これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

02/19
2018

IMG_1771

100年時代の“無形の資産”づくり

“The 100-Year Life”
100年時代の人生戦略だって!
まさにそんな時代なのかも!?

この本によると…2050年には、
日本人の100歳以上の人口は「100万人」を突破するって言う。
(げげっ!)

すでに100歳以上の人は6万人以上もいるのだ。

2050年は32年後だが、確かにいま70歳を迎えた団塊の世代が
100歳を超えるタイミング。
もしかしたら私も90代の中頃となり、まだ生きている可能性も…
(ぜんぜん、想像できないが…??)

ここから30年以上も人生があると捉えると…

ほとんどの人は、金融機関や資産管理の関係者に侵されていて、
ついついお金であり有形の資産を貯めなきゃと
思ってしまうわけだが…。
私が本当に大切だと思う資産は、“無形の資産”。

この“無形の資産”があれば、もっと仕事もできるし、
人や社会に貢献することができるわけ。
すなわち、自分にとっても社会にとっても存在理由があるってこと。

もう一度くり返すが、“有形の資産”より“無形の資産”
のほうがその後の人生に意味をなしてくるのだ。
ふっふっふっ…この“無形の資産”について、知りたくなったでしょう。

例えば…
今後にも活かせる“スキルやノウハウ”があれば、
多くの人たちが欲しがるわけだし、
さまざまな分野の“人脈”があれば、人にも紹介できるし、
自分が何かするにも有利に展開できるわけだ。

そこに信頼度、すなわち“徳”があれば
もっと多くの人たちが動いてくれることに。
これらを活かせば、新しい仕事だって起こせるし、
必要なお金だって稼げ、充実感も得ることができるってこと。

おっと忘れてた。無形の資産の中でも
肉体的精神的な健康は必須条件。
これはとにかく大切。
さまざまなやる気であり、チャレンジ精神もこれがあってこそなのだ。
(詳しくは、来週の“ビジネスの達人”を見て欲しい)

ざっと書き出してみたが、“無形の資産”とはどのようなものか、
伝わっただろうか。
“有形の資産”もあることに越したことはないが、
“引退”というタイミングが特にないこれからの時代には、
そこに注力するより“無形の資産”に焦点を当てたい。

少なくとも還暦を迎えてから、30年を過ごすと考えると、
第2の人生がここから始まるように思えるのは私だけだろうか。
だから還暦がくる前から第2の人生ステージに向け、
無形の資産を貯蓄しようではないか…

あっ! こんなこと言っても
私はすでに第2のステージに入ってしまっていた!?
まだ間に合うと思いたい。

IMG_1771

100年時代の人生戦略だって!

ページTOPへ