これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/06
2018

IMG_4987

日本一の「富士山」より「世界一の高尾山」

「1位と2位では大きく違う。日本で1番高い山は富士山。
では、2番目に高い山は?
ほら~、殆どの人が知らない。だから1番を目指さないと...」

このくだり、セミナーやイベントの挨拶で何度聴いたことだろう。
私が1番身近に感じ、何度もお世話になっている
標高599メートルの高尾山が、年間の登山者数世界一だという。
そして、観光地としてミシュランの三ツ星も獲得している。
(え?スゴ~い!)

日本一の富士山は知っていても
「世界一の高尾山」を知らない人がなんと多いことか!

この話、先日のJALの機内誌を見てやっと記憶が蘇ったのだ。
そういえば、高尾山を調べていて何度か
"世界一の登山者数"の文字を見た記憶が...

なんと年間300万人のもの登山客がいるという。
富士山の約10倍の登山者数である。
私も多いシーズンには10回以上登ったことがあるわけで、
300万分の10の役割を担ったということ。
(たいしたことないか!?)

いやいや、そんな話をしたいわけじゃなく...
先日も高尾山の登山道で出会った玉虫を紹介したが、
都心から1時間で四季折々の自然と出会え、
いくつもの登山道コースが用意されていることもあり、
コースごとの味わいも得られるということ。

新宿から京王線に乗って高尾ヤマグチ(山口)を目指すわけだが、
いつも山頂で食べるおにぎりを何故か
「おだむすび」(小田急グループ経営)で仕入れて向かう。
このおにぎりが格別に美味しい。
腹を満たすだけのコンビニおにぎりと違い、
山頂で食べるときには顔を伝う塩分と相まって
絶品の味を演出してくれるのだ。

ちなみに、シャツの用意が2枚以上
ということは分かっていると思うが、山頂で着替えてはいけない。
下山でもかなりの汗をかくことになるので、
下山してからの着替えをおすすめする。

とにかく! 東京都心から1時間で、
おにぎり代と電車賃だけで半日いや1日、
いい汗をかきながら自然を満喫できるわけだから
素晴らしい観光スポットだということ。

「世界一の高尾山」になるまでには、
このような条件も揃っていることも確かだが、
実際のところ関係者のひとかたならぬ努力が必ずやあったはず。
富士山の3776メートルは努力で増やすことはできないが、
高尾山の登山者数は努力次第でもっと増やすことができる。

そう、私たちの日々のビジネスでも一緒。
もちろん努力でどうにもならないことも多々あるが、
チャレンジ精神とアイデア次第で
いい結果を導くことは十分できる。
すなわち、日本一の富士山を目指すより、
「世界一の高尾山」を目指して欲しいということ。

ところで、世界で2番目の登山者数のマウンテンは?
多分、殆どの人が知らないだろう。

IMG_4987

「世界一の高尾山」

IMG_5001

さまざまな楽しみがある

IMG_5374

JALの機内誌を見てやっと記憶が蘇った

IMG_4999

私も先日登ってきた

ページTOPへ