これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/20
2020

mobamain

一目瞭然!“先進グローブマップ”

日本はお陰様でいいところにいるねぇ~。
“一目瞭然”とはこういうことなのか。
うんうん、このマップは素晴らしい!

世界の国々を比較するには最高のマップであり、
本来の地球儀マップ以上の価値を感ずるのだ。

日本は寿命が一番に長く、所得レベルも高い方。
そして、ヨーロッパの国々は所得も高いし、
長生きもしているってことがよ~く分かる。

アジアの人口の多さも分かるし、
中国とインドは群を抜いて人口が多いねぇ~。
そして所得もまあまあというところ。

アフリカの国々は所得も低い国が多いし、
寿命も60~70歳てとこ。
このマップをじっと眺めていると
経済状況と健康とに因果関係があることがよ~く分かってくる。

このところ試行錯誤して中島流のオリジナルチャート
「超マクロ思考マトリクス」を仕上げたこともあり、
このように新しい価値を感ずる創造物には
創った人達の思いも伝わってくる。
(→「超マクロ思考マトリクス」は今週の“ビジ達“で見てね)

さて、この世界チャートはどこで出会ったのか!?

今話題の書籍「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」の見返しにあったのだ。
書店で手に取り表紙をめくったところ、
私の視線はこのマップに釘付けとなった。

このマップの魅力だけでも買う価値があったということ。

もちろん書籍自体も、50万部突破の2019年ベストセラー第一位。
私たちが往々にして勘違いをしていることを示唆してくれ、
“データを基に世界を正しく見ること”を教えてくれている。

とにかく、新宿の紀伊国屋書店でいい出会いをいただいたわけ。
さて、このマップというかチャートのネーミングだが…

→世界各国の2017年の平均所得と平均寿命を表している
「世界保健チャート」と脇の方書かれていたのだ。
それにつけても「世界保健チャート」ではその価値は伝わらない。
(訳し方の問題かもしれないが…)

ということで、その価値も含め中島流にネーミングすると
「一目瞭然!“先進グローブマップ”」となる。

何につけても“ネーミング”が大切な要素であることは間違いない。

mobamain

ファクトフルネスマップ

ページTOPへ