これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/23
2018

mobamain(FB1)

「五縁」を掲げて440年

創業から何と440年。
という記念イベントにお邪魔してきたわけだが…
440年というと、まだ江戸の時代にも入る前ということ。

織田信長が“長篠の戦い”で勝利してから3年、
“本能寺の変”まで4年という頃。
歴史上では“安土桃山時代”と呼ばれる時代である。
(尾張のうつけ者が全盛の頃ってこと)

さすがにパレスホテルの会場に集まっていた人たちは、
経済人、文化人など名のある人たちがいっぱいだったような…。
ただ見渡した限り、創業当時からお付き合いあった人はいないように見えた。
(もしいらしたらとにかく驚くわけだが…)

私がこの“とみひろ” 440周年イベントで着目したのは、
シンボルマークにも使われている「丸五(円の中に“五”の字)」。
この日の23代目冨田伝兵衛(浩志)氏の話にも出てきたわけだが、
冨田家では代々受け継がれてきた言葉が「五縁」だという。

人の縁、地の縁、時の縁、そして育縁、殖縁の五つの縁。
人との出会い、その地域との縁も大切に。
そして、時との縁、すなわちタイミングも大切ということ。
残りの2つ、育縁と、殖縁。
すなわち縁は育んでこそ、殖してこそ、
相乗効果もあり活性化するということなのだろう。
(中島流解釈だが…)

今回の440周年のイベント、手間もお金もかかるわけだが
このように多くの人たちを招き発信することで
改めて“とみひろ”をしっかり知ってもらい、
懇意に思ってもらうことに意義が出てくる。
これが育縁であり殖縁ということだ。
この“五縁”を意識した冨田家のこれまでの経営が、
440周年という長きにつながっていることは間違いないだろう。
この“五縁”を会社として掲げるかどうかは別にして、
「縁」を大切にして「縁」を育て育む意識はIotでありAIの時代だとしても
私たちのこれからのビジネスに重要に思えてならない。

もしかしたら“丸五”は丸い五縁という意味もあり、
縁を包み込むことの意味もあったのかもしれない。
とにかくいいビジネス展開のためにも、
会社の継続のためにも“縁”をもっと大切にしよう。
さて、我社QBもまずは100年に向けて…あと64年。
果たして縁を意識した64年後は、
どんなビジネスをもたらせてくれるのだろう!?

mobamain(FB1)

とみひろのシンボルマーク

moba2(FB2)

創業から何と440年!

moba4

縁は育んでこそ、殖してこそ

moba3

経済人、文化人など名のある人たちがいっぱい

ページTOPへ