これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/20
2020

mobamain

コロナ渦に勝つ!マインドフルネス

「息を吸いながら4歩。
息を吐きながら4歩。
これを意識して歩くんです」

普段の駅までの道の途上とか、散歩の時とかで
意識してみるだけでもいいのだという。
これは臨済宗の住職で、精神科・診療内科医の先生でもある
川野泰周先生の話。
(とにかく、説得力があるんだよねぇ)

「それとも足の裏の感覚に注意を払うという方法なら、
①右足が上がって、②かかとで着く。
③つま先で蹴り、④平行移動して着地
この4つに分解して注力してみるという方法も」

いや、都心のコンクリートの隙間から黄色い花を咲かせる
タンポポに注意を払って観察してみるだけでもいいという。

川野先生は「マインドフルネス」の本も何冊も出されていて、
この未曾有のコロナ渦においては、
いいアドバイスをしてくれるだろうと期待して
林香寺を訪ねた次第。

今、私たちを取り巻く環境はというと…
テレビのスイッチを押しただけで
コロナウィルスに関する報道がどんどん流れ出て来る。
チャンネルを変えても登場人物が違うだけでその中身は一緒。

ということから私たちは…
自分のコロナウィルスへのこれまでの対処の仕方は!?
感染してないだろうか!?
今後はどうなっていくんだろうか!?
日本の経済は!?世界はどうなっていくんだろう!?

と、いつのまにか無意識に考えたり、感じたりを繰り返してしまう。
そんな思考や感情が「自動操縦状態」に陥り、
起こりもしない未来に不安を感じたり、
過去の出来事を思い出して後悔したりと。

このような悪循環を断ち切るための方法が
冒頭の「マインドフルネス」な状態にもっていくという方法。
そしてこれらの繰り返しが「心幹」をも鍛えられるという。

川野先生は「デフォルト・モード・ネットワーク」と呼ばれる
脳内ネットワークが常に機能して神経細胞を消費している…
???
この話はよく分からなかったが、
とにかく、悪循環を断ち切るための脳の神経細胞を
休める展開は必要ということ。

ということは、こんな時勢でも通りすがりの美しい女性に
ついつい目がいくと、思わずあれこれ妖しい想像を
してしまうのも、マインドフルな状態なのかもしれない
((o(^▽^)o))

mobamain

川野泰周先生と!

moba2

不安に打ち勝とう

ページTOPへ