これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

11/25
2019

mobamain

どっちが、ビリケンさん!?

ツバキを飛ばしながら関西弁でまくし立てる
“ビリケンさん”こと家田裕光氏。

ほ〜、この人がビリケンさんのモデル!?
と言いたくなるわけだが…
(あくまで私の経営者仲間なのだ)

この人の投げ出した足の裏を撫でてもご利益はないわけだ。

これまで何度も大阪を訪れてはいるが
“ビリケンさん”に注目したのは今回が初めて。

大阪の街を歩いていると、足を投げ出したビリケンさんに
たびたびで出会うのだ。
家田氏によると幸運の神様で、
足の裏を撫でるとご利益があるという。

そこで、記憶ある彫刻家を頭に浮かべてみたが…
高村光太郎でもないし、岡本太郎の作風でもないし。

実はこの“ビリケンさん”の生まれは予想だにしないアメリカ。
そして「BILLIKEN」はなんと100年以上前に
アメリカ人の女性芸術家によって制作された。

「夢の中で見た神様」をモデルとし制作されたというが、
あの愛嬌のある顔はどう見てもアジア人の顔。
(その作家はアジアへの憧れがあったともいう)
とはいえ「幸福の神様」として世界に発信されたのは
間違いないようだ。

1912年に通天閣の遊園地にビリケン像が造られたというから
なんと明治時代の終わりの頃。
そんなに長い間、関西の人たちにとって
身近な福の神として愛されて来たのだ。

ところで“ビリケンさん”にたびたび間違えられるという
まさに関西人気質の家田氏だが、
彼も大阪では名を残しているという。

あのバースの活躍で21年ぶりに阪神が優勝した1985年、
あの戎橋から道頓堀川に最初にダイブしたのが彼だという。
(まぁそれほど自慢できる話ではないが…)

あれから34年、そんな向こう見ずなことはできない年頃となった
家田氏だが、今や経営者としてアジアを駆け巡っている。
ビリケンさんほどでないにしろ、東京、タイのバンコク、
そして地元大阪とアグレッシブに活躍しているのだ。

もしかしたらいつの日か、大阪の福の神として
足の裏を触られるときがやって来るのかもしれない。

家田裕光社長の、これからの活躍次第ってこと!?

mobamain

どっちがビリケンさん!?

moba2

大阪といえばビリケンさん

ページTOPへ