これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

02/04
2019

mobilemain

5Gって、スゴ!

そう、平野ノラが肩に掛けてる電話器の頃。
そう言えば1990年頃青年会議所の仲間が
重そうに肩から受話器を掛けていた記憶が…
重量3キロだって!

あれが1G。
じゃ、通信の始まりにピーヒャラララララ〜と鳴ってから
稼動し始めたのは2G⁈
ネット通信やメールの接続が可能になった2Gは
1993年からだというからもう四半世紀前。
モバイル端末専用サイトが流行したという。

そして3Gは、国ごと地域ごとにバラバラだった通信方式を
国際規格化した時だ。
通話品質も向上、データ通信の高速化が進み、
動画やPCサイトの閲覧がストレスなくできるようになったという。
(いや、ストレスはあったと思うが…)

そして今の4Gとなり、
もっと大容量で高速化になって行くわけだ。
サブスプリクションサービスや
動画閲覧サービスもどんどん出てくることに。
例のAmazonやGoogleが台頭してくるわけだが…
本当に社会システムでありビジネスも
それらにより大きく変わろうとしているのだ。

そしてそして、5G到来となるわけだ。
本格化は2020年と言われているが、何がどう変わるのか?

「5Gといっても、結局通信速度が速くなるだけでしょ⁈」
という人もいるわけだが、
この5Gによって様々な改革が起きると言っていいだろう。

(さてと…)
1平方キロメートルあたり100万以上の同時接続が可能となるわけで、
テレビ、照明などの家電製品はスマホから全て操作が可能に。
すなわち、本格的Iot化が前進するわけだ。
数万人集まるスポーツ観戦の場にいても、遅延が発生することはない。
えっ「なんだその程度かぁ」って?

(はっはっはっはっ…)
4K/8Kの映像でも2秒かからずダウンロードできるというし、
スムーズな通信会議がどこにいてもできるから、
リモートワークがもっともっと進み、
田舎に住みながら都心の企業で働くことができるのだ。
遠方の取引先へのプレゼンや商談も毎回現地に行かなくともできてしまう。

(もっともっと…)
5Gにより自動運転システムや高度な映像・音声通信技術が進めば、
機材の無人・遠隔操作が可能となり、
教育や医療にも様々な角度で活用できるという。
すなわち少子高齢化や労働力不足にも対応できるようになる。
“ロボトラ”的対応により農業従事者不足にも対応できるし…

(ほらほら、少しはわかってくれた⁈)
5Gにより様々な業界で様々なビジネスが革新されるということ。
5Gを“通信速度が速くなるだけでしょう”なんてのんきなことを言っていては
取り残されること間違いなし。

この大きなビジネス革新であり、ビジネスチャンスに
どう関わるかはあなた次第なのだ。

私はまずは、動画2.0を意識して“ドローン動画”から…

mobilemain

まずは“ドローン動画”から

mobile02

使いこなしていきたい!

ページTOPへ