これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/05
2019

moba1

えっ、私が“脳梗塞治療”!?

えっ、10日間の入院!?
先生、1週間くらいではダメですか!?
「ダメです」

先生とのこんなやり取りの末、きっちり10日間の入院を覚悟。
そして、約2カ月先のすでに入っていたセミナーや収録予定をずらし、
10日間の入院予定を入れたのだ。

「すみません、急遽入院しなくてはならず…」
関係者の方々は急な投げかけにも、この“入院”の2文字が効き
あっさり変更に応じてくれる。
その日の午前中の病院で決断し、
その日のうちには10日間の入院日程を確保できたのだ。

まぁ、60代も半ばになってからの
“入院”の2文字はインパクトがあるようだ。

いや、今回の話はそこではなく、
10日間の入院を覚悟させてくれた先生の話。

病院に着くと早速、頭を固定され脳のMRI検査。
そしてこの道の権威、金澤先生が直々にそのMRI画像を観ながら診断。
「うんうん、この辺は綺麗で問題ねぇがぁねえ~。
このあだり(辺り)のすろい(白い)箇所が気にかかるかなあ~。
あ?そうねぇ、血管を観てもこのあだり(辺り)が少し繋がりの薄い部分が…」

ということであっさり「脳梗塞未病治療」10日間の結論。
(えっ、10日間の入院!?)

人体の血管の長さはおよそ10万キロ。
なんと地球を2周半する長さ。
血液は血管の中を時速216キロというものすごいスピードで
心臓から送り出されるという。

その圧力が血管にもろにかかってくるわけで、
60余年も経てばそりゃ血管の侵食、劣化も起こって当たり前。
そして、血管が詰まり(狭窄)、その先に血液が運ばれなくなると、
脳梗塞となるわけだ。

予兆としての症状から「未病状態」見つけ出し、
脳梗塞を未然に防ぐことはできるという。
もちろん詰まってしまった血管が戻ることはないが、
この点滴療法により、血管の脳全体の血流を良くし、
機能回復を導くことはできるというのだ。

さすがこの道の権威、金澤武道(たけみち)先生。
50年間に渡る臨床経験と6,000症例以上の実績からの
金澤流の「未病治療法」ということ。

海外での医療実績もある先生なのだが、
なぜか青森出身が伺われる津軽弁での診断トーク。
この訛りある優しい喋りが、
その経験と実績をより裏付けてくれたのだ。

これぞプロフェッショナル、
まさに“ビジネスの達人”である。
やっぱり、この領域をベンチマークとしなければ…

moba1

えっ、私が脳梗塞!?

moba2

気をつけねば…!

ページTOPへ