が掃除を学ぶことになったのか…不思議だ。
「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」
この言葉にこそ、その可能性であり答えがあるのかもしれない。

確かに何事も誰かが始めない限り
何も起こらないわけで…
鍵山相談役がよく口にする
「0から1への距離は、1から1000までの距離より遠い」ということだ。

とにかくやってみること。
そして諦めず続けてみること。
すると何かが少しずつ少しずつ変わってくるということ。
それにしてもこの「0から1」はかなりの
忍耐が必要に思えてならない。

一生懸命取り組んでみたら、
何か“人としての法則”のようなものに
行き着いたということなのだろう。

そして、徹底したトイレ掃除は
1、謙虚な人になれる
2、気づく人になれる
3、感動の心を育む
4、感謝の心が芽生える
5、心を磨く
ことになるのだという。
信じるか信じないかは、あなた次第。

ところで、なんで“ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる”が
今回のこのコラムのテーマになったんだっけ?!

そうそう、先日開催された“掃除に学ぶ会”全国大会での
鍵山相談役の挨拶を何度も聴いて原稿に落としていたからだった。

それにしても、鍵山相談役のひと言ひと言には
謙虚さの中にも重みと奥行きが感じられる。
ここにも鍵山相談役の徹底した生き方が現れている。

moba1 (1)

鍵山相談役

moba1 (1)

バケツの洗い方も並べ方もやり方がある

moba1 (2)

ページTOPへ