これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/06
2020

mobamain

「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」ということ

「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」
私の思いを込めた言葉です。

大切なことは、一歩を踏み出す勇気。
一歩を踏み出さなければ、前に進むことができません。
具体的には、足元のゴミを拾う実践から始めることです。

ゴミを拾う人は、不思議とゴミを捨てないものです。
足元のゴミひとつ拾えぬほどの人間に何ができましょうか。

↓ ↓ ↓
これは2020年元旦の“鍵山秀三郎一日一話”。

毎年元旦には、この一日一話を目にし
繰り返し読むわけだが…

「ひとつだけきれいになる」
確かにひとつ拾えば、ひとつだけきれいになるわけだが、
同時に、何が変わるというのだろう。

“一歩を踏み出す勇気”とは!?
ゴミをひとつ拾うだけで自分の中の何が
それまでとは違うというのだ。

人として気付ける人になるのだろうか。
決断でき実行できる人になるのだろうか。

さて、2020年夏、東京五輪が開催されるわけだが、
残念ながらまだまだ日本が、東京がきれいだとは思えない。

毎朝のように街中のゴミ拾いをしているのに
次の日には同じくらいのタバコの吸殻が拾えるだ。

新宿の歌舞伎町だけでなく、東京のどの街でも
一晩の夜を過ごすだけでゴミはたくさん捨てられている。

東京で過ごす半分の人でいいから
夏までにひとつゴミを拾うだけで、
東京はすごくきれいな街になるんだろうなぁ~。

鍵山相談役の言う通りなら…

もしかしたら、東京の街がきれいになるだけでなく
もっと何かが変わるかもしれない。

日本が抱える少子高齢化の問題も…
停滞する経済であり生産性の問題も…
格差社会の問題や環境問題も…

だれかに頼らなくても
日本のみんながゴミをひとつ拾うだけで…

mobamain

みんながちょっとだけ、意識をすれば…

moba2

“鍵山秀三郎一日一話”

ページTOPへ